時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

不法滞在のメール通報制度と竹島問題

 
 ちょっと古いニュースになるかもしれないが、入国管理局の「不法滞在のメール通報制度」は周知されるべきではないかと思うので取り上げておきたい。

テロ対策のためにも「不法滞在のメール通報制度」は大いに活用されるべきである。

メール通報はこちらから。入国管理局 情報受付
 
不法滞在のメール通報制度、「外国人排斥の風土を助長」(朝日新聞 2005年 7月11日 (月) 21:01)
 法務省入国管理局が不法滞在外国人の情報を電子メールで募っていることについて、来日中の国連人権委員会の特別報告者、ドゥドゥ・ディエン氏(63)は11日、東京都内で記者会見し、「外国人を排斥する風土を助長するもので、即刻撤廃すべきだ」と述べた。「メール通報制度」をめぐっては、日本弁護士連合会が3月、「市民の密告を奨励する」として、中止を求める意見書を法相へ出している。
 
 法務省によると、昨年2月の制度開始以降、「あの店の従業員はビザなしのようだ」といった情報提供は約6400件。情報をもとに約330人の強制送還手続きが取られている。
 
 ディエン氏はセネガル国籍。日本国内の外国人労働者や少数民族、被差別部落などの実態調査のため来日した。実態について今秋の国連総会で中間報告し、差別があると判断されれば日本政府へ是正勧告する方針。
 
 メール通報制度について、入管総務課は「端緒を得るためで手紙や電話と同じ」としている。

 じつに有難い朝日新聞報道である。こんないい制度があるなんて、不覚にも私は知らなかった。これも私のブログで宣伝することにしよう。(笑)

 それはさておき、この記事のゴマカシを暴いていこう。

 まず、これを主張している人物がアヤシイ。セネガル国籍の国連人権委員ドゥドゥ・ディエンといえば、ウトロ地区の人種差別をでっちあげた“問題の人”である。(→知らない人はこちら)ということは、彼の主張はまったく無意味であるか、彼とは正反対の意見が正しい可能性が大いにある。

 さて、こういう人物の発言となると、すぐに人権擁護法