時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

教員に国歌斉唱の強制は違憲だと?

 2006年9月21日、東京地裁で呆れる判決が出た。そこで、今回と次回でこの問題を扱うことにした。

 
 

難破難波裁判で日本丸が沈没する

 

 他のブログでも、この裁判長は忘れないぞと何度も名前を出している人がいたが。私も書いておきたい。一年ほど前に大阪高裁で靖国参拝は違憲という香ばしい判決を出した大ダニ政治という名前(だったかな?)の裁判長に続き、こんどは電波香一・・・あ、言い間違えた、(^^ゞ 難波孝一裁判長が非常識な判決を出している。

 強制はいけないなどと寝惚けたことを言ってきたから、卒業式が成立せずに広島で校長が自殺する結果まで招いたんでしょう。それでわざわざ国歌・国旗に関する法律ができたんでしょう。左翼教員のためだけに教育があるんじゃないの! 一般国民が次世代の健全な育成を願って教育に税金をつぎ込んでいるの! 国を軽視するというか反抗心さえ植え付けるような起立拒否・国歌斉唱拒否という象徴的行為を率先して学生に見せておいて、それがどうして教員と言えようか。教員は、国旗国歌という象徴物に反対するよりも、肝心の国の中身をよくすべきと教えていけばいいのである。

 実際、戦後教育がバラバラ家族をはじめ、孤立した人間関係や、まとまりなき国民を作り上げてきた。まとまっていったい何をするのかが最終的に問題なのだが、軍国教育のトラウマから、そもそもまとまりを作る根源力を否定することになったのが戦後教育なのである。国歌斉唱は、日本人としてのまとまりを意味する象徴的行為である。国旗・国歌を拒否しようというのは、日本という国のまとまりを拒否しようとする象徴的行為とも見なされる。拒否している本人たちはそう思ってはいないのだろうが、はたから見れば、「こんな教育をされていたら、若い世代が日本をまとめていこうとする気持ちを持てない。」と思うばかりである。

 べつに軍歌を強制しているわけではない。日の丸に対して軍国主義の匂いを感じるということ自体が、すでにトラウマなのである。まあ、幼児期に親からたっぷりと戦争中の不幸話を刷り込まれてきたのだろうから仕方がないのかもしれないが、なかにはGHQと戦後左翼思想のマインドコントロールから脱け出せない教員もいるのだろう。可哀相なことだ。むしろ教員をやめてひとりでゆっくり頭を冷やしたほうがいい。

 

 《『日の丸・君が代』被処分者のいま 私だけが座っていた(東京新聞 2006年9月19日)》が、判決前から少々デムパを発信していた。この記事は、2004年3月、東京都日野市の都立七生養護学校の卒業式の国歌斉唱のときに、百人を超える教員が一斉に立つ中で、教員としてはただひとり立たなかった河原井純子教諭(56)=現・八王子東養護学校=のレポート。

 「起立」派の同僚には「かつて私たちを冷たい目で見た人たちも皆、立ったじゃない」と言われた。その「皆」たちは「国旗国歌には反対だけど家のローンがある」「退職金をふいにできない」とこぼした。

 まあ、金のために信念を曲げるんだから、他人のことをとやかく言えるものではないな。左翼といっても甘ったれ左翼がほとんどだということだ。そもそも文部省や教育委員会などが勝手な教員を甘やかしてきたからこんなことになった。戦後日本は、君が代と日の丸のもとで再出発を果たしたということになっているんだから、その再出発の方向性が正しければ日の丸と君が代を問題視する必要はない。公務員としての教員は、自分達が“親方日の丸”で生きているんだということを忘れて貰っては困る。

 そして、処分を受け続けてきた町田市立鶴川二中の根津公子教諭(55)に関しては、停職期間中に校門前にメッセージを記したプラカードを手に日替わりで訪れていた様子をみて、

「給料もったいないから立っちゃいなよ」「君が代歌っても戦争になるわけじゃないでしょ」 登下校する生徒が声を掛けていく。

 あはは。生徒のほうがまともだ。思いやりもある。君が代を歌わせる人間は冷酷無比な人間だというような強い思い込みで反応する訂正不能な冷たい思想家たちとは違う。(嗤)

 笑ってしまうのが最後のデスクメモ。

旗を振ってお題目を並べるのはヤボだが、旗ならぬ権力を振り回すのはもっとヤボ。それに迎合しちまって、長いモノに巻かれるやからは下品でいけねえ。江戸庶民の伝統は「意気地」と「心意気」。それが粋ってもんだ。「心の東京革命」? 革命たあ恐れ入った。こちとら根っからの「保守派」なもんで。(牧)

 てやんでえ~、江戸庶民の伝統は「意気地」と「心意気」で、それが粋ってえ~もんかもいれねえ~が、処分されたってやせ我慢 するのが江戸っ子ってえ~もんよ。( ̄^ ̄) それを不当だと“お上”に訴えるほうがよっぽど野暮ってえ~もんさ。それに、卒業式で国家も歌わずに黙っているのが保守派なんて、おめえ頭がどうかしちまったんじゃねえか? お祭んときゃあ“はっぴ”を着て我先に神輿を担ぎにしゃしゃり出るのが江戸っ子よお!

