時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

長野の聖火リレーは成功?

 私はテレビとネットでを見て回っていただけなので、現場が実際にどうだったのかは知らないが、私の予想よりも小競り合いが激しかったように思える。おとなしい日本人もだんだんと世界標準に近づいてきているのだろうか?

 

 まずは全体的な記事から。

歓声と怒号、市民不在=卵投げつけ、乱入…-混乱の中、聖火リレー・長野

(4月26日14時1分配信 時事通信)

 投げつけられる卵、立ち止まるランナー、乱入する男-。長野市で行われた北京五輪の聖火リレーは、妨害行為が相次いだ。沿道は中国国旗とチベットの旗で埋め尽くされ、平和の祭典を象徴するイベントは「市民不在」で進んだ。
 
 午前8時24分、小雨がぱらつく中、県勤労者福祉センター跡地の出発式で聖火が点火された。第一走者の野球日本代表監督の星野仙一さん(61)が右手にトーチを掲げ、2列の警察官に囲まれてスタートした。
 
 「中国、加油(中国、頑張れ)」。大きな中国国旗を振り、声援を送る中国人の集団。「星野、頑張れ」という日本人の観客の声はかき消された。
 
 善光寺近くのコース沿道は、中国人留学生やチベット支援者であふれ返った。中国国旗とチベットの旗の数はほぼ同数。「フリーチベット(チベットに自由を)」「ワンチャイナ(中国は1つ)」。双方が大声で叫ぶ。リレー走者が近づくと、歓声と怒号が入り交じり、歩道から車道に乗り出さんばかりに。
 
 国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」のロベール・メナール事務局長(55)は五輪のマークを手錠に模した横断幕を無言で掲げた。
 
 JR長野駅前では、タレントの萩本欽一さん(66)の走行中、紙束が投げ込まれた。並走する警察官が盾を構える。別の路上では卓球女子の福原愛さん(19)の前に男が飛び出した。立ち止まる福原さん。男はその場で逮捕された。午前10時25分、ランナーとなった崔天凱駐日中国大使が休憩地点のエムウエーブで、トーチを高く掲げた。
 
 その後も、男が聖火の列に向かって卵を投げつけ、逮捕された。トマトを投げ付けた男ら2人も現行犯逮捕された。 
 

 まず、何よりも異様に感じたのが、かの赤い旗(五星紅旗)の多さと中国人の連呼の声である。

 
長野聖火リレー スタート地点での騒動 Relay in Nagano

 赤い旗で沿道が埋めつくされたという感じだが、チベット支援者はむしろ沿道からやや遠ざけられたみたいである。警備側の指示によってゴール地点にはチベットの旗をもった集団は入れず、中国人だけが入れたという。また、警備は中国人には甘く、日本人には厳しかったという。これはチベット支援者側の言い分だが、私は少し違った見方をしている。

 催されているのはオリンピック行事の一部であり、 あ れ で も 中国人は聖火リレーを応援しに来ている。それに対してチベット支援者は、“この”オリンピック行事そのものとは直接には関係がない抗議行動をしている。となれば、中国人応援団が優先されるのは筋だろう。警備は聖火リレーを成功させるためにやっているのだから。警察までが中国の犬になりさがったかというのは少し違う。純粋に応援しようという日本人ならば差別されなかっただろうと想像される。

 ちなみに、マスコミが中国の顔色を伺って「沿道は大歓迎ムード」と書くならば、後日、こんな抗議活動もあったと検証報道をするのが筋だろう。警備側は抗議集団を隔離して盛んに「ご理解ください」と繰り返していたそうだが、せめてマスコミがこのような事実を明らかにしていかなければ、抗議する側は理解もできないだろうし、非暴力的なやり方の抗議活動が一般人の目に触れないように隠蔽され続けば、いずれ暴動にも発展するだろう。

 ただ、中国人の応援のしかたも異様である。まず、「日本の五輪代表選手などが走っているのに「中国加油(中国がんばれ)」はないだろう。自分たちのことしか考えていない自己チュー国の人々ということが露呈された応援である。彼らがあれだけ大きな中国の国旗をたくさん掲げているにもかかわらず五輪旗をほとんど全く掲げていなかったという点が、まさしく彼らの五輪軽視を象徴している。何を集結したのか。ただ自分たちの国威発揚のためだけだったのではないか。やはり「五輪よりも中国」という意識が彼らには強かったのではないかと思われる。

 そんな彼らに日本の旗を振って日本選手を歓迎しろと要求するのは無理な話だろうが、それにしても会場に日本の旗がほとんど見られなかったというのはどういうことか!

