時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

那須御用邸から皇室が崩れていく

 那須御用邸の北半分を宮内庁から環境省に移管して一般開放するというニュースに関しては、すでに私の第一ブログ「p(^o^) 和の空間」《皇室財産の解体に着手か?》で意見を述べたが、非常に重要なことなのでこちらでも記事にしておきたい。

 他のブログを見てみると、まず第一に、自然が荒れるかもしれないという心配をしている人が多い。この一点だけをとりあげても、本当に一般公開がいいのかどうか十分に再考すべきである。環境省が自ら自然破壊に手を貸したなどということにもなりかねない。また、“恒久的に公開する”というような方針も疑わしく、これは自然破戒が進んでも閉鎖しないという方針を出したのと同じである。

 私の場合は、皇室用財産を公共用財産に変更するという点に大反対である。皇室財産との関連で論じているブログ記事は一カ所を除いて皆無だった。それだけ一般の日本人にとっては知らないことなのだろう。一般国民が知らないのはまだしも、政府の役人は十分にこの歴史的意義を知っていて当然だし、とくに宮内庁は現状維持をするために知恵を絞るのが当然の義務であったはずである。

 ここでもまた「陛下のご意向」が出てきているが、陛下は自然を国民と共に分かち合いたいとお望みなっておられるだけで、皇室用財産を公共用財産に移しかえたいと思し召しているとは思えない。今上陛下はとくに新しい方向を切り開くのではなく、戦後の昭和天皇の路線を継承することを目指しておられるようだから、むしろ皇室用財産は皇室用財産のまま現状維持を望んでおられるのではないか、と私は勝手に忖度している。

 憲法上は皇室財産は国に属し、皇室用財産という名称で実質的に残している。皇室という場合には二つの意味があって、一つは皇室祭祀などを存続させている私的な皇室、もう一つは国家機関としての公的な皇室である。三種の神器や宮中三殿などはいわば私的な皇室に属しているが、それ以外は皇居も宮殿も御用地もみな国家機関としての公的な皇室の所有(すなわち国家所有)になっている。これがいわゆる皇室“用”財産であって、いわば国家機関としての天皇の権威を減衰させないための装置だと言えよう。それを公共用財産にするというのは、国家機関としての天皇を軽んずる方向へ進めるということを意味する。天皇制の外堀は埋められつつあるといっても過言ではない。

 このような意味を理解していて当然の宮内庁が、平然と那須御用邸の北半分を環境省に移管してしまう(これによってこの地は皇室用財産から公共用財産になる)方針を打ち出したというのは、じつに不見識としか言いようがない。かりに一般開放するにしても、宮内庁に御用地公園管理の部署を作って環境省の役人に出向してもらうなど、いくらでも皇室用財産に変更をくわえないで開放する方法はあるだろうにと思う。

 このような伝統破壊的な方針を決定してしまう宮内庁長官は、即刻更迭されるべきである! そして、もしこの決定が首相の責任のもとにあるというのなら、安倍首相が「戦後レジームの清算」などと言っているのはお笑い種でしかなく、「これは戦後にまだ温存されていた戦前レジームを完全に払拭するという意味か?」と問いただしたくなる。また、このような決定に大いに激怒し反発しない自民党をはじめとする保守派政治家たちも、保守の仮面をかぶった社民党員か共産党員かと疑いたくなる。保守系国会議員には、もっと天皇や皇室財産の国家的な意義について敏感であってほしい。

 安倍首相には、この移管方針を再考してもらいたいと思う。もしそれをやらないようならば、不見識から皇室財産を大いに減少させる道を開き、天皇制の基盤を弱体化させた愚劣な宰相という評価を未来の日本国民から受けることになるだろう。

 
人気blogランキング
↑これはヤバイことが進行していると思う人は、是非こちらをクリックしてください。
 
 

 以下のブログ記事は、一般開放に反対または慎重意見のものを集めているが、単に楽しみという意見は全体の1割程度だったように思われる。半分以上は単にニュースを載せただけの記事だった。

 
ニュース:オヤジ・セレクション(来夢望瑠_日々平凡 2007年06月19日)》
↑ああああ..... 「国民」という名の(一部、かな?)「サル族」に台無しにされるのが目に浮かぶ。\(^o^)/ ゴマメおやじの予言なり。\(^o^)/ 陛下のご意思は、畏れ多くかつありがたいのですが.... 「環境省」なる役所とその役人にきちんと管理ができるとは信じられない 凡人おやじのつぶやきにて。\(^o^)/
 
