時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

国民世論は女系容認?(「皇位継承Q&A」第12号)

 政府はどうやら女系容認の皇室典範改定案を先送りするようですが、もちろん油断はなりません。もし紀子妃殿下に女子が生まれたならば、このままだと同じ法案を出してくるに決まっているからです。なんとしてでも政府に男系維持の法案を提出させるように働きかけるか、あるいは自民党か超党派で男系維持の法案を提出するように働きかけるかしなければならないでしょう。この問題は政争の具にはしないというのが共通認識で、おそらく全会一致でスムーズに成立するように努力するのでしょうから、これは持久戦になります。いかにして国民に男系維持の重要性を理解してもらうか。粘り強い啓蒙活動が必要になってくると思います。

 
 
 
 
♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂
♀♂♀♂♀♂♂♂♀♂♂♀♀♂♀♂♀♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂
 
                     平成18年 2月 9日発行
    皇位継承Q&A
 
                 No.012 国民世論は女系容認?
 
♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂
♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♀♂♂♂♂♂♂♂♀♂♂♂♂♂♂♂♂・・・
 
 
 紀子妃殿下ご懐妊のニュースが流れてから、慎重論を唱える議員も増えているようです。何もせずに懐妊するわけはないのですから、やはりこれは「女系は認められない」という皇室のご意思ではないかと思います。国会議員がやるべきことは、男系を維持しながら安定的に皇位継承ができる方法を求めて“知恵を絞ること”ではないでしょうか。皇室にご満足いただけるだけの知恵が出せないというのなら、いっそのこと皇位継承は皇室・皇族に完全にお任せするという皇室典範に改正してしまったほうがよいのではないかとさえ思います。皇位継承は第一に皇室の問題であり、国民はそれを天皇と認めるか認めないかの立場のはずです。皇室のご意向を無視して、国民が勝手に決めるべき問題ではありません。
 
 2月8日の朝日新聞によると、首相は世論についても「よく見極める必要がある」としているそうです。その“世論”がどこまで信じられるものなのか、今回はそれについて話を展開していきましょう。
 
 このメールマガジンは、天皇や皇位継承や日本の伝統について男系維持の立場からQ&A形式で解説します。そして、皇位継承に関するサイトや本の紹介などもしていきます。さて、一般の国民世論とは大きく異なって、ネット上では男系を維持すべきだという意見が大半です。そんなネット上でのホットな議論も紹介できたらと思っています。
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆ 皇位継承Q&A ◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
Q.でも、国民の大部分が女性・女系天皇を容認しているのではありませんか?
 
A.世論調査の結果がどれだけ正しく報道されているのか疑わしいものです。
 
 まず、有識者会議の報告がでた直後の世論調査を見てみましょう。
 
 11月26・27日 朝日新聞
  女性容認78% 女系容認71% 男系維持17%
  長子優先47% 男子優先39%
 
 12月03・04日 共同通信
  女性容認75.3% 女系容認71.9% 男系維持16.1%
  長子優先43.3% 男子優先42.2%
 
 12月10・11日 産経新聞
  女性容認85% 女系容認71% 男系維持22% 
  長子優先54% 男子優先39%
 
 12月10・11日 読売新聞 
  女性賛成73% 女系容認60% 男系維持19%
  長子優先37% 男子優先41%
このように各新聞とも男系維持が2割程度で女系容認が6~7割程度という結果でした。
 
 しかし、このような調査の仕方が本当に正しかったのかも疑問です。北國新聞(2006年1月15日)によると、
 
 時事通信世論調査詳細
    
  女性・女系天皇を容認すべきだ          49.2%
  特にこだわりはなく、どういう継承でもかまわない 28.5%
  男系男子継承を維持                9.2%
  女性天皇はいいが、女系天皇は認めない       7.8%
 