 

 《国旗国歌の強制 違憲判決の重みをかみしめよ(愛媛新聞社説 2006年8月23日)》は結構つよいデムパを発信している。

 国際的なスポーツ大会では国旗掲揚や国歌斉唱がつきものだ。日本の選手やチームが勝利した後に日の丸が掲揚されたり、君が代が演奏されたら、誰もが感激を覚えるはずだ。  しかし、それは自然にこみ上げる感情だから尊いのであり、強制されたのでは興ざめだ。ましてや心豊かな子どもたちを育てる教育現場にあって、教師に強制するのはなじまない。

 「心豊かな子どもたちに強制するな」ならまだわかるが、自分の間違った感情だけで判断をして行動を決定するような教員では困るんだが。。。自分の中の日の丸に対する嫌悪感を克服して、子供達の心の中に平和な国の象徴としての日の丸イメージを作り上げるのが教師の役目だろうに。

 一九九九年八月に国旗国歌法が成立、施行されたのを受け、都教委は二〇〇三年十月に通達を出した。卒業式や入学式などで日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう義務づけ、通達に基づく校長の職務命令に教職員が従わない場合は責任を問われるとした。
 その結果、都教委職員が各学校の式典に出向き、教員の誰が起立しなかったか、歌を歌わなかったかを調査するという異常事態になった。従わなかった教員は処分した。

 調査するのが異常事態ではなくて、起立しないのが異常事態だ。国旗国歌法が成立する以前に異常事態が起こっているのであり、それを異常事態として明確にするようになっただけの話である。まあ、愛媛新聞は教員の自分勝手が正常事態だと思っているようだから、話にならないが。

 県内の学校では以前から日の丸掲揚や君が代斉唱が定着しているため、職務命令などによる指導は行われていない。一方、共同通信の調べでは東京以外にも滋賀、広島、鳥取、福岡の各県が君が代斉唱などの職務命令を出して徹底を図っている。

 公立で扶桑社の教科書を採択したところは東京都の教育委員会と愛媛県の教育委員会だけである。愛媛県の教育委員会が正常だからスムーズに卒業式が執り行われているのである。ここに、正常な愛媛県教育委員会と、盛んに反日勢力の煽動をしている愛媛新聞という基本構図が見えてくる。

 こんな軍隊のような上位下達が教育現場にふさわしいわけはない。通達以降、校長は都教委の方針を伝えるだけのロボットみたいな存在になったという。教員は式典のたびに踏み絵を踏まされる心境だろう。

 はいはい、上意下達だとすべからく軍国主義ですか。ちなみに愛媛新聞は漢字が間違っているからね。そもそも集団にはそれなりの規律があるんでね。規律がなければ組織として目的が遂行できないだろう。だから、規律違反者は最悪で追放である。そのまえに集団の目的に賛同できない者は自主的に脱退するのが普通だ。日の丸や君が代という象徴物に敬意を払えないというのは、国家を軽視する態度を意味する。そういう人に教員であってほしくはない。

 
 
 

都知事と国のまともな反応

 
小泉首相「法律以前の問題だ」(2006年9月21日21時56分 スポーツ報知)》
 小泉純一郎首相は21日夜、教職員が国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務はないとした東京地裁判決について「判決は聞いてないが、人間として国旗や国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題だ」と述べた。
 
 国歌斉唱などを強制することについても「法律以前に人格や人柄、礼儀の問題だ」と強調した。
 
 国歌斉唱しないことなどを理由とした教職員の処分については「これは裁判をやっている。裁判でよく判断してほしい」と述べた。

 これがまともな大人の意見だ。非常識な教員がいるから強制になり、それにも従わないから処分になる。そもそもこういう人が教員をやっていること自体が問題ではないのか。

 
石原都知事が控訴方針…国旗・国歌通達の違憲判断(2006年9月22日20時50分 読売新聞)》
 入学式や卒業式で教職員に国旗に向かって起立し、国歌斉唱するよう義務づけた東京都教育委員会の通達を違憲とした21日の東京地裁判決について、石原慎太郎都知事は22日の記者会見で「控訴しますよ。方針は変わらない」と述べ、控訴審で都側の主張を訴えていくことを明言した。
 