> ちゃんと管理してね(ぽこにっき 2007年06月19日)》
↑入場制限とレンジャー同行を義務付けないとせっかくの自然が荒れてしまう恐れが高い。自然に対する理解度テストにパスするか、講習会を受けてから入場とかにするとなお良し。
 
那須御用邸の北半分、開放へ(今日のこんな事、あんな事。 2007年06月19日)》
↑貴重な動植物をしっかり維持できるかどうか心配なのは私だけでしょうか? 霊峰富士も心無い登山者によってごみの山になっているくらいです。一人くらい捨てたって・・とか、珍しいからもって帰ろうとか・・。あまりにも自分勝手な行動を公共の場で行うのは日本人の反省すべき点ですから。
 
今日のHappy♪(Happyをみつけよう♪ 2007年06月19日)》
↑人のマナーも信じられないので、そんな豊かな場所がごみや密猟等で荒らされるのはまっぴらごめんである。そういう意味では、一般人が入れないままで保護しておいて欲しい気もするなぁ・・・。
 
★解せぬ、何故「皇室財産」「一般公開」なのか?(多聞相賀茂の「たまにはマジメに?」 2007年06月19日)》
〔注目記事〕皇室財産にこだわって論じている記事はここだけのようだ。管理者曰く:宮内庁に潜む「売国奴」が「売国国会議員」どもと手を携え着々と「皇室」崩壊を企む一里塚となる。「一般公開」を即時中止し、ましてや「恒久公開」などもっての他であろう。
 
那須御用邸用地の北側地区等を国民の利用に供することについて(平成19年6月19日 宮内庁・環境省)》
宮内庁から環境省に所管換することに関する公式文書
 
複雑 17:05(カメRな日誌 2007年06月19日)》
↑確かに行ってはみたいけど、本当にいいの?って感じ。御用邸とか皇居って不可侵ゆえに守られてきた自然があると思うので興味深い反面、心配。強烈なヲタ職員でもいない限りは、維持が難しいんと思う<環境省
 
陛下、お気持ちは嬉しいのですが(ブロ愚 ~おろか日記 blog style~ 2007年06月19日)》
↑貴重な生物の宝庫である御用邸周辺の生態系を、大きく揺るがしはしないだろうか。単に大勢の人が入るだけでも、生態系へのダメージは大きいはずだ。その中に混じる不心得者がゴミなど放置すれば尚更。……貴重な自然が一般市民に解放されることは確かに嬉しい。しかし、そのお気持ちが、貴重な日本の自然にとっての仇(あだ)になりはしないか。そのことに、私は一抹の不安を覚えるのです。
 
天皇陛下からのプレゼント(井田道範・閑人日記 2007年06月19日)》
↑公共用財産になると、結局はこのような国民の意見が大手を振ってまかり通る。→ 林環境大臣は「有識者検討会を設けて活用のしかたをまとめる」といっているらしいが、役人の都合のよいようなことしかいわない面々で検討会をかためるというような、いつもの姑息な手は使わないでほしいものだ。
 
また、メード話。(素浪人的素描。 2007年06月19日)》
↑管理者曰く:天皇陛下のご意向で那須御用邸の一部を一般に開放するらしいとか。誠に勿体ないお話であるが、これはお止めになるべきであるな。ただでさえ希少な自然をボンクラ庶民どもに開放するなんて、環境破壊を奨励するようなものではなかろうか。アウトドアブームのお陰で自然のままだった山野はやたら滅多に整地され、どんどん腐っていった。区画整理されたオートキャンプ場なんて何の魅力もない。自然を愛するキャンパーの皆さんのサイトを眺めれば、ご自宅のキッチンをそのまま持ってきたかのように充実した器具がずらりと並び、あちこちで発電機の音がせせらぎを破り、唯一絶対の真理にも等しい山奥の漆黒の闇を煌々たるランプの群れが白昼の如く照らす、あの狂気としか思えない所業。そのような自然大好きの下々に、希少な自然が残された御用地を開放などしないで頂きたい、と切に思うのである。民を思われる御心だけ有難く頂戴すれば充分ではないか。
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
↓本をご購入の際はこちらからどうぞ。

 
 
 
スポンサーサイト
【2007/06/24 19:34】 皇室 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。