ということだそうです。女性・女系容認と「どんな継承でも構わない」を合計して77.7%です。各新聞が発表している女系容認7割というのは、このような「どうでもいい」派が少なくとも2割は占めているということでしょう。そして、この女系・女系容認派のなかにも、積極的に推進すべきと考えている人々と、どういう継承でもかまわないから女性も女系も容認しますよと答えている人々がいると思われます。女系を強く求めている人は世論調査の数字よりずっと少ないでしょう。
 
 さらに言うならば、回答者には“女系”という意味がよく分かっていない人たちも多かったようです。
 
 日本テレビの世論調査(平成18年1月23日)
http://www.ntv.co.jp/yoron/200601_soku.html
によると、
[問14] 天皇制は、伝統として父方の天皇の血筋を継ぐ「男系」が維持されてきました。政府の有識者会議では、女性が天皇になるのみでなく、女性天皇の子どもが天皇になる「女系天皇」を認めています。 あなたは、「女性天皇」と「女系天皇」の違いについてご存知ですか、ご存知ではありませんか?
 (1) 知っている      36.7%
 (2) 知らない       53.2%
 (3) わからない、答えない 10.2%
という結果が出ています。なんと6割以上の回答者が、問われている意味を十分に理解せずに当てずっぽうに答えていることになります。このような状態での世論調査の結果に意味があるのか、非常に疑わしいと言えましょう。また、「知っている」と回答した人のなかでも、その意味、すなわち女系を認めた結果日本国はどうなるのかについて知っている人は少ないのではないかとも思います。
 
 日本テレビの世論調査では、国民世論は慎重な審議を求めています。これは、未だ紀子妃殿下ご懐妊が明らかになっていない段階でのものです。
[問15] 小泉内閣は、「女系天皇」を認める皇室典範の改正案を、いまの国会で成立させたい考えです。あなたは、改正案についてどうするべきだと思いますか?
 (1) 速やかに成立させるべきだ            23.1%
 (2) 今の国会にこだわらずに時間をかけて審議すべきだ 66.9%
 (3) 女系天皇を認める改正は必要ない         6.2%
 (4) わからない、答えない              3.8%
国民の7割近くが時間をかけて審議すべきだと考えているのですから、この法案は急いで成立させるべきものではないでしょう。
 
 女系容認の改正案への賛成は、徐々に少なくなってきています。日経世論調査(2006年2月6日)では、2005年11月の調査と比べて「賛成」は77%→63%、「反対」が6%→21%となっています。男系・女系などに関する知識が増えることによって、世論は徐々に代わってくると思われます。その意味でも、国民がよく分からないうちに拙速に成立させてはならないでしょう。
 
 
            ◇ ◆ ◇
 
 
 今度はネット言論を見てみましょう。まずはこのサイトを見てください。
 
 ネット投票:皇位継承あなたの意見は?
 http://www.to-hyo.net/enquete/vote.cgi/id/757/
  男系男子を堅持            2498票
  女性天皇を容認するが男系維持     1324票
  天皇制廃止               226票
  女系天皇(女帝の子が天皇になる)も容認 144票
  (2006年2月9日現在)
    
これは新聞の世論調査とぜんぜん違っていますね。だんだん総票数が増えていますが、比率はこれとほぼ同じで推移しています。また、これは私がブログ検索で見て回っている記事内容の比率ともほぼ同じです。すなわちネット言論では男系維持派が圧倒的に多いということです。
 
 なぜネット上では女系容認の人が極端に少ないのでしょうか。それは、ネット上での女系容認派が男女平等などの理由で積極的に女性天皇や女系天皇を認め推進しようとしているのに対して、新聞の世論調査における過半数の女系容認派は、「どうでもいい」から女系天皇でもいいと答えている人々が非常に多いからだと思われます。すなわち、「どうでもいい」派はせいぜいここで眺めるだけで投票することはないでしょうし、ほとんど無関心なのですから、そもそもこのサイトに来ることがありません。ここにやってくるのは、男系維持であれ女系推進であれ皇位継承に強い関心をもっている人々のみです。
 
