時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

首相が内閣改造着手

 私としては、気になるのは安倍氏。彼は入閣有力だそうだが、どこに起用されるのだろうか。今回はその話題から入って、情報管理の重要性について述べていきたい。

安倍氏の入閣有力、竹中氏留任も…首相が内閣改造着手(2005年10月15日3時3分 読売新聞)》
 小泉首相は14日、郵政民営化関連法成立を踏まえ、特別国会閉幕後の内閣改造・自民党役員人事の検討に着手した。
 
 安倍晋三自民党幹事長代理の初入閣、竹中経済財政・郵政民営化相の留任が有力になっている。公明党の北側国土交通相も留任する可能性が大きい。
 
 来年9月の党総裁任期切れでの退陣を表明している首相は、今回の人事で「小泉改革」の総仕上げを断行する。後継候補を重要ポストに起用し、競わせながら、退陣後の改革継続につなげたい考えだ。
 
 「小泉後継」有力候補の安倍氏は、社会保障制度改革を担う厚生労働相や経済産業相への起用説が浮上している。改革の全体像を決める経済財政諮問会議(議長・小泉首相)を仕切る竹中氏は現職での留任が濃厚だ。改革の中核を担う麻生総務相や谷垣財務相は引き続き重要ポストに就く可能性がある。
 
 公明党の北側氏については、同氏に代わって太田昭宏幹事長代行の入閣を推す声も同党内にある。

 たしかに年金問題や景気対策は郵政民営化の次に取り組まなければならない課題であり、細かい数字をあげて説明していく安倍氏は頼もしい改革推進力になるのではないかとも思う。

 だが私としては、彼の保守的(というか反売国的)思想を前面に押し出せるようなポストに就いてほしいと思うのである。具体的に言うと、総務相なんかいいんじゃないかなあ、などと思うのだ。

 総務省のなかには郵政行政局もあり、郵政民営化を引き続き管理・推進しているというイメージもつけられる。自治行政局など地方自治との関連もあるので、野放図な地方自治が蔓延した場合には速やかに中央からの引締めができる人がいい。だが、私が総務省に注目するのは、情報・通信分野にかかわっているからである。「情報を制するものは政治を制する」とも言えるのではあるまいか。これからの時代は、情報対策が非常に重要になってくる。麻生氏の頭の中は、フロッピー時代から進化しているだろうか。(^^ゞ まあ、だいたいが政治家は機械音痴なのかもしれないが、この情報化社会の危険を回避しつつ進歩させていくのには、トップには相当の知性が必要とされるだろう。

 総務省情報通信政策局というのは、放送局の免許等日本放送協会に関することなどの仕事をしている。朝日-NHK問題に巻き込まれた安倍氏に、ここらでマスコミに大なたを振るってもらうなんていうのも、国民としては大いに期待したくなる。歪曲報道を垂れ流されるのは、国民としても非常に迷惑なのである。

 朝日-NHK問題に関して言えば、「女性国際戦犯法廷」が放送される前にNHK幹部が政治家に会ったか会わなかったか、などという2001年の1月に起こったことが、なぜ4年も経った2005年1月に朝日新聞にスクープされたのか? その背後には、北朝鮮の工作活動があったのではないかという話もある。2005年1月は、ちょうど拉致被害者・横田めぐみさんの「ニセ遺骨」問題で、世論が経済制裁に傾き始めていた時期に重なっており、いくつかのメディアで、北朝鮮に毅然とした姿勢を貫く安倍、中川両氏を狙い撃ちしようとしていたのだというわけである。《→朝日の陰に北朝鮮工作員(依存症の独り言 2005年10月03日)》

 また、NHK受信料未払いの問題は、中立公正をうたう放送局の存在自体の信用性が問われている問題でもあるのだ。信頼すべき情報源は、さまざまな団体から狙われる。自分たちに有利な情報がそこを通して流れれば、世論を操作することもできるからである。なぜNHKはそんなに反日的な話題を取り上げるのか。意図的にそのような構成で番組を作ろうとしている勢力がNHKに巣くっているのではないか。朝日とNHKを徹底的に攻めれば、韓国・北朝鮮が炙りだされてくるような気もする。まあ、これは私の妄想かもしれないが、メディア監視を怠れば、日本を危うくする歪曲報道が垂れ流される危険が高まるのも事実である。

 「マスコミは政治権力を監視しチェックする役割を担っている」などと偉そうなことを言うが、そのマスコミが公正さを欠いた情報権力を握り、政治権力を支配しようとさえしているのである。マスコミは国民世論の代表ではない。むしろ何の組織力ももたない個人の集まりであるブログ世論のほうが、これからははるかに国民世論を代表するようになるだろう。歪曲報道に基づいた世論の誘導は排除されるべきであり、その意味で総務省の役割は非常に重要である。

 民主政治が国民の意思によって展開していくならば、その国民の意思を決定するための情報が正しいことが不可欠の条件である。ところが悪い報道は、特定の情報を極端に強調したり、故意に特定の情報を報道しなかったりすることによって真実を見えなくしてしまう。国民がマスコミの誘導する幻想によって世論を形成し政治を動かすようになったら、非常に危険である。

 安倍氏ということにかぎらないが、とにかく情報を管理する総務省には、絶対に売国的な人物を就任させてはならない。言論の自由を最大限に保証しつつ売国的なプロパガンダを抑制しなければ、この不安定な対外関係(というか外交というのは常に流動的だが)に日本は翻弄されてしまうことになる。日本はつねに情報戦を仕掛けられているのだということを、政府をはじめあらゆる政治家は深く認識している必要がある。

 
 

〔参考ブログ〕

朝日の陰に北朝鮮工作員(依存症の独り言 2005年10月03日)》
NHK番組改変問題の真相(依存症の独り言 2005年10月10日)》
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 
 
 

東トルキスタンの人々に平和と自由を せめてFlashだけでも見て!

 
 
 

人権擁護法案を考える市民の会

 
人権擁護(言論弾圧)法案反対! 人権擁護(言論弾圧)法案反対! こんなふうに“人権”の名のもとになんでも罷り通ってしまう世の中にしてはいけません。
「金さん、盧さん、懲らしめてやりなさい!」
と紅門さまが言うのかなあ?(;´д`)

人権擁護法案が成立すれば
あなたの何気ない一言、文章、絵が
誰かに差別的だと見なされた場合、令状なしで
家宅捜査、資料押収、出頭要求。
協力を拒否したら処罰されます。個人名も公表される場合があります。
 
■□■人権擁護法案反対VIP総司令部まとめサイト■□■
人権擁護法案反対Flash(アニメーション)緊急特番 あぶない!?人権擁護法案 も御覧ください
この特番おもしろいですよ。一見の価値あり!
こんなマンガ(朝日新聞が推進している人権法案)もいかが?
 
続々と現われてくる人権擁護法案反対同盟
人権法案反対サイト
人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟
 
 
国会議員情報局←人権擁護法案のほか外国人参政権や拉致問題などに関する態度の情報

 
 
 
 
 
なお、「p(^o^) 和の空間」では参考になるブログ記事のリンク集をつくっていますので、ぜひ御覧ください。
 
 
スポンサーサイト
【2005/10/16 23:48】 政治 | トラックバック(0) | コメント(1) |

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/10/18 14:13】 | #[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。