時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

紀宮清子内親王の結婚 ~皇位継承を考える(7)~

〔シリーズ:皇位継承を考える〕
皇位継承を考える(1)万世一系の天皇と国家
皇位継承を考える(2)男系維持の方策(その1)
皇位継承を考える(3)男系維持の方策(その2)
寛仁殿下は男系維持を希望 ~皇位継承を考える(4)~
寛仁殿下の「事実」発言 ~皇位継承を考える(5)~
宮内庁の皇室潰し ~皇位継承を考える(6)~
 
 

皇族の品性について

 やっぱり先日の紀宮清子内親王の結婚式についてちょっとだけコメントしておこう。

 Yahoo!掲示板を見ると、サーヤ(←民間人になった途端に馴れ馴れしく書く。(^^ゞ )はいろいろとケチつけられている。だが、私はケチをつけている発言者の品性の低さを感じる。私は当日あまりテレビは見ていなかったのだけれど、ケチをつける人は、インタビューされた人がみんなサーヤの結婚について肯定的なことしか言わなかったと不満を述べている。マスコミも国民も天皇教に洗脳されているそうだ。でも、おめでたいことなのだから、テレビの前で憎たれ口を叩いてもしょうがないだろうし、たとえ無関心な人や否定的なコメントをする人がいても、テレビとしても、ありもしない政治的意図を疑われてしまうので放映しにくい。まあ、ケチをつけている人は貧乏人や下層階級のヒガミという感じがする。といって、私も下層階級で金銭的には貧乏なんだけれど、べつにひがまない。心は上品で豊かだからね・・・と言ってみるテスト。それはさておき、私の見るかぎりではサーヤはほとんど現実離れしているくらい心が綺麗な女性みたいだから、そういう人の結婚は心から祝福し幸せを祈りたい。

 元皇族としての品位を保ってもらうための一時金が約1億5千万円とかいうことで、それは血税の無駄遣いだなどと言っている人もいる。だが、元皇族に品位を落とされると天皇および皇族の権威もそれに従って落ちてくるし、そうすると天皇から任命されている内閣総理大臣やら最高裁判所長官やらにとって都合が悪いわけである。日本の政治では、自分たちが高い権威をもった人から任命されているから権力を行使する正当性があるという構造になっているのだから、とにかく皇族は絶対的な権威をもちつつ品位があってもらわねばならない。だから、あの一時金はサーヤの個人的贅沢のためのものではないのだ。

 品位というのはお金で贅沢品を揃えることではない。大きなダイヤモンドの指輪を何本もはめて品位を見せびらかしているつもりになっているバカもいるけどね。自らに誇りをもって責任を果たしつつ他人に優しく接することが品位をかもしだす。そのためにある程度のお金の余裕が要るわけである。贅沢三昧するためだったら何億円もらったって足りない。まあ、サーヤが亡くなるまでに一時金のすべてを使ってしまわなかったら、ひょっとして彼女は残りを福祉団体にでも寄付してしまうかもしれない。皇室の人たちは心の優しい人が多いから、そういうことだってありうる。べつに全部自分のために使ってもらってかまわないのだが、知足の心があれば余計な金は使わないし、その余った分を他人が喜ぶために使いたいと感じるようになる。そういうのが品位というものである。

 結婚式だって税金で挙げているのだと批判している人もいた。夜のテレビ番組でちらっと見ただけだからよくはわからないが、皇室にしては地味婚だったのではなかろうか? スモーク炊いてゴンドラで降りてくるなんてバカなまねはしなかったわけだし、庶民のほうがよほどどうかしている。振り袖を着なかったということに関しても美智子皇后が心配していたようだけれども、形式にこだわらないサーヤの質素な生き方が垣間見られた感じがする。むしろ美智子皇后のほうが世間的常識にこだわっていたように思われる。だが、サーヤの行動は個性の発揮であって伝統の破壊ではない。「これからは黒田家の一員として・・・」というコメントがあったように、おさえるべきポイントはきちんとおさえてあり、枝葉末節の決まり事にこだわらないおおらかな行動であったと言えよう。皇族は家の観念によって支えられているのだから、この点はしっかり明言しないとね。(^_^)b