 そして、皇位継承に強い関心をもっている人々は、ほとんどが男系維持派です。ごく一部の女系推進派を除いて、大多数の国民は無関心に近く、だから自分は女系でもかまわないと答えているというのが実情でしょう。そういう大多数の人々は、ひょっとしたら「旧宮家の人々を皇籍に復帰させて、40年後くらいに、すなわち皇太子殿下と秋篠宮殿下の後に天皇になってもらってもかまわない」というかもしれません。どのような法案が提出されるのか、またはこの大多数の無関心層をどのように括るかで、世論は正反対にでもなりうるわけです。だからこそ、慎重に審議されるべきでしょう。そして、慎重に審議すればするほど、やはり男系を維持すべきだという結果になるだろうと思います。
 
 ところで、世論調査において「女性・女系を容認すべきだ」と回答した人々のなかで、旧宮家に皇統に属する男系男子が存在するということを知っている人がどれだけいるのでしょうか。ひょっとして、このグループのうちの多くは、皇統は直系(現在の皇族)しか存在しないと思って、天皇制を存続させるためには女系もやむなしと考えているのではないでしょうか。何を隠そう私も去年の6月くらいまでは旧宮家の存在を知りませんでした。ですから、時事通信世論調査で「女性・女系天皇を容認すべきだ」と回答した49.2%のすべてが直系での女系容認以外は認めないと言っているわけでもなさそうです。
 
 1月末あたりから私のブログには「旧宮家」で検索してくる人が非常に多くなっています。一般のネット利用者のあいだでも、やっと旧宮家の存在を気にしはじめたという段階のようです。しかし上記のネット投票では、かなりの人が旧宮家の存在を知っているようです。また、男系・女系の違いも、一般国民よりはるかによく理解しているようです。
 
 あなたは旧皇族の皇籍復帰に賛成?反対?
 http://www.to-hyo.net/enquete/vote.cgi/id/828/
  賛成                  411票
  反対                   41票
  どちらでもない(旧宮家について知っている) 15票
  良く分らない(旧宮家について知らない)   5票
  (2006年2月9日現在)
 
 あなたは「女性」天皇と「女系」天皇の違いが分かりますか?
 http://www.to-hyo.net/enquete/vote.cgi/id/826/
  完璧に分かる 209票
  何となく分かる 27票
  全く分からない 6票
  良く分からない 4票
  (2006年2月9日現在)
 
 
 ネット言論は、必ずしも国民世論を反映するものではありません。しかし、ネット利用者はマスメディアに偏らない情報を一般国民よりも多くもっているのですから、十分に参考にされるべきであろうと思います。
 
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆ お薦めサイト&書籍 ◆
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
【サイト】
 
皇統断絶問題TBセンター
http://japan.arrow.jp/blog/
↑よいブログ記事が集まっています。
 
 
【本】
 
八木秀次『本当に女帝を認めてもいいのか』
http://waqoo.blog16.fc2.com/blog-entry-66.html#jotei1
↑さらっと読めます。
 
 
 
∞∞∞∞∞∞∞∞
◆ 編集後記 ◆
∞∞∞∞∞∞∞∞
 
 今回もまた、やたらと長文になってしまいましたが、調査結果の積み重ねですから比較的わかりやすかっただろうと思います。この結果を見て、やはり女系容認が大勢だと思う人もいるかもしれません。まだ優勢であることは確かでしょう。しかし、もし仮に真の“有識者”会議によって旧宮家の皇籍復帰による男系維持の報告がなされていたら、世論はだいぶ違った様相を呈していたかもしれません。質問の仕方で、または回答者の知識程度で、統計結果はぜんぜん違ってきます。国会議員には、そこまでよく考えて世論調査の結果を判断してほしいと思います。
 
 読者の皆様には、ぜひとも多くの知人にこのメールマガジンを紹介し、お薦めいただければと思います。政治家は国民の声を反映しますので、政治家に任せておけば大丈夫などと悠長なことは言ってられません。男系維持の重要性と女系天皇の問題に気づいた方々のなかには、何か自分でもできないかと気を揉んでおられる方もいらっしゃるようです。多くの国民に女系天皇の問題点を共有してもらい、国民世論が男系維持に傾くように草の根で日本を支えていきましょう。
 