(^o^)ノ ハーイ。日教組の「日の丸」敵視教育の成果で~す。

 ま、それはさておき、ゴール地点で抗議したかった人々はむしろ五輪旗を掲げていけば隔離されなかったのではなかろうか。しっかり場所を確保したあとで「フリーチベット!」と叫べばよかったかもね。(^^ゞ 対立することばかりを考えているから、そういうことになる。うまく建前に沿った動きをとりながら決定的なところで主張するという戦術も学ばないと。

 また、政治的メッセージを備えた動画がYouTubeやニコニコ動画から削除されたのが民主主義的ではないという意見もあるが、この削除理由は放送局からの依頼であり、いわば著作権問題だと思われる。とくに公平中立を求められているテレビ局は、一方の主張しか前面に押し出さない使われ方をされると困るのだろう。(もっとも、映像使用は評論のための引用範囲内だと言えないこともない。) そういう問題があるのならば、自らの主張を貫くためには自ら取材した自前の画像・映像を使うべきだし、そういうものを著作権フリーとしてどんどんネット上にUPすべきではないかと思う。いつまでも他人のフンドシで相撲をとっているわけにはいかない。これからのネット活動の課題である。

 結局は、聖火リレーという催し物それ自体は、そんなに盛り上がらなかったのだろうと思う。もし中国人が集結しなければ、「そんな事あったの?」というくらい閑散としたものだったかもしれない。日の丸も五輪旗もほとんど見られなかっただろう。長野市民は、しっかりと旗を準備していたのだろうか? たぶん何の準備もしていなかっただろう。逆の意味で、つまり五輪とは関係ない政治対立で聖火リレーは盛り上がった。ま、これはこれで興味深い出来事だったと言える。

 
 
- ◆ -

 
 

 さて、私が注目したいのは、むしろ善光寺の法要である。これが最も日本らしい行為である。

 《本当に日本なのか? - 長野プチ・レポート(どうする日本! 2008年4月26日)》は、善光寺での法要を簡単にレポート。そして、下の動画は、僧侶の言葉が身に沁みます。

The torch relay will begin! At the time of Zenkouji
 
 

 新聞にもこんな報道が。

 
善光寺でチベット暴動の追悼法要、国境なき記者団も抗議活動

(2008年4月26日11時33分 読売新聞)

 聖火リレーの出発式会場を辞退した善光寺では26日午前8時15分から、在日チベット人約20人と、支援団体のメンバー、僧侶らが今年3月以降にチベット自治区・ラサなどで発生した暴動で亡くなった人への追悼法要を行った。
 
 善光寺は今月18日、「同じ仏教徒として、チベットの宗教者に対する弾圧を憂慮している」などとして、出発地点を返上。法要は「世界平和を考える機会に」と同寺も協力し行われた。
 
 法要に先立つ午前7時半、「SFT(チベット自由のための学生たち)日本」代表のツェリン・ドルジェさん(34)らが本堂前で、ダライ・ラマ14世が作った「無量の徳」を読経。出発式の時刻に合わせて本堂内で、「平和を願う僧侶の会」の会員たちが犠牲者の名前を読み上げ、ツェリンさんらと冥福(めいふく)を祈った。
 
 善光寺には午前6時前から、チベットの旗やプラカードを持った団体が集まったが混乱はなく、善光寺の事務局は「滞りなく法要も済ますことができ、安心した」とコメントした。
 