 あと、民間人になっても警備までさせて税金を使っていると文句を言っている人がいるが、ほんとうに呆れる。もしも数日してサーヤが刑事事件に巻き込まれたりしたらどうするのかね。しかも犯人が特定団体だったりしたら、これはもう全国的にすごい騒動が起こる。彼女は戸籍の上では民間人になっても、国民の心のなかではまだ半分は皇族なのである。皇族に対する暴力は国に対する暴力と同じなわけだ。だから怒りは一般人への暴力と比較して何倍にも膨れ上がる。それゆえ、国民の心のなかに「昔は皇族だった民間人」というイメージが定着するまで警備する必要がある。事件や事故があってもたいした社会的意味もない庶民とはちがって、まだ半分皇族のような彼女には大きな社会的意味があり、だからこそ狙われやすいということもある。警備をするのは当然である。なぜそういうことに思い至らないのだろうか。まあ、どうせ便所の落書きみたいなものなのだろうから私が目くじら立てる必要もないのだろうが。

 皇族費だの一時金だの警備費用だのは、個人に対して支払われているのではなくて、役割に対して支払われている。皇族はたしかに血統による集団だが、現在ではそれ以上に役割なのだ。皇族にあるまじき行為を繰り返していたら皇籍を離脱させられる。一般人で言えば懲戒免職である。社長が社長らしく振る舞わなければならないように、皇族は四六時中、国民から期待されたイメージの“皇族をやっている”わけだ。好きでもない物を食べているかもしれないし、好きでもない服を来ているかもしれない。だが、国民から敬愛されることが彼らの仕事であり、そのための費用だと言えよう。でられるほうは簡単でも、われるほうは並々ならぬ苦労をともなう。その点がわからない人がじつに多い。

 血税の無駄遣いだと文句を言う人に「だったらおまえ、皇族をやってみるか?」と問いかけてみよ。実態を知ると、たいていは「御免こうむりたい」と答えるだろう。なぜなら、どんなに金を与えられたって、それを自由に使える個人の生活がほとんど奪われているのだから。皇族は、庶民の自由をもてずに莫大な費用のかかる役割をやらされているのである。

 好き好んで禁欲的修行をしているような人々でないと、おそらく皇族は完全には勤まらないのだろうが、好きで修行している人にはそれが無上の喜びにもなる。自ら自覚的に皇族を生きる人々にとっては、必ずしも完全な忍従生活というものでもないだろう。たしかに自分自身の性格と完全なミスマッチである皇族ならば苦労が絶えないだろうが、個性と役割の間に絶妙なバランスを作れば、それなりに有意義な人生が送れるのではないかと思う。サーヤもその辺はうまくバランスをとってきたんじゃなかろうか。

 あと、ちょっと書いておきたいのは、サーヤは早期に皇籍離脱していたらもっと早く結婚できていたかもしれないなと思う。まあ、彼女の場合には、民間の世界に入ってしまったら悪い虫がつかないか心配でしょうがなかったことだろうが。(^^ゞ 結婚ということに関しては、皇族の身分は男子でも女子でもハンデになると思う。それこそ毎週のようにお見合いパーティをして婿さんさがし・嫁さんさがしに精を出さないとならないのではないか。宮内庁はそんな援助活動はしないみたいだし、やるとしても国民の血税でそんなことするのかとあちこちから文句が出る。こんな状態では皇統断絶も目前だろう。困ったものだ。

 
人気blogランキング
↑よろしかったらクリックをお願いします。m(_ _)m
 
 
 

