時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

副読本という方法だってあるだろう

 

 「つくる会」教科書の採択妨害は、これからますます盛んになっていくだろう。平和主義を美化し、まるで大日本帝国の憲兵のように特定教科書を頭ごなしに否定する左翼の連中は、日本の民主主義社会を否定するファシズム勢力であると言えよう。こういう連中が支配的になると特定思想が弾圧され、全体主義国家が成立するのである。多様な考えの存在が承認されてこそ民主主義国家は維持される。

 ブロガーたちの力であろうか、ネット上に熊本県教育委員の電話やFAXやEメールアドレスなどを載せて採択阻止を呼びかけていた北海道の市議のブログ記事は削除されたようだが、まったく余計なお世話をする市議である。子供の教育に第一に責任を持つのは親であり、第二に地域であろう。どうして北海道の人間が九州の一地方の教科書採択に干渉するのか。外野から、ああだこうだと余計な口を挟むべきではない。我々は、各地域の教育委員会が自分たちの地域の教育の問題としてゆっくり考え、主体的に決断できるような環境をこそ望んでいる。

 とはいえ、各学校単位ではなく採択地区単位で教科書が決まるため、自分たちが望む教科書が使えない場合もある。こんな新聞記事があった。

大洗町教委が教科書採択で協議会方針に反対(茨城) (読売新聞 2005年7月15日)
 大洗町教育委員会は、町立中学校2校で来春から使う歴史教科書について、14市町村で構成する「第3採択地区」の教科書選定協議会の決定に異例の反対を決めた。「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーらが執筆した扶桑社発行の教科書の採択を希望しているとみられる。しかし、教科書無償措置法では、地区内は同一種を採択しなければならず、既に協議会決定を追認した市町村があり、今後も大勢は変わらないとみられ、協議会の決定が優先されそうだ。
 
 教科書採択は4年ごとに選定作業が行われ、今年が採択年にあたる。市町村の教育長らで構成する協議会の決定に沿って、各市町村教委が8月末までに最終決定する。県内は七つの採択地区に分かれ、大洗町は、水戸や常陸大宮、那珂、笠間市などと「第3採択地区」に属している。
 
 同地区の協議会は今月8日に開催。中学校・歴史は扶桑社以外の教科書が選ばれた。これを受けて12日に町教委が開かれたが、協議会の決定を受け入れない意見が大勢を占め、協議会側に意向を伝えた。
 
 協議会事務局のひたちなか市教委は「選定作業中なのでコメントできない」としている。

 もし大洗町教育委員会が扶桑社の歴史教科書をどうしても使いたいというなら、副読本として使うという方法もあるのではなかろうか。基本的には個人負担ということになるだろうが、たとえば「つくる会」を応援する人たちがカンパしてその中学校に寄贈するとか、寄付金で穴埋めしてそのぶん価格を安くして彼らに販売するとか、あの教科書で教育したいという教師の情熱に応えてもいいのではなかろうか。学校が貸し出すという形にすれば、一冊の本が4年は使える。本は多くの人々に読まれてこそ価値がある。教科書を見比べながら勉強ができるなんて、なかなか贅沢な教育である。

 「つくる会」の教科書も文部科学省の検定を通ったものであり、決して有害図書ではない。有害でもない特定の本を絶対に読ませないという思想統制はすべきでない。多くの本を読める子供たちは多くの考え方に接することができ、真の教養人になれる。だが、思想統制された人間はものを考えることができなくなり、北朝鮮のような独裁国家をただ受動的に存続させる国民になる。

 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 

人権擁護法案を考える市民の会

人権擁護法案が成立すれば
あなたの何気ない一言、文章、絵が
誰かに差別的だと見なされた場合、令状なしで
家宅捜査、資料押収、出頭要求。
協力を拒否したら処罰されます。個人名も公表される場合があります。
 
人権擁護法案反対Flash(アニメーション)緊急特番 あぶない!?人権擁護法案 も御覧ください
この特番おもしろいですよ。一見の価値あり!
こんなマンガ(朝日新聞が推進している人権法案)もいかが?
 
続々と現われてくる人権擁護法案反対同盟
人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟


 
 
 
 
 
 
 
勝手にサポート 教科書再生!電脳教科書補完録(「つくる会を勝手にサポートする国民ネット」)
 
中学社会 新しい歴史教科書 (平成14~17年度 使用版)←「つくる会」の教科書の一部が読めます。
 
 
 
 
なお、2005年7月11日より前の時事評論は、「p(^o^) 和の空間」を御覧ください。
 
 
スポンサーサイト
【2005/07/16 23:47】 教育 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。