 善光寺三門(山門)前の参道では26日午前7時34分から、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部・パリ)のロベール・メナール事務局長(55)らが約15分間座り込みをした。リレーコースの「大門」交差点には聖火の通過後移動し、手錠をかたどった旗を掲げ、抗議のデモを行った。
 
 その後、JR長野駅構内に移動した午前10時12分ごろ、記者団メンバー数人と中国人の団体が小競り合いとなった。中国人のメンバーは、記者団が広げていた旗の上に畳2~3枚ほどの大きさの中国の旗を数枚覆い、2~3分間、「ワン・チャイナ」と連呼した。
 
 メナール事務局長は「大きなことではない。中国の人も、自分の考えを表現できているということはいいことだ」と淡々と話した。
 

 さてさて、問題を起こすかもしれなかった“国境なき記者団”だが、意外とおとなしく抗議をしてくれた。上記のごとく日本でいちばん発行部数の多い新聞にも掲載されたわけだから、抗議は十分に成功だろう。私としては、以下のような評価をしてくれたのがいちばん嬉しい。彼らは、日本がいかに民主主義的で多様な意見に開かれているかを世界に宣伝してくれたわけだ。

 
日本当局の対応を評価=「国境なき記者団」事務局長-五輪聖火リレー

(時事通信 2008/04/26-23:49)

 長野市で26日に行われた北京五輪の聖火リレーに合わせ、中国政府のチベット弾圧に対する抗議行動を行った国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部・パリ)のメナール事務局長は同日、リレーが「他の民主主義国家よりもはるかに成功を収めた」と述べ、日本当局の対応を高く評価した。AFP通信に語った。
 
 同事務局長は「ここでは良好な雰囲気の中、チベットの旗を振るチベット人と赤い旗を持った中国人が隣り合っているのを見ることができた」と強調。リレーでは妨害行為が相次ぎ、逮捕者やけが人も出たが、同事務局長は中国の若者が自由に自己表現できる「開かれた民主主義」を目の当たりにできたとの認識を示した。
 

 このような民主主義は、やはり当局(authorities)によっても支えられていたと言える。両勢力が暴行に及びそうになると積極的に両者の間に割って入り、両者を引き離していた。民主主義は、多様な意見の勢力を秩序内に収めるための権威(authority)が必要である。権威が過剰な権力に変貌する前に、日本人はある程度“わきまえ”をもった行動をとるだけの国民性をもっている言える。

 
長野県警に意見147件=「聖火見えない」「うるさい」

(時事通信 2008/04/26-20:26)

 長野市で26日行われた北京五輪の聖火リレーで、長野県警には同日、警備に関する意見や激励が147件寄せられた。「よくやった」と警備を称賛する声がある一方で、「中国の旗で聖火が見えない」などの苦情もあったという。
 
 県警が同日午前零時から午後1時半までの間、電話やメールで寄せられた意見を集計した。
 
 147件のうち多かったのは、沿道の中国人らに関する苦情で、「うるさい」「旗が大きくて聖火が見えない」など。
 
 厳重警備で聖火が見えないとの苦情はなく、「伴走警察官がすぐ対応した」「現場の警察官はよくやった」との称賛が3件あったという。
 

 日本人が聖火をもって走って、日本人が声援を送りたいのに、まわりの見物人のことも考えずにデカイ旗を振り回して、まったくハタ迷惑なんだよね。┐(´д`)┌ ヤレヤレ

 
 
 
- ◆ -

 
 

 中国人がもっと静かにやってくれればチベット支援者ももう少し静かにやっただろうにと思うのだが・・・。しかし、 あ れ で も 彼らにもある程度のセルフコントロールはあったのだろうと思う。

 
聖火リレー:集まった中国人5千人…黄色の腕章は統制役

毎日新聞 2008年4月27日 2時30分
(最終更新 4月27日 2時30分)