ガンバレ!平沼赳夫

皇室典範改正は慎重に [共同通信社:2005年11月16日19時40分]》
 超党派の保守系議員でつくる「日本会議国会議員懇談会」の平沼赳夫会長(無所属)は16日、首相官邸に安倍晋三官房長官を訪ね、女系天皇を容認する皇室典範改正案の次期通常国会への提出を目指す政府に慎重な対応を求める決議文を手渡した。安倍氏は「預かります」と応えた。決議文は「男系によって継承されてきた皇位の継承方法を変更することは慎重に検討されるべきだ」などとしている。

 平沼氏の援護射撃をしないとならないだろう、有識者会議の最終報告が出る前に。有識者会議はほぼ間違いなく「女系容認の法案」を出してくるはずだ。これを阻止するのはほぼ不可能である。だから、国民が要求すべきは、皇室の伝統や日本の歴史に詳しい(アカでない)専門家や神道関係者、皇族などをメンバーとした新たな有識者会議を設置してもらって、もう一つ「男系維持の法案」を作ってもらうこと、そして、政府にはその後で両者をよく比べて検討してもらうことだ。

 女系容認の法案を国会に提出したら、政局は混乱する。もしもその法案が通ってしまうと、国体護持を求める人々によって治安がやや悪化するだろう。暴動までは起こらないだろうが、騒動に近いものはしばしば起こる可能性は十分にある。また、日本人の心を日本の長い伝統から切り離す選択をしたことで、いろいろな意味で“国を売る”政治家や財界人や一般国民がますます増えてくるかもしれない。少なくとも次の選挙で自民党は勝てない。おそらくは真の保守派が自民党から分裂して小党分立になるからである。そうすれば憲法改正もできなくなるだろう。小泉政権は、改革を止めたくなかったら、皇室典範の改正を先延ばしすることだ。政治において大仕事を二つ抱えてはならない。実際にはこの皇位継承問題は天皇の存在意義にまで政治論議が展開するはずのもので、郵政民営化よりも根の深い難題である。それくらいの政治センスは小泉首相にもあるはずなんだが、まあ、忙しくて忘れているのかもしれないから、多くの人がメールなどで抗議・提案して思い出してもらうべきである。

 
首相官邸への意見メールはこちら

 
 

皇室典範に関する有識者会議
【連絡先】 内閣官房内閣総務官室
 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
 TEL.03-5253-2111(内線85144)
メール 内閣官房ホームページ ご意見・ご要望
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 
 

〔皇位継承に関するリンク集〕
 
目次 ブログ散策:天皇制の危機( p(^o^) 和の空間)》
 

 ブログをもっている人は、ぜひ女系天皇反対をアピールしましょう。一人でも多くの人の目に触れて国民の注意を喚起することが大切です。
「時事評論@和の空間」皇位継承を考える(1)へ 「時事評論@和の空間」皇位継承を考える(1)へ
 私のバナー(↑)はセンスがないですが、もし自分でオリジナルを作っている余裕がなければ、ご自由にお使いください。  また、かっこいいバナーを作った方がいらっしゃいましたらお知らせください。作者サイトへのリンクバナーとして、このブログでも使用させていただこうと思います。

 
スポンサーサイト
【2005/11/18 23:02】 皇室 | トラックバック(3) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

紀宮さま最後の朝

母は娘を強く抱きしめて「大丈夫、大丈夫」と何度も言いました。 鉄人ママの社長ブログ【2005/11/19 11:42】

有識者会議メンバーはファシズム集団

「皇室典範に関する有識者会議」が密室会合をもってして典範改悪への道に更に一歩踏み込みました。 内親王の宮家創設容認、皇室典範会議が最終調整 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は19日、皇族の範囲について、女 皇室典範改正問題を考えるブログ【2005/11/21 00:01】

見合い当日

見合いの場所には、時間に余裕を持って到着するようにしましょう。遅刻しそうになって、慌てて駆け込むようなことのないようにします。遅くとも5~10分前には到着するよう心がけたいものです。到着したらまず、仲介者にお礼を述べましょう。当人同士だけで会うことになった場 見合い 冠婚事典【2007/04/10 23:50】

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。