時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

国籍法を考える(1)国民無視の強行採決

 どうせ今日、参議院で可決成立してしまうのだろうが、無駄だと分かっていても書かざるをえない。「国籍法」というのは、日本人とは何か、誰が日本人なのかを決める重要な法律である。こんなに重要な法案を、国民に何も知らせないで議論不足のまま可決成立するのはひどすぎる。

 そもそもこの問題が発生したのは《平成20年06月04日 最高裁判所大法廷 判決》による。それについて桜井誠氏が街頭で批判演説をしている。

 
12.3 最高裁判所に抗議 桜井誠
 
 

 そして、これが日本の民主主義の実態だ!


【日本人を粛清せよ!】音声を止めろ!速記を止めろ!【言論封鎖で騒然!】

 丸山和也(自民党)議員が採決前に発言を求めたが、千葉景子(民主党)議員がそれを制止するよう手で合図し、澤 雄二(公明党)参議院法務委員長が速記をやめさせて音声も消させている。こういうのを言論封鎖というのではなかろうか。しかし、この丸山議員が法案には賛成したというのは、ちょっとどうかしているとも思うのだが・・・。

 これまでに、山谷えり子(自民党)・田中康夫(新党日本)・白真勲(民主党)の議員が委員を辞任したそうで、おそらくは反対派だったのだろう。代わりに、小池正勝(自民党)・松浦大悟(無所属)・鈴木寛(民主党)の各議員が入ったそうだが、この人々はおそらく賛成派なのだろう。参院ではいちど委員会採決が延期になったから、賛成派でゴリ押ししようとしたのではなかろうか。

 

 このような国籍法改悪がなされるなら、私はもはや自民党も応援しない。

 
 

 民主党は付帯決議で「父親と認知された子が一緒に写った写真の提出をできる限り求める」としているが、それだけでいいのか? 写真なんていくらでも合成できるではないか! それどころか逆に、うまく合成できた多数の写真に合致するような都合のいい作り話をどんどん重ねていけば、役人は簡単に欺ける。

 種馬ビジネスがありうるということは改正反対派が主張している。狙われるのはおそらく多重債務者。金が欲しければ指定する外国人女性との間に子どもを作り認知しろというもの。「いやなら金をすぐに返せ」と脅迫されたら、やらざるをえない。そして、どうせ彼らは自分の稼ぎでは子どもを養えないのだから生活保護を受けることになる。そして、その金もむしりとっていく。女は、子どもを夫に押しつけて姿をくらまし、性産業で働くのだろう。そこまで役所が追跡調査するとは思えない。そして、在留許可の期間が切れるので、子どもが成人する頃に帰国する。あるいは不法滞在する。

 もうちょっと悲惨な可能性としては、この外国人女性からも父親からも見捨てられた女子が、小さいうちからアンダーグラウンドで性産業に奉仕させられることがありうる。種馬ビジネスまで利用して日本に留まろうとする外国人女性は、自分が在留許可を得られれば娘のことなんか知ったことではないだろう。これに関しては日本人の尺度で測らないほうがいい。「誰かが面倒をみてくれるなら私は知らない」という生き方もある。

 これからはさらに、人工授精だって盛んになってくるだろう。多重債務者などに精子を無理やり提供させ、大量に子どもを作らせ、「間違いなくおまえの子だから認知しろ」と脅迫する。あるいは、性産業でコンドームについた精子を使って人工授精するとか・・・。みなさん、自分の精子の管理には十分に注意しましょう。←単純に(笑)で終わらせられないところがコワイ。さらに原始方法では、外国人女性に襲われて精子を奪われ、いずれ認知を強要される。男性諸君、夜道には注意しよう。←これも冗談で済ませられないところがコワイ。

 

 我ながらなかなか想像力が豊かだなあと笑ってしまうが、こんなことまで書いて反対運動をしなければならないのが口惜しい。政治家は、もっと世の中のダークサイドまで考えて立法してほしいものだ。

 

 また、きちんとした機関のDNA鑑定書を使えば、父親も役所も認めざるを得なくなるだろう。「DNAも親子を示しているし認知だけでいいのになぜ国籍が認められないのか」と裁判を起こされることになる。すべては、婚姻という形をとらなくとも認知だけで国籍を認めるという方式に変えるから起こることである。結婚をしていなければ国籍を認められないとなれば、こんなメチャクチャな国籍獲得の方法をとる人はいなくなる。

 国籍取得の手続はそう簡単ではないという法律家の見解もあるようだが、いまだ国民になっていないにもかかわらず「法の下に平等に反する」と違憲判決が出たくらいなのだから、それこそ「DNA鑑定で確実にこの父親の子だと認めうるのだから国籍を与えろ、さもなくば憲法違反だ。」ということになると、脅迫によって手続きに連れて来られても、それはもはや父親の問題ではなくて子どもの問題なのだから、日本国籍は与えられてしまうだろう。最高裁判決が、「これは子どもの人権の問題だ」と規定したことが重大な論点なのである。

 しかしながら逆に、認知のみによって国籍が取得できるとなると、それを悪用するために子どもを道具として使う人々が出てくる。すなわち、法改正によって将来の子どもに対する人権侵害が誘発されるのである。今問題になっている子どもたちは、日本国籍がほしいのなら成人してから帰化するように国で援助すればいい。その子どもたちがきちんと日本国のことを勉強して日本国を大切にする心を養っていけば、この問題は解決しよう。人権救済はそういう形でなされるべきである。日本人同士の間に生まれた子だって愛国心を養うように教育される。とくに外国人女性との間に生まれた子は、母親の文化が違うので愛国心をふつう以上に学び身につける必要がある。

 

 だが、これが実態だろう。《衆議院議員河野太郎発行メルマガ「ごまめの歯ぎしり」》のコメント欄152.から引用。

 医療機関に勤めているものですが、最近では生活保護の診療依頼書をもった外国人女性が増えています。
 彼女たちは日本のビザや永住権や国籍が欲しいため日本人男性と愛情の無い偽装結婚して一応子供を作ります。日本人男性は外国人の奥さんをもらえることだけで本当の愛と信じようとしていますが、結局永住権をもらったり子供ができたら即離婚です。
 そして片親の保険証を作りまず子供の医療費を無料にします。自分は生活保護をもらい、そして外人バーなどで働きます。生活保護がもらえたら本国から家族を呼び寄せ、同国人の彼氏と同居しながら(または結婚し、ビザをもらう)生活保護で生活します。医療費、もちろん無料です。
 一家一人も純粋な日本人が居なくても、日本の国民の納めた税金や、健康保険料を使って無料の恩恵を受けています。そして自分が働いて得ているお金は申告せずに税金もはらいません。こういう人が本当に多く、自分の納めた医療費からこいつらの治療費が出ていると思うと腹立たしく思います。
 こういう実体をもっと知ってください!これからどんどん増えます! 私たちが一生懸命苦労しながらしぶしぶ納めている税金や健康保険料が、こういうアメーバー達に侵食されています。そして、彼らには日本を良くしようとか、日本が好き(文化)等という高尚な考えはありません。外国で、寄生して生きていけると思っているだけです。
 
コメント by natuki — 2008/11/18 火曜日 @ 4:03:06
 

同じくコメント欄247.より引用。

うがったみかたとして、わざと虚偽認知をも黙認して多数の未成年外国人を日本国民として受け入れる事で「移民政策の一環」として機能させる狙いがある、という説を見受ける事がありますが、この考え方には落とし穴があって、
 
外国在住のまま偽装認知の手続きを現地の日本大使館に申請すれば、何も日本に移住することなく、子の日本国籍取得だけ果たす事が可能である
 
ので、必ずしも移民政策の足しにはならず、しかも国外に居ながら成人すれば国政選挙の選挙権すら得てしまうので、日本国に敵対的な集団が計画的に偽装認知を経て多くの票を有してしまうと日本国にとって極めて忌々しき事態に陥ってしまいます。
 
ですから、誤った見方で「事実上の移民政策になって日本の利益になる」と考えてしまうのは的外れで、むしろ日本の国益を著しく損ねる惧れのある非常に危険な路線であると言わざるを得ません。
 
コメント by k — 2008/11/18 火曜日 @ 6:06:57

結局は選挙権が外国人にバラ撒かれて政治が不安定になるのである。

 

同じくコメント欄378.より一部引用。

Q. 偽装は厳しく取り締まる、って擁護派の人は言ってるけど?
A. 不可能です。日本の認知制度は、「意思主義」。つまり、「真実、自分の子でないと知っているが、子として育てたい」というのを広く認めます(判例)。父親に認知の意思があるときにDNA鑑定や、性的関係の存在は不要です。したがって、多重債務者やホームレスが「中国のかわいそな子を認知して自分の子とした」といえば、偽装でも何でもなく、合法です。取り締まりようがありません。
 
 

 なんだかバタバタしているうちに決まってしまって、私もゆっくり考えている暇がなかった。しかし、たとえこの国籍法が改悪されたとしても、あえて考察を続けてみたいと思う。

 
 
 
 
人気blogランキング
↑国籍法改正に反対の方、、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
【2008/12/05 06:00】 法律 | トラックバック(0) | コメント(1) |

コメント

国籍法参議員本会議
投票総数 229   賛成票 220   反対票 9   欠席 11 

反対票 9      
国民新党 亀井亜紀子 亀井郁夫 自見庄三郎 長谷川憲正 森田高     
新党日本 田中康夫    
民主党 外山斎     
無所属 川田龍平 田中直紀     
          
欠席 11
民主党 石井一 木俣佳丈 輿石東 藤原正司 前田武志
自民党 有村治子 岩城光英 衛藤晟一 岸宏一 島尻安伊子 松田岩夫
【2008/12/05 18:20】 URL | #z8Ev11P6[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。