 聖火リレーの沿道を埋めた在日中国人は「全日本中国留学生学友会」や社会人を含め、5000人以上が集結した模様だ。事前の打ち合わせには大使館員が同席し「安全、文明、平和」を基本に活動するよう要請されたといい、チベット支援グループとの小競り合いが一部であったものの、暴力的行動に結びつかないよう統制がとられた。5月6日からの胡錦濤国家主席の訪日を控えて対日関係の悪化を避けたい中国当局の意向も反映しているとみられる。
 
 西日本の留学生約700人は、華僑団体から贈られた白いTシャツ姿でリレーの終着点を囲んだ。黄色い腕章をつけて参加者を統制していた「岡山県中国人留学生学友会」の王雪松会長(26)は「チベット支援グループと相対しても、興奮の気持ちを抑えられるように統制役を決めた。中国大使館や大阪の総領事館からも『何かあれば日本の警察に任せるように』と指導された」と説明。リレー終了後に行ったごみ拾いは「長野の人たちへの感謝の気持ちを示すため」と強調した。
 
 全日本学友会の役員は豪キャンベラでの聖火リレーで「中国当局が動員をかけた」との報道は長野のケースでは当たらないと指摘した。【成沢健一】
 

 彼ら自身もセルフコントロールしていたのだし、それさえもきかなくなったら日本の警察のコントロール下に入るというつもりだったのだろう。(つもりだけで、実際はどうかわかったものではないが。) 彼らのセルフコントロールされた行動規範も、たとえば自動車の窓から大きな旗を出して走行するなどという違法行為もあったようだから少しばかり疑問符もつくが、集団が全体としてコントロールがきいている状態こそが民主主義を維持するための不可欠の条件であると言える。

これっていいの?

 諸外国に比べて日本は当局が甘くなりすぎているわけだが、“分をわきまえる”態度を保持しているからこそ、それでも民主主義が高度に保たれている。自己主張だけして分をわきまえないのでは、決して民主主義を高度なまま保てない。無制限に自己主張して良しと考えるのは、民主主義のはき違えと言える。民主主義の先進国と思われているヨーロッパ諸国は、個人の発言の自由だけを民主主義の成立根拠と考え、思想的にはその範囲でしか議論していないのだろうし、それを先進政治思想として受け売りする“民主的 ”政党や“民主主義 ”教育が跋扈しているわけだが、もっと根本に立ち返って哲学的に検討されなければならない。

 ところで、当局は不正義であるという考えは一理ある。今回の聖火リレーでも、おそらくは中国人の数が警備側の管理能力の限界を越えているので、むしろ抗議する側をコントロールして暴動に発展しないようにしたというのは、あり得ることだ。これは正義ではないかもしれないが、デモクラシーすなわち“多数者の支配”の結果でもある。したがって注意したいのは、立場が違いすぎる余所者を入れすぎて多数者にしてはならないということである。当局は必ずしも正義ではなく、平安な秩序を守るためにはどちらにも転がる。民主主義を根本から支えるためには、そのような力関係まで考慮に入れなければならない。また、少数者になった正義を守るためにジャーナリズムは必要でもある。しかも言葉によって煽動するのでなく、冷静に筋立てて説得していくことが必要である。言いたい放題が言論の自由だとしか考えないジャーナリズムは、民主主義の果実を貪っているだけであって、民主主義には貢献していない。

 「中国人は何様だと思っているんだ!」という批判は多い。これはまさしく行動規範の違いに起因する。日本にいるかぎり日本の行動規範に従ってもらわねばならない。それが最もよく在日外国人が日本人に受け容れられる道である。行動規範が共有されていればこそ平穏な日本の社会を享受できる。もし日本の行動規範を拒否するならば、その外国人が拒否されるのは当然だろう。犯罪者が国外退去を命ぜられたりするように、日本の社会ルールを軽視する外国人が嫌われるのは当然である。外国人差別とかそういう問題ではない。日本人だって社会ルールを守らない人間は嫌われるのだし、日本によくなじむ外国人を日本人は歓迎する傾向にある。

 ちなみに、ごみ拾いは「長野の人たちへの感謝の気持ちを示すため」というより当たり前にすべき行為である。ま、日本人もこういうルールが守れない人間が増えてしまったのは非常に残念だし、中国人を批判できるのかと反省すると、困ってしまうが。