 
 
 
 
 
============================================================
◆『皇位継承Q&A』(ID:0000179891)
◆発行者:桜井和空(さくらい・わくう)
◆サイト:http://waqoo.blog16.fc2.com/
◆メール:上記サイトからお願いします。
◆ご意見・ご感想は下記の掲示板へ
  http://www.freebbs.biz/phpbbs/bbs.php?id=QandA1
 
◆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  ↓登録・配信中止・バックナンバー閲覧はこちらへ
  http://www.mag2.com/m/0000179891.html
============================================================
 
◎多くの人々に注意を喚起したいので、このメルマガは、印刷して無料(または実費)で配布して結構です。しかし、無断でこれを商業利用してはいけません。
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
この記事の評価もお願いします。


 ↑あなたの記事も評価してもらいませんか?
 
 
 
 
 
 

 首相官邸や内閣官房、地元国会議員などにできるだけ女系容認反対の意見メールを出していただければと思います。「旧宮家の皇籍復帰のほうを望みます」の一言だけでも結構です。一人でも多くの方々の女系反対表明が必要です。ついでにそのメールで私のメルマガ登録ページも紹介しておいてもらえると効果倍増?!(^^ゞ

首相官邸への意見メール
 
内閣官房ホームページ ご意見・ご要望
 
自民党内閣部会で簡単に政府案を受け容れるなと要求するのもいいかも。 自民党への意見メール
 
 とくに自民党議員へメールで働きかけたい場合には、以下のサイトが便利。
皇室典範~女系天皇阻止メール大作戦(ぼやきくっくり 2006年01月22日)  
地元国会議員へは、全国議員サイト

 
 
 
無料メールマガジン「皇位継承Q&A」   小泉内閣の支持率が一桁台になるまで   皇統断絶問題TBセンター
上掲の三つのバナーは作成者様の御厚意により自由に心置きなく使ってくださいとのことです。大いに利用させてもらいましょう。
 
 
↓ネット世論がどんなものか、ネット投票で確認。
皇位継承あなたの意見は?



〔シリーズ:皇位継承を考える〕
皇位継承を考える(1)万世一系の天皇と国家
皇位継承を考える(2)男系維持の方策(その1)
皇位継承を考える(3)男系維持の方策(その2)
寛仁殿下は男系維持を希望 ~皇位継承を考える(4)~
寛仁殿下の「事実」発言 ~皇位継承を考える(5)~
宮内庁の皇室潰し ~皇位継承を考える(6)~
紀宮清子内親王の結婚 ~皇位継承を考える(7)~
新たな有識者会議での再検討を求めたい! ~皇位継承を考える(8)~
首相の真意はどこに? ~皇位継承を考える(9)~
ネット投票から推定した世論 ~皇位継承を考える(10)~
朝日の世論調査は情報操作?! ~皇位継承を考える(11)~
万世一系の天皇家&旧宮家系図 ~皇位継承を考える(12)~
 
これ以降の記事は、右側のRECENT ENTRIESから御覧ください。
 
 
 
 

〔皇位継承に関するブログ記事リンク集〕
 
目次 ブログ散策:天皇制の危機( p(^o^) 和の空間)》
 

スポンサーサイト
【2006/02/10 21:34】 皇室 | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント

おそるおそる、もう一回申し上げます。素晴らしいブログなのですが、なかなかTBできません。ひたすら残念です…。
【2006/02/12 23:14】 URL | 時事問題ショートコメント #-[ 編集]
特にこちらでTB制限をかけているわけではありませんので、対処のしようがありません。どうしてもの場合は、コメントにそちらのURLを書いてくだされば自動リンクします。
http://plaza.rakuten.co.jp/oo00wa00oo/
のように。
どうぞよろしく。
【2006/02/13 22:28】 URL | 桜井和空 #cks3dOnk[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。