時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

さっそく賃上げ要求ストが中国で続発

 かつて私が「労働賃金が安いからといって日本企業が安易に中国進出するのは考えものだ」と言っていたとおり、さっそく賃上げ要求ストが続発しているもよう。

 《中国の日系企業などでスト続発[共同通信社:2005年09月27日 21時20分]》
 【北京・共同】中国遼寧省大連市にある日系6~7社を含む外資系約10社の工場で7月末から今月中旬にかけ、賃上げや待遇改善を求める中国人従業員のストライキが続発、計約1万人が参加していたことが27日分かった。日系企業関係者によると、市政府や公安当局が中心人物を拘束するなどして既に収拾した。

 日本の戦後経済を考えれば、こういう事態になるのは明白なはず。日本は自民党支配がずっと続いたから経済成長できたのであって、もし55年体制ができずにしばしば社会党が政権を握っていたら、日本の企業はボロボロになってバブル景気なんて夢のまた夢だったのだよ。(バブル景気は企業の力だけが理由ではないが、そもそもバブルで儲けられるだけの資金のある企業はほとんど育っていなかっただろう。) 中国は社会党どころか共産党支配だからね。日本企業はそこのところをもう一度よ~く考えよう~、お金は大事だよ~♪ 私には日本企業が中国熱をあげているのが信じられない。まあ、こんな先見の明のない人々に日本経済を任せていたら、日本は滅ぶなあと心配しているくらいだ。

 よろしいか? 賃上げや待遇改善要求のストが頻発するようになったら、人件費の高騰で採算が合わなくなる。雇用人数が多くなっていればいるほど経営危機になるのだ。または、従業員の首切りをして反感をもたれ、リストラされた労働者からの不買運動はいいほうで、いやがらせ的な破壊行為もなされる。従業員の“ストライキ”でも破壊活動が行なわれる可能性がある。日本のストライキはおとなしいほうだと思っていて然るべきだ。企業全体が一家というような人間関係で労使が協力してきた日本人の企業風土とは違うのだ。カネで進出して労働力を買って儲けを出しているドライな人間関係の上に成り立っている企業なのだ。労働者の要求が満たされなければ、企業なんかどうなろうと知ったことじゃないというのが彼らの心理だ。そこのところをよくわきまえておくべきである。

 
「歴史問題の勉強を」温首相[共同通信:2005年09月26日22時15分]》
 【北京・共同】日本経団連の奥田碩会長と日中経済協会(会長・千速晃新日本製鉄会長)訪中代表団は26日、北京で温家宝・中国首相と会談。奥田会長によると、温首相は小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題について言及しなかったが「(日本は)歴史問題をよく勉強してください」と求めた。歴史問題をめぐる日本側の対応に不満を示したとみられる。

 まあ、こういうときは不快な顔でもして帰って来ればいい。だんだんと経済人の間でも嫌中派が増えてきたような顔をして中国から撤退する用意でもしておくといい。賃上げ要求ストが続発するようになったということは、もうこれからは中国に企業進出して儲けるのは難しくなったということだから、“歴史問題”を逆手にとれば撤退のための大義名分になる。日本政府が何を言おうとも、また、日本国民が何を言おうとも、中国政府は“歴史問題”が対日カードとして有効だと思っているようだが、日本企業がこぞって撤退するとなったら中国政府のほうが“歴史問題”で譲歩せざるを得なくなる。

 日本人のほうが、中国に進出する日本企業に対するネガティヴ・キャンペーンでもはるべきなのだろうが、なにしろ投資家が目先の儲けしか考えていないからどうしようもない。このままでいくと、そのうち中国で儲からなくなって関連企業の株価が突然低迷し、個人投資家も機関投資家も大損をするという事態が起こるだろうが、そうなったら政府は介入せずに投資家には自業自得で苦しんでもらうしかない。そして、とばっちりをうける庶民も、その不満の捌け口を彼らへと向けるしかないだろう。先を読んで警鐘を鳴らせない庶民にも問題はあるのだが。もしそうなったらマスコミはもっとバカということになろう。