 石原知事は「式典で国旗・国歌に敬意を払う行為は(学校に)規律を取り戻すための統一行動の一つ。裁判官は実態を見ていない」と反論。通達は文部科学省の学習指導要領などに基づく適法なものだとして、「義務を怠った教師が懲戒処分を受けるのは当たり前」と述べ、正当性を強調した。
 
 一方、小坂文科相は、この日の閣議後会見で「これまでの判決と照らして予想外で、都教委の主張が認められなかったことは驚き」と話し、都の対応を見守る考えを示した。
 
         ◇
 
 都教委は22日、この問題で緊急の都立学校校長会を開き、従来の方針に変更がないことなどを伝えた。副校長などの代理を認めず、島部などの学校を除き251人の校長が出席した。
 
 出席者からは「今後どのようにして裁判を争うのか」「職務命令はどのように考えたらよいのか」といった質問が出され、都教委側は「態勢を強化して臨む」「判決で行政行為が阻まれるわけではない」などと回答。今後も、通達に従って対応するよう求めた。
 
 校長の1人は会合後、「職員に理解してもらうのは難しい面がある。矢面に立つのは私たちだ」と厳しい表情で話していた。

 裁判所がデムパを流して左翼教員に口実を与えてしまった。非常識な裁判所が校長を苦しめているのだということを理解して貰わなければなるまい。もっとも、電波裁判長は自分の判決がどういう結果をもたらすのか理解していないのだろうが。

 ところで、右寄りのネット上ではときどき批判される杉浦法相だが、今回は珍しく(?)まともなことを言っている。

 
「血塗られても英国は変えぬ」 国旗めぐり法相発言(朝日新聞 2006年09月22日13時02分)》
 東京地裁判決を受け、杉浦法相は22日の閣議後の記者会見で、「個人的な一議員としての感想」と強調した上で、英国旗「ユニオンジャック」を例に引き、「『血塗られたユニオンジャック』という表現があるくらいだが、それでも英国民は国旗として変えない。そこを思い起こしてほしい」と話した。判決は、国旗掲揚・国歌斉唱は有意義としながらも、日の丸、君が代が軍国主義思想の精神的支柱だったことに触れ、起立・斉唱拒否に理解を示した。
 
 杉浦法相は「一部報道では、日の丸・君が代が軍国主義を連想させると言うが、戦争に至った経緯とは関係がない」と話した。

 そう、この判決で最も異常なところは、日の丸・君が代に対するあまりにも偏向した観念を、教育上ひとつの正当な思想であるかのように扱ったことである。日の丸には暗い歴史的経緯があるというのならば、そもそも「教師」というものは戦前には軍国主義教育、彼らがきっと喜びそうな言い回しをすると殺人者養成教育を行なったのだから、日の丸・君が代に反対する教員は、そのような血塗られた学校および教師という存在そのものに自分がなっていることを忌避すべきなのである。昔のことを言い出したら、傷のないものなどこの世に存在しない。

 
 
 

このテーマは次回に続く。

 

〔参考記事〕主要新聞の引用が豊富
国旗・国歌、混乱させてるのは教師の方です(ぼやきくっくりFC2版)

 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
↓本をご購入の際はこちら

 
スポンサーサイト
【2006/09/24 23:22】 教育 | トラックバック(5) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

血塗られた国旗

君が代、日の丸の話が続いたので。ちらっと書いときまス。へ(゜∇、°)へ ケケケケちょと壊れかけてるので。そこら辺は差っぴいて読んでくだしぇ。(`Д´≡`Д´)??だって・・・息抜きなんだも ふまじめざんス【2006/09/25 10:40】

歌いたかったら、立ちたかったら

東京地裁の判決は、左翼が喜んだ。東京都教育委員会による、国旗・国歌への態度を理由とした教員への大量処分。その取り消しと賠償を求めた裁判で、「入学式・卒業式における国旗への起立、国歌斉唱の義務はない」との判決。東京都の大量処分は、石原都知事の意を受けての.. 虎哲徒然日記【2006/09/25 21:57】

各地の経験を共有化しよう!と訴える左翼が研究してきた福岡の教育正常化

 東京地裁の判決に対してネット上でもいろいろな主張がなされていますが、原告側に近い勢力のサイトなどを見て回るなかで、かつて福岡県が日教組との激しい対立のなかで、抵抗する教職員らを処分してきたことが、事例として取 なめ猫♪【2006/09/25 22:08】

子供に名前を付ける際の注意点について

子供にどんな名前を付けたらいいか、悩んでいる人は結構多いのですよね。 子供の名前の付け方は幾通りかありますが、主なものではこんな感じではないでしょうか。 教育情報【2006/10/02 13:23】

退職金の税金早分かりガイド

退職金税金で損しないための情報源。退職金に掛かる税金について税金対策などわかり易いことばで解説。 退職金の税金早分かりガイド【2006/10/21 21:18】

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。