時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

児童ポルノ所持で処罰だって?! (@o@;

 自民、公明両党は、児童買春・児童ポルノ禁止法を改正して、児童ポルノをただ所持していただけで罰するという方針を固めたそうだ。ということは、与党議員の過半数がこの改正に賛成していることになるのだが、私としては、なんでこんな危なっかしい法律改正をしようとするのか、理解に苦しむ。

児童ポルノ、持てば処罰で法改正へ…ネット流出に対処

(2008年3月9日 読売新聞)


 自民、公明両党は、児童ポルノの画像などのはんらんに歯止めをかけるため、児童ポルノを販売目的でなく、「単純所持」するだけでも禁じることとし、罰則の対象とする方向で児童買春・児童ポルノ禁止法を改正する方針を固めた。

 改正案は議員立法で、今国会中にも提出する方針だ。インターネットなどを通じて児童ポルノ事件の被害者が急増していることや、国際的に日本の対応が出遅れていることが背景にある。

 単純所持とは、販売や提供の目的でなく、画像や写真などを個人で集めたり、CDやDVDなどの記録媒体に保存したりすることを想定している。インターネット上での公開は海外からでも閲覧できるため、日本からの画像流出が問題視されている。

 この問題で、米国のシーファー駐日大使は11日にも鳩山法相と会い、児童ポルノの単純所持の禁止措置を日本が導入するよう求める。法務省によると、主要8か国(G8)の中で、児童ポルノの単純所持が禁止されていないのは日本とロシアだけだという。

 内外の情勢を受け、自民党は7日、法務部会の中に新設した「児童ポルノ禁止法見直しに関する小委員会」(森山真弓委員長)の初会合を開き、単純所持を禁止し、罰則を設ける議論を進めることを決めた。公明党も昨年12月に同様のプロジェクトチームを設置して法律の見直しを検討してきた。同法は超党派の議員立法で成立したため、自公両党は今回も超党派による改正案提出を目指す。

 児童買春・児童ポルノ禁止法は99年に成立。当時、単純所持について、罰則なしの禁止規定の盛り込みが検討されたが、プライバシー権の侵害につながるなど、様々な反対があり、見送られた。法務省によると、児童ポルノに関する事件の起訴数は99年は25件だったが、03年は214件、06年は585件と急増している。


 こんな法律を作ったら、国民に大きな影響を与えるひどいことが起こるのは目に見えていると思うのだが、なぜ国会議員たちは分からないのだろう? 私としては、ついついこんな想像をしてしまうのだ。・・・


 この法律が施行された当日、陣頭に立ってそれを推進してきた森山真弓議員宅に沢山の“プレゼント”が届く。中身をあけると、あれもこれも児童ポルノの写真やらDVDやらで、こんなメッセージが添えられている。「とっても可愛いと思うんですけど、もう自分は持っているわけにいかないので、“もったいない”から記念にセンセーに差し上げます!」 そして、部屋中が児童ポルノだらけになったところに、ピンポ~ン!と警官が訪問してくる。「匿名の方から、ここに児童ポルノを所持している人がいるとの通報がありまして・・・。あ、なんですかあれは? ちょっと見せてくれませんか? これは児童ポルノですねえ、ちょっと署まで任意でご同行願えませんか?」・・・といって応じるとそのまま
 

逮捕 ||Φ|(|゚|д|゚|)|Φ|| タイホー

 で、警察としてもいろいろと調べていると、どうも差出人に鳩山邦雄と書かれているものが多い。郵便なんてポストに投函すれば誰にも本人確認されないのだから、差出人はいくらでも詐称できるわけだ。それで警察官が鳩山法務大臣宅を訪問してみると、やはり同様の理由で部屋が児童ポルノでいっぱいになっている。そこで、「法務大臣も変わったコレクションをなさっているようで、参考までにちょっと署まで任意でご同行願えませんか?」・・・・といって応じるとそのまま
 

タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!

 ついでに、中国では“のび太くん”の異名をもつ福田首相の私邸敷地内にも、児童ポルノ業者から山のようなプレゼントが届けられて、「財産権の侵害だ!」というビラとともに放置され、そのなかには「ドラえもん」の問題場面がある本が混ざっている。二次元(マンガやCGなどの創作物)は今回の児童ポルノ禁止法の処罰対象にはならなかったものの、やがてなるであろうことに対する当てつけである。

 のび太くんが時々お風呂を覗きに行ってしまう(?)「しずかちゃん」は女子児童であり、マンガの中でのび太くんだって“青少年の健全育成”に反する行為を率先してやっているだろうが!・・・というわけだ。(笑)

 でもって、そんなに山のように児童ポルノが置かれている場所なんて近所から迷惑がられるだけで、やがて警察に通報され、同様にして事情聴取されてそのまま
 

タァ━━━━||Φ|(|゚|▽|゚|)|Φ||━━━━イホ!


 他の与党議員だって同様のことをされる可能性がある。そして、あっちの国会議員もこっちの国会議員も
 

||Φ|(|・|∇|・|)|Φ|| ガッシャン!


タァ━━━━||Φ|(|;|∇|;|)|Φ||━━━━イホ!


||Φ|(|;|_|;|)|Φ||  ガッシャン!      .


タァ━━━━||Φ|(|T|◇|T|)|Φ||━━━━イホ!   .


      ||Φ|(|´|∀|`|)|Φ||  ガッシャン!

 

 まあ、最初のケースから新聞屋がうろつきまわって面白そうな記事を書き立ててくれる。「エロ国家の実態が暴かれたのか? それとも警察権力の横暴か?」などという見出しが踊る。さらに週刊誌は、こんなに児童ポルノが国会議員に蔓延しているとなると、国会議員と闇の世界との癒着が・・・」などという根も葉もないヨタ記事を書いてくれる。そして国民は、「いやまったく、余計な法律を作ってくれたもので日本の恥さらしになってしまった・・・」などと嘆く。そしてさらなる政治不信が。(嗤)

 さて、そこで法律を改正しようとして与党議員が国会で「これは芸術であって児童ポルノではないから、不当逮捕だ」などと弁論していると、警察が国会中継を録画していて、かの議員に対して「ほうら、あんたも児童ポルノを“持って”説明しているじゃないか。このビデオが動かぬ証拠だ!」と、警察の胸先三寸で児童ポルノ認定されて
 

||Φ|(|´|゜|ω|゜|`)|Φ|| タイーホ

 逆に、それをご注進に警察に出かけていった野党議員までも、それを見せたときに、「むむっ、あなたはここまで児童ポルノを鞄に“所持して”やって来ましたね。そして今あなたは、手に“持って”児童ポルノを私に差し出しましたね。私ははっきりとこの目で見ましたよ。」・・・というわけで。
 

ガッシャン! ||Φ|(|T|◇|T|)|Φ|| なんでぇ~???

 青少年の健全育成を願って児童ポルノ排除の活動をしている“善良なる”市民も、証拠や例示のために所持していた児童ポルノを指摘され、ついには
 

ガッシャン! ||Φ|(|゚|∇|゚|)|Φ|| そ、そんな~

 
 

 もちろんこれは戯画化したものであって現実にこれと同じことが起こるわけではない。たとえば、国会開会中の国会議員の不逮捕特権などがある。ただ、こんな法律改正を推進している政治家に危機感をもってもらうために敢えてこのような書き方をした。

 だが実際に、ごく一般の人々もまた罠にかけられて罰せられ、しかもマスコミにいいように食い物にされるということが起こりうる法律であることは間違いないだろう。「陥れたい人間のところに児童ポルノをこっそり置いてきて、そのあと警察に通報して・・・」なんていう懸念は、ネットのあちこちに書き込まれている。児童ポルノ画像などの氾濫に歯止めをかけたいのはわかるが、もっと危なくない別の方策を考えるべきである。

 とくに地位も名誉もある人間にとっては、危険極まりない法律になりうる。某SNSの公開日記に、こんな書き込みがあった。(すみません、引用先がわからなくなってしまったので提示できません。)

この法律が怖いのは、この罪名で引っ張られた場合、その人の社会的信用は限りなくゼロに近づくという事だ。有名であればあるほどこの罪で起訴されなくても捕まっただけで、それがばれた段階で社会的に抹殺される事になる。また著名でなくても、普通のサラリーマンや公職についている人らがこの罪で捕まり、そしてその事が周辺にばれたら、同じ影響が起きるのは明白だろう。冤罪が起きた場合の被害は甚大だ。面白いなぁと思うのは、こうした犯罪と自分は無関係だと思っている人が案外多い事。少し小難しい言葉で言うなら「他者置き換え能力」と言うべきかとにかく「明日は我が身」と考える事の出来ない人が増えているのが少々不安になる。
 
しかもこんな裁量の曖昧な法律でも通したら、危ういですよ。まぁ私なんか社会の底辺で蠢いている人間だからどうってことないけれども、それなりの格を持って生活している人にしたら、脅威だと思うけどなぁ。社会的地位を落としたいと思っている人に狙い撃ちでもされたら最後だと思うんだけどね。所持だけでアウトというのは兎に角かなりの危険を伴う法律であり、しかも何を持って所持とするかの定義の裁量も曖昧だとトンでもないことになりそうだ。
 
日本は他の先進国に比べて児童ポルノ犯罪は桁違いに少ないのだが(アメリカが一部ヨーロッパの国が桁違いに多すぎるというのもあるが)そうした話もスルーされている現実を見るに、この法律を通そうとしている連中は一体何が狙いなのか良く分からないというのが私の感想である。

 まったくもってその通りだと思う。そもでなくても、マスコミはそういうシモネタには非常に敏感で、今でも社会的信用を落とすようなことを平気で誇大化して書き立てていたりする。ごくごく一般的な環境のなかでも、十分に冤罪か成立しうる法律なのである。さらにインターネット時代では、気づかずに児童ポルノを“所持”させられている場合だってありうる。これについては次回にしよう。

 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
↓本をご購入の際はこちらからどうぞ。

 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。