 日本企業も少しずつ東南アジアなどに企業展開をシフトしているようだが、これは歓迎すべきことである。おそらく東南アジアのほうが家族的結びつきは強いはずで、企業を運命共同体と見なすような企業倫理も中国よりは作りやすいかもしれない。儲けは薄いかもしれないが大損するリスクも小さいのではないかと思う。企業進出の海外拠点は東南アジアに置いて、中国労働力は使い捨て態勢でつねに撤退準備を整えつつ企業進出するというのが、日本企業の安全な海外展開ではないかと思うのだが。

 まあ、私は企業経営はほとんどわからないのでハズレかもしれないが、アジアに進出する企業トップには、これくらいのことは十分に考えてプランを練ってもらいたいと思うのである。

 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 
 

人権擁護法案を考える市民の会

 

人権擁護法案が成立すれば
あなたの何気ない一言、文章、絵が
誰かに差別的だと見なされた場合、令状なしで
家宅捜査、資料押収、出頭要求。
協力を拒否したら処罰されます。個人名も公表される場合があります。
 
■□■人権擁護法案反対VIP総司令部まとめサイト■□■
人権擁護法案反対Flash(アニメーション)緊急特番 あぶない!?人権擁護法案 も御覧ください
この特番おもしろいですよ。一見の価値あり!
こんなマンガ(朝日新聞が推進している人権法案)もいかが?
 
続々と現われてくる人権擁護法案反対同盟
人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟
 
 
国会議員情報局←人権擁護法案のほか外国人参政権や拉致問題などに関する態度の情報

 
 
 
 
 
なお、「p(^o^) 和の空間」では参考になるブログ記事のリンク集をつくっていますので、ぜひ御覧ください。
 
 
 
 
 
 

 
世界がさばく東京裁判―85人の外国人識者が語る連合国批判
佐藤 和男
価格: ¥1,680(税込)
 
東京裁判を厳しく批判したのはパール判事にとどまらず、世界の司法の権威、安全保障、外交および国際政治学の権威の多くが、厳しい東京裁判批判を展開していた。
 

 
歴史洗脳を解く!―ネット授業で大学生はどう変わったか
栗原 宏文 (著)
 
価格: ¥1,785(税込)
 
歴史認識をテーマとしたメディア批判論。
 

 
日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景 シリーズ日本人の誇り
楊 素秋 (著)
価格: ¥1,365 (税込)
 
「日本人は、日本人であることを大いに誇っていいのです。昔の日本精神はどこにいったのですか! 私はそう叫びたいです」 終戦まで日本人として生きた台湾人女性が証言する、当時の日本人像とは。
 

 
帰らざる日本人―台湾人として世界史から見ても日本の台湾統治は政策として上々だったと思います シリーズ日本人の誇り (2)
蔡 敏三 (著)
価格: ¥1,470 (税込)
 
私達が、祖父母や両親からきちんと語ってもらうことの出来なかった戦前、戦中、そして戦争直後のことを、日本時代を経験された台湾の「日本語族」の方々に語って頂いたものです。
 

 
母国は日本、祖国は台湾―或る日本語族台湾人の告白 シリーズ日本人の誇り (3) 柯 徳三 (著)
価格: ¥1,470 (税込)
 
台湾と中国大陸は違うんです。私の思う日本精神とは、人間性のある素直な精神です。捻くれた人間ではなく、真面目で正直だという事でしょう。これは、私だけでなく、日本時代を経験した台湾人は一般的にそう捉えています。
 
 
 
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
スポンサーサイト
【2005/09/27 23:03】 政治 | トラックバック(1) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

企業倫理とは

企業倫理とは具体的にどのようなものなのか。 企業倫理は、一般的な倫理や道徳とは少... コンプライアンスとは何か。【2007/01/08 12:25】

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。