 

 ところで、某SNSの日記には、

留学生2000人は600人に下方修正になったそうです。(外国人登録証の携帯だかで仲間割れしてるそうですw)
という記述があった。ま、信憑性がどれだけあるのか分からないが、中国人留学生と称して不法滞在しているヤツらが沢山いるということだろう。留学生として自浄努力をしている点は評価したい。マジメに勉強しに日本へ留学している人々が、一部の不心得者によって評判を落とされるのは可哀相である。

 また、こんな日記もあった。

 事前の噂話に聞いていたほどには、中国応援団の方は傍若無人ではないと思いました。一対一で接したら、親しい友達にすらなれる人もいるのではという気がしました。激昂してつかみかからんばかりの中国の男を必死で制止している中国の女性も見ました。
 
 東口では乱闘が起こってしまいました。でも、日本側の参加者の中に一部、モラルの低い人がいたことは残念でした。「火」そのものや、「MEN IN BLUE」に向かってそれを言うなら主張としていいとしても、中国応援団に向かって「帰れ!帰れ!」と罵声を浴びせるのは、違うと思うし、挑発と受け取られたとしてもおかしくないと思う。
 
 そもそも、せっかく日本にまで来ている中国の人は、日本の主張を中華本国に伝えてくれる可能性を持つ人達なのだから、問答無用に帰れといったのでは、「日本人に排斥された。日本はひどい国だ。」という反感だけが残るだけで、何もいいことはないと思う。
 
 あと、帰宅後テレビで見たところ、今回、漢民族の方で中国政府の人権弾圧行為に反対している勇士がいて、当初日本人に混じってフリーチベットと叫んでいたところ、アンタ中国人なのになんでここにいるの?と言われたとのこと。見識の狭い日本人もいるものだなと思った。
漢民族でチベット支持者がいたというのも珍しいことだと思うが、日本人も中国人もいろいろなのだと思う。実際は、立場や国籍によって一括りに評価することはできない。

 
 
 
- ◆ -

 
 

 小競り合いや多少の暴力的事件はあったものの、全体として暴動に発展することはなかった。逮捕者も何人か出たが、じつに残念なことである。口頭による騒々しい抗議はいいとしても行事の進行を妨害するのはちょっと問題があるように思う。ただし、愛ちゃんの前に現われた男は例外である。

 彼は、台湾籍のチベット人2世だそうだ。この行為は進路妨害を第一の目的としたものではなく、チベットの惨状を世界に訴えるために、とにかくテレビに映ることを目的とした行為であったと言える。

「フリーチベット」の叫び届かず亡命2世、泣きながら乱入

(イザ 2008年4月26日 13:46)

 何のための、だれのための「平和の炎」なのか。26日、3000人規模の厳戒態勢の中で行われた北京五輪の聖火リレー。沿道を埋め尽くす真っ赤な中国国旗と、時折揺れるチベットの雪山獅子旗。出発式会場に一般客は入れず、平和の祭典を象徴するイベントは「市民不在」で進んだ。「チベットに自由を」「ゴーゴーチャイナ!」。チベット問題を訴えるプラカードも掲げられ、タレントの萩本欽一さんや卓球の福原愛さんが走行中には男が取り押さえられる場面もあった。善光寺で知られる仏都・長野市は終日騒然とした空気に包まれた。(林英樹、永原慎吾)
 
 ハプニングは突然起きた。JR長野駅や善光寺周辺と比べて、比較的観客の数が少ないコース中ごろの沿道。「フリーチベット!」。チベットの旗を握りしめた男がロープをまたいで車道へ飛び出し、聖火ランナーの列に飛び込んだ。警官隊に取り押さえられ、地面に顔を押さえつけられながらも、「フリーチベット」の泣き叫ぶような声は消えない。
 
