時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

人権擁護法案の悪夢(1)

 

人権擁護法案の条文をみると
 
こんな悪夢にうなされる!!!
 
悪夢が現実にならないことを祈る

 
注)ここで特定国籍の人や特定団体の人が架空の話(悪夢)として登場しますが、その国籍や団体の人すべてがそうだと言っているわけではありません。ここでは、マスメディアの報道や噂などで耳目に残る“過激な行動”をしている一部の人々のみを誇張し戯画化して表現していますので、それ以外の人々には、「一部の過激派ならそういうこともあるかもね」と思っていただけると思います。


〔悪夢〕

 おりしも梅雨があける頃のことであった。人権擁護委員の笛美ふぇみがネットサーフィンしていると、あるサイトに女性の水着写真が出ていた。それは、「さあ、今年は沖縄で開放的な夏を満喫!」とタイトルされた旅行代理店の広告であった。笛美は心の中で叫んだ。「なぜ女性の水着でなければならないのか。これは性の商品化だ。女性蔑視であり、女性差別だ。これは女性に対する人権侵害を意味するものだ。“開放的な夏”などという挑発的な言葉をあえて使う広告は性犯罪を誘発するおそれがある!」

 
     人権擁護法案 心得の条
第一条(前1/3) この法律は、人権の侵害により発生し、又は発生するおそれのある被害の適正かつ迅速な救済又はその実効的な予防・・・(を目的とする)。

 かくして笛美は、この水着写真の掲載をやめさせようとこの旅行代理店に乗り込んだのであった。まずは水着写真の掲載をやめさせることで、少なくともこのモデルの女性としての人権は守られるし、女性一般に対する偏見と差別を予防できると信じたのである。そもそもこんな写真がネットに掲載されているから男どもがいやらしい目で女性を眺め、ひいては夏に性犯罪が増加するのである!

 
     人権擁護法案 心得の条
第一条(中ほど1/3)・・・並びに人権尊重の理念を普及させ、及びそれに関する理解を深めるための啓発に関する措置を講ずることにより・・・

 会社に着くとこの広告の責任者が呼び出され、さっそく人権委員のお説教が始まった。「そもそもあなたは、女性を蔑視しているという自覚が足りません。こういう女性差別の写真を掲載しても何とも思わないあなたのその態度から直していかなければなりません。女性に対する人権尊重の理念がまったくなっていないんです!」 笛美は滔々とまくし立てた。人権尊重の理念を普及するのが人権擁護委員の崇高な使命なのである!

 彼は、延々と三時間も笛美から女性の人権に関する説教をくらってしまった。だが、彼女のいう“女性に対する人権侵害”の意味が曖昧模糊としてさっぱり理解できなかった。一方的に人権思想なるものを押しつけられて、彼には彼女の声が笛のようにピーピーとうるさく聞こえ、「人権」という言葉に反論することもできず、ただただ謝るばかりで罪悪感のようなものを植えつけられて、もう一刻も早く終わって私を解放してくれという思いでいっぱいであった。

 とりあえず高邁なる人権のご講義が終了したので、広告から問題の写真を削除することを約束し、人権擁護委員様にはお引き取りねがった。ああ、これでこの夏の売り上げも頭打ちだな。トホホ・・・・ そう、この広告を制作してもらった広告代理店名をついうっかり話してしまったので、笛美がここに乗り込んでいったのは言うまでもない。

 

 広告代理店のスタッフたちも、笛美から延々と女性の人権に関する説教をされるはめになった。だが、彼らはもっと状況が悪かった。なにしろ広告業界では水着は当たり前。セミヌードでもどんどん使ってみて衆目を集めるのが仕事だったのだから。広告のためなら、いかがわしいものだってなんだってアイデアのもとになるということで、職場にはじつにいろいろなものが散乱していた。笛美はそれを見逃さなかった。それらをいちいち取り上げて問題視され、最初の広告の件とは無関係な事柄を延々と非難されるはめになってしまった。さて、彼女の説教が終わる頃、電話で呼び出された事務員と称する屈強な男たちがやってきて、職場にあるエロ雑誌などをかき集め、それらを持ち帰ると言い出した。広告代理店がいかに女性の人権を侵害しているかを調査し証明する資料になるのだそうである。

 
     人権擁護法案 心得の条
第四十四条 人権委員会は、・・・人権侵害・・・に係る事件について必要な調査をするため、次に掲げる処分をすることができる。
 二 当該人権侵害等に関係のある文書その他の物件の所持人に対し、その提出を求め、又は提出された文書その他の物件を留め置くこと。

 自宅まで押しかけられなかったのが、せめてもの幸いだった。自宅で仕事なんていう現代的なスタイルを採用していたらと思うと、彼らはみな背筋が凍る思いをした。こんな事件があってからというもの、広告代理店のスタッフは、職場はおろか自宅にさえアヤシイものは置いておけなくなり、それと同時にアイデアも枯渇していった。その結果として、日本には実につまらない広告しか存在しなくなり、消費者の購買意欲はかきたてられなくなり、それに伴って日本の経済活動も低迷してしまった。

 もちろん笛美は、この広告を発信したプロバイダーも見逃すはずがなかった。プロバイダー会社に出掛けていくと、今度はすべての資料がパソコンの中に入っているので、その中身を提出するようにと責任者に要求した。しかし責任者は、「プロバイダーとしてはお客さまの情報を第三者に見せるわけにはいきません。」と断った。そして押し問答の末、彼は人権擁護委員をなんとか追い返したのである。ところが、翌日、三十万円の支払いを督促する内容証明郵便が人権委員会事務局から届いた。

 
     人権擁護法案 心得の条
第八十八条 次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の過料に処する。
 二 正当な理由なく・・・処分に違反して文書その他の物件を提出しなかった者

 「ひえ~っ、なんでぇぇぇ~! 法律で警察以外にはクライエント情報を開示しないでいいことになっているのにぃ~。」 どうやら人権委員会は「人権真理教」に乗っ取られ、立法・行政・司法には収まりきらない“第四の権力”と化しているようであった。これは裁判所に訴えるしかないか? しかし裁判所に訴えるにはそれなりの訴訟費用を準備しなければならないし、三十万円ですむだろうか。人権擁護委員のあの鋭い目つきに恐れをなして、彼は過料を支払うことにした。そうすればもう来ないだろうと思ったからである。

 だが、笛美はそこらのチンピラよりもさらに執念深かった。このプロバイダーのポータルサイトを隅から隅まで確認し、アニメ分野のほんの一部にロリコンアニメが載っているのをすでに発見していたのであった。「あの~、人権擁護委員の笛美ですが、オタクのサイトにロリコンアニメが掲載されていますねぇ。」 この電話がかかってきたとき、「また三十万円ふんだくられるのか?」という不安がよぎった。そこで今度は、ちょっと賢いロリ部の担当者にまかせることにした。

 笛美の説教はあいかわらず一方的だったが、ロリ部の担当者も負けてはいなかった。「しかしボクらのような二次元の美少女アニメにしか喜びを感じない者にも人権はあります。ロリコンを差別をしないでください。人権擁護法にだって・・・」

 
     人権擁護法案 心得の条
第二条 この法律において「人権侵害」とは、不当な差別、虐待その他の人権を侵害する行為をいう。
5 この法律において「人種等」とは、人種、民族、信条、性別、社会的身分、門地、障害、疾病又は性的指向をいう。

それにこんな条文だってあるじゃないですか。ロリコンだって性的指向の一つです。

 
     人権擁護法案 心得の条
(人権相互の関係に対する配慮)第八十二条 この法律の適用に当たっては、救済の対象となる者の人権と他の者の人権との関係に十分に配慮しなければならない。

 ところが笛美は、その条文をまったく意に介さずにまくし立てた。「私はあなたのためにやっているんですよ。あなたは間違った教育を受けてきたから女性に対する人権侵害に気がつかない。あなたは可哀相な人なんです。だからこうやってあなたが真実に目覚めて人間らしい人生が送れるように、あなたの人権を守ってやってもいるんです。」 おお、権力を握った者の主張する人権が他の全ての人権を支配下に置いてしまうのか! レベルの低い人権として哀れみをかけられる“配慮”の対象になるのだな。

 彼の果敢な反撃は、しかしながら裏目に出てしまった。またもや資料の提出を拒否して三十万円の過料を課されたのはいうまでもない。そして一週間後、平穏を取り戻していつものように仕事をしていると何やら外が騒がしい。女性が大勢で叫んでいるみたいである。耳を傾けてみると自分の会社が呼ばれている。その声は、「女性差別・人権侵害の○×プロバイダーは出ていけ~!」と叫んでいるではないか。外に出てみると、「女性の真理普及会」というタスキをかけた40人くらいの女性集団がビルを囲んでいた。

 
     人権擁護法案 心得の条
第八十三条 人権委員会、厚生労働大臣及び国土交通大臣は、この法律の運用に当たっては、関係行政機関及び関係のある公私の団体と緊密な連携を図るよう努めなければならない。

 ま、まさか、人権委員会が裏から手を回したってことはないよね。(^^; それとも大臣が黒幕?(-_-; かくして周囲の人々から偏見を持たれて白い目で見られ、この会社は移転するしかなかった。しかし、いつまた人権擁護委員の魔の手が伸びてくるかと、心配でならなかった。人権とやらを啓蒙するために全国ネットで活躍しているそうだからである。

 それから数カ月後、女性への人権侵害を防止するためと称して問題のある会社が実名で公表されることになった。幸い彼らは社名を変更していたので大打撃こそ受けなかったが、それでも以前の会社名で加入していた古くからの加入者が離れていくのを阻止するのはひと苦労だった。だが、問題は一社にとどまらなかった。つぎに無実の告発をされるのは自分の会社ではないかと、どのプロバイダーも戦々恐々として仕事をする羽目になった。そして、ちょっと色っぽい女性の画像すら、自らのサイトに掲載するのに勇気がいるようになってしまった。

 だが一方で、人権擁護委員には見られないような秘密の場所に、これまで以上の過激な画像サイトがたくさん増えたという噂も流れている。「見つからなければ何をやってもいいのさ。自分たちの性的嗜好を楽しんで何が悪い。べつに他人に迷惑をかけているわけでもあるまいし。」 そんな意識がネットユーザーには広がっているようである。しかし、公式には実態は何ら確認されていない。誰もそんなことを自ら暴く人などいないからである。自分たちが楽しむ場所を自ら狭めていくのは大馬鹿者である。


 
 
 
 
 
 
 
 さあ、今日の悪夢はどうでしたか? 悪夢はまだまだ続きます。・・・といっても、私の頭のなかに次のアイデアが浮かんでくるかどうかで決まりますが。(^^ゞ そして、人権擁護法案が成立すると、これが現実となる日が来るかもしれないのです。
 

 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 

人権擁護法案を考える市民の会

人権擁護法案が成立すれば
あなたの何気ない一言、文章、絵が
誰かに差別的だと見なされた場合、令状なしで
家宅捜査、資料押収、出頭要求。
協力を拒否したら処罰されます。個人名も公表される場合があります。
 
人権擁護法案反対Flash(アニメーション)緊急特番 あぶない!?人権擁護法案 も御覧ください
この特番おもしろいですよ。一見の価値あり!
こんなマンガ(朝日新聞が推進している人権法案)もいかが?
 
続々と現われてくる人権擁護法案反対同盟
人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟


 
 
 
 
 
 
 
勝手にサポート 教科書再生!電脳教科書補完録(「つくる会を勝手にサポートする国民ネット」)
 
中学社会 新しい歴史教科書 (平成14~17年度 使用版)←「つくる会」の教科書の一部が読めます。
 
 
 
 
なお、2005年7月11日より前の時事評論は、「p(^o^) 和の空間」を御覧ください。
 
 
スポンサーサイト
【2005/07/15 23:21】 法律 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。