時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

「和の空間」の推薦本:神道・日本神話

 皇位継承問題を考えるときに神道や日本神話の知識も必要です。テンジョウムキュウの神勅は御存知でしょうか? 「殿上てんじょう無休? 陛下は休日返上で大変ですねえ。」なんて冗談を言っている場合ではありません。<わたし  天皇は、神話上では天照大神の子孫であり、代々にわたって豊葦原中国とよあしはらのなかつくにを治めるように天照大神から命ぜられています(天壌無窮の神勅)。この神話的位置づけなくして天皇の君主としての正統的権威はほとんどありません。このような国のかたちが日本文化・日本人の民族性にも浸透しています。

 神が畏れ多いように天皇の公布する法律もまた畏れ多いものとして尊重する態度があるからこそ、日本人の遵法精神も維持されているのではないでしょうか。天皇に神の後ろ楯もなく、国民一般から「ヘン! あんた何様だい」と言われるようになってしまったら、わざわざ象徴的に法律公布その他の国事行為をする意味がなくなります。

 天皇の権威の源泉を知る意味で、ぜひとも神道や日本神話についての知識を得てください。

 
 

※ページ左側の本のイメージやタイトルをクリックするとアマゾン書店にジャンプして本が購入できます。



 
大雑学11 日本の神々のナゾ
瓜生 中
 
日本神話の本はいろいろあるが、皇位継承について誰かと話をしようと思うならば、この程度のことを知っていると話がスムーズに進む。神話のみならず古い神社についての解説もある。
 
 


 
お宮に行こう ― 神社の基礎知識 ―
神社新報企画
 
神社神道の“いろは”から知りたいという超初心者向き。
 
 


 
新版 神事の基礎知識
藤井 正雄
 
七・五・三や結婚式など、神社関係の儀式や行司についての簡単な解説。これ、ニッポンの常識というやつでしょうか。
 
 


 
神道の逆襲
菅野 覚明
 
これは神道思想を理解するのに便利。古代から近世までの神道思想の展開過程をたどっているので、明治以降の軍国主義を推進した国家神道しか念頭にない人にとっては、神道の奥深さがよくわかるだろう。
 
 


 
神道用語の基礎知識
鎌田 東二
 
こちらは事典で、もうちょっと深く知ってみようかと思う人向き。
 
 


 
日本史小百科 神道
伊藤 聡/遠藤 潤/松尾 恒一/森 瑞枝
 
こちらは事典で、もうちょっと深く知ってみようかと思う人向き。
 
 
 
 
 
 
 
↓ほかにさがしたい本があるなら、書名や著者名を入力してGO!
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。