 男は、台湾に住む亡命チベット人2世の古物商、タシィ・ツゥリンさん(38)。「私はオリンピックに反対しているわけではない。ただ、チベットの惨状を全世界に訴える絶好の機会だと思っている」。この日朝、沿道の別の場所でチベットの旗を広げていたタシィさんは記者にそう話していた。
 
 タシィさんは、中国のチベット侵攻後の1959年、チベットからインドに亡命し、その地で生まれた。紛争は直接経験していないが、父親の壮絶な体験がタシィさんの心に刻み込まれている。
 
 父親は紛争の最中、政治的理由で中国公安当局に拘束され、死刑を宣告された。しかし執行の前日、一か八か、小さな窓から絶壁に向かって飛び降りて脱走、一命を取り留めた。その後、夫婦で当時7歳だった兄を連れて2週間かけて、命からがらヒマラヤ山脈を越えたという。
 
 「チベット独立は両親の悲願でもある。それを実現するためには、残りすべての人生を犠牲にする覚悟がある」
 
 チベット難民として暮らしたインドでは、常に「どこにも所属しないホームレスのような感じだった」。しかし、ダライ・ラマ14世の言葉に接し、考え方が変わった。「チベットはチベット人のもの。暴力を使わず、平和的に訴えることで、私たちの『自由』を取り戻したい」。
 
 タシィさんは25日夜に長野入り。タイの聖火リレーでも抗議活動に参加したが、そのときと比べると、日本のほうがチベット支援者が多いことに驚いたといい、「応援してくれる日本のみなさんに感謝している」と述べていた。
 

 
 穏健にチベット問題を訴える人たちもいた。市民団体「SFT日本」の代表を務める亡命チベット人2世、ツェリン・ドルジェさん(34)=名古屋市=らも長野入りし、「チベットに自由を チベットに人権を」と書かれた横断幕を握りしめた。
 
 「私たちは聖火リレーを妨害するつもりはない。ただ、中国政府にオリンピック精神に立ち返ってほしいだけ。自分の思うこと、感じること、自由に発言できる社会にしたいだけだ」
 
 SFTでは事前に、抗議をする場所や抗議方法について、長野県と協議を重ねていたが、ツェリンさんらの周りには、「ワン・チャイナ」と連呼し、中国国旗を翻す大勢の中国人たちが詰めかけ、その声はほとんどかき消された。
 
 チベットの中心都市、ラサでは中国人の人口がチベット人を超え、子供たちも中国語を話すようになっているといい、「このままでは私たちの文化や宗教は確実に跡形もなく消えてしまう」。
 
 この日、長野を訪れたチベット人らの多くは3グループに分かれて抗議活動に出かけた。あるチベット系中国人男性は「チベットに残してきた家族が中国の公安当局に尋問を受けており、顔や名前を出して抗議活動をするのは正直怖い」とこぼした。

 第三者なのだから日本人がものを投げつけたりするのは必ず自制すべきだろうが、彼は自分の祖国が消滅しようとしている状況のなかで“やむにやまれず”飛び出したのだから、大目にみてやるべきだろう。

 彼だけはテレビにもしっかり映し出されて、いちばん目立っていたと言える。亡命チベット人(の子)であるという意味でも、彼がいちばん抗議活動に成功している。まさしく象徴的な人物である。本来ならばチベット問題に体をはって抗議した人物として英雄扱いされてもいいように思う。ところが、ほとんどの新聞がこの背景を報道していないようだ。新聞はチベット人に完全に味方するスタンスはとらなくてもいいが、せめて軽い問いかけくらいの形でこの人物の行動背景を報道するくらいのことがあってもいいのではないかと思う。

 
 
 
 

で、最後に一句。
 
   聖火リレー 騒乱かかげ五大陸

 
 

せっかくだから、調子に乗ってもう一丁! (^o^)ノ
 
   「ワンチャイナ」「フリーチベット」護送リレー

 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
↓本をご購入の際はこちらからどうぞ。

 
 
 
スポンサーサイト
【2008/04/28 00:11】 政治 | トラックバック(1) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます【2012/04/18 06:15】

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。