時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

歴史教科書の選定に口出し無用!

 
 歴史教科書の選定をめぐって、また一悶着ありそうである。「新しい歴史教科書をつくる会」の歴史教科書が栃木県大田原市で採択される公算が大きいのだが、またもや反対騒動が起こるのではあるまいか。そうなったらブログなどで大いに非難しよう。各教育委員会は、各地の実情に合わせて選択しているのだろうから、部外者が騒ぎ立てる問題ではない。どこの教科書が選ばれるのであれ、周りの者は、委員が落ち着いて判断ができるような静かな環境作りに協力すべきなのである。


「つくる会」教科書選定へ、市町村で初…栃木・大田原(2005年7月12日3時4分 読売新聞)
 栃木県大田原市の市立中学全7校(生徒計約1660人)で来春から使う歴史教科書について、大田原市教科書採択協議会の調査員会は、「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが執筆した扶桑社発行の教科書が望ましいとする報告をまとめた。

 同採択協議会は12日開かれ、この報告を基に同社の教科書が選定される公算が大きい。市教委は13日に正式に採択を決める方針。

 大田原市は、1市単独で採択協議会を作っており、調査員会は、8社ある中学歴史の教科書のうち2社のものを推薦し、そのうち扶桑社の方が望ましいとしている。同社の教科書については、同市教委内や学校で「日本文化に対する誇りと愛情をはぐくむよう配慮されている」などの声が多いという。

 これは調査員会たちの冷静な判断と思われるし、“学校で”高い評価をしている声が多いということは最大限に尊重されるべきである。学校や教育委員会が良いと思うものを教科書として選ぶのが当然である。反対派は、そんなに自分たちの歴史認識が重要だと思うのなら地域で社会教育でもすればよろしい。

つくる会の教科書を選定(2005年7月12日 読売新聞)
 栃木県大田原市の教科書採択協議会は12日、市立中学全7校で来春から使う歴史と公民の教科書に、「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが執筆した扶桑社発行の教科書を選定した。

 同市教委は、13日の委員会で正式に採択を決める方針。

 協議会は市内の公民館で非公開で行われ、採択に反対する市民ら8人が集まった。同市役所には、賛否双方の電話やファクス、電子メールも相次いだ。

 電子メールやファックスくらいならいいとしても、反対派市民が集まるというのはどうかと思う。ほんとうに大田原市の市民なのかどうかアヤシイところだ。4年前の採択時のような不当な圧力がかからないことを望みたい。



 で、その反対派を煽っているのは(?)あいもかわらず朝日新聞である。

韓国団体 つくる会教科書「採択しないで」(朝日新聞 2005年7月12日)
 東アジア共同の歴史認識を考えるため韓国国内の約90の市民団体が結成した「アジアの平和と歴史教育連帯」は11日、県教委に中学校歴史教科書の採択に関する要望書を提出した。

 団体のメンバーは、埼玉大学で10日にあった教科書採択を考えるシンポジウムのために来県していた。埼玉県の子供がアジアの平和と共生の担い手に育っていくため、「新しい歴史教科書をつくる会」主導で作られた扶桑社の歴史教科書を採択をしないよう求める内容。

 梁(ヤン)美康(ミガン)常任運営委員長は「歴史認識は違っても事実は一つ。つくる会の教科書は従軍慰安婦などの歴史的事実を記しておらず、日韓の葛藤(かっとう)を助長するものだ」と訴えた。

 朝日新聞は自分らの主張は極力表に出さないで、他人の褌で相撲をとるのがお得意。そもそもこの“従軍慰安婦”なるもの、どこの新聞社が大々的に宣伝したんだったっけ? anti-nationalismのためにはinternational-ismを使うというわけだ。「No!と言えない日本」を逆手にとろうというわけだ。これからの日本には、外圧に負けないナショナリズムが重要になってくるだろう。


 で、韓国はあいかわらず批判的論調である。下記の社説となると、もう呆れるの一言である。

【社説】歪曲教科書を集団採択させるのか(中央日報 2005.07.12 20:48:50)
 日本の良心と市民社会は結局、歴史歪曲勢力に屈服するのか。日本で歴史歪曲教科書の採択と不採択をめぐり、歴史歪曲勢力と良心的市民勢力が対立する中、日本栃木県大田原市の7つの市立中学校が歴史歪曲教科書を採択すると伝えられた。

大田原市教科書採択協議会調査員会が扶桑社版教科書の採択が望ましいという見解をまとめ、これの最終決定を13日に控えているという。

大田原市のこうした決定は、歪曲された歴史認識を持つ日本の一部の政治家らと彼らに付和雷同する勢力に、日本の市民社会が同調する姿として映るかもしれない。これはまた、周辺国と世界の良心勢力の憂慮にもかかわらず、日本が急速に保守右傾化の道を進み、日本の良心的市民運動勢力がますます力を喪失していくことを象徴的に見せている。

一部の右派と誤った歴史歪曲主義者らが日本社会で多数市民の支持を受けた場合、これは周辺国に対する深刻な脅威であり、アジア平和のためにも決して望ましくない。また、これは結局、日本社会の未来にも深刻な脅威にならざるをえない。

周辺国と世界に甚大な物的・人的・道徳的被害をもたらした日本軍国主義侵略戦争と植民地支配を称賛・美化する歴史教科書が、日本の未来とアジアの平和・安全にどんな寄与ができるだろうか。こうした教科書はむしろ、日本の未来とアジアの未来に甚大な否定的影響を与えるだけだ。

過去、日本の一部の軍国主義勢力と彼らと結託した一部の妄動的政治家らが日本を戦争へ導いたように、歪曲された教科書で歪曲された歴史を学ぶ日本の未来世代が果たして日本をどこへ導くのか、憂慮せざるをえない。

日本とアジアが新しい和解と協力に向けた共存の知恵と歴史を学び、これを作っていくためにも、良心勢力は歴史歪曲勢力に屈してはならない。日本良心勢力と市民社会の奮発と団結が必要な時だ。

 「つくる会」の教科書は、“騒がしい批判”のみならず“静かな支持”も集めている。これまでは大声の騒がしい人間が正しいかのように見えていただけである。

 それに歴史を美化・歪曲しているのは中韓のほうではないか? 大日本帝国が大量な資金を投入して朝鮮半島の近代化に重要な貢献をしたことを韓国は無視していないか? 中国は、自国民やチベットその他の周辺国に何をしてきたかをなぜ詳しく記述していないのか?

 彼らのいう「良心」は、我々の考える良心とはだいぶ違う。我々の考える良心は、客観的に事実を把握した上での相手への思いやりである。親日派を政治弾圧するような言論の自由のない国には、普遍的に通用する良心など存在しえない。その声は、盲目的にただ反日を叫ぶだけの劣悪なナショナリズムにかき消されてしまうからである。そこで彼らは、自分たちの耳に快く響くニセモノの良心を「良心」と認識することになる。だが、真の良心は、非常にクールな知性に裏付けられているのである。ほとんどキレたような状態での価値判断は、まったく良心の仕業ではない。歪んだ良心ほど恐ろしいものはない。



 ついでに、東京・有楽町の日本外国特派員協会で7月6日に行なわれた討論会についても言及しておこう。

歴史教科書めぐり討論 特派員協会主催、6氏参加(朝日新聞 2005年07月11日10時46分)
イタリア人記者は「南京大虐殺の死者は何人なのか」と質問。西部氏は「当初言われていた30万人というのはうそ。3000人、2000人という研究結果が出ている」。王氏は「死者数が問題ではない。日本軍の非人間的行為に対する責任が問われている」と述べた。俵氏は「軍人・民間人合わせて15万人以上というのが定説だが、一人一人の死者の思いを伝えていく教科書を作るべきだ」と話した。

 「死者数が問題ではない」のだったら中国は客観的な人数を記述すべきである。現代の日本は、大日本帝国が喧伝した皇室の伝統など“客観的でない”歴史認識が道を誤らせたのだと認識している。だが、皇室の伝統に関するかなり客観的な認識が浸透した後でも、日本人は皇室に対する敬愛の念を失っていない。重要なことは客観的な認識のあとでも存続するのである。歴史的事実を誇張することのほうが、かえって反動として歴史を無視する態度につながる。中国は、もっとそのような反動を考慮すべきである。

 この討論会に出席した西村幸佑氏(ジャーナリスト)は、海外特派員協会の討論会(酔夢ing Voice 2005年07月09日)というブログ記事を書いているので、参考にするとよいだろう。とにかくレベルの低い討論会だったようである。朝日新聞は、こういうのを好んで記事にするのである。





人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。


スポンサーサイト
【2005/07/12 23:38】 教育 | トラックバック(1) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

栃木県大田原市教委、扶桑社版教科書採択

昨日の読売社会面にスクープ記事が載りましたが、左翼は大慌てで決定を覆そうと躍起になっています。教科書情報資料センター:【緊急行動要請】栃木の大田原市があぶない!! 大至急、不採択の要請を大田原市教育委員会へ激励メール、ファックスを引き続きお願いします。大田原 なめ猫♪【2005/07/13 08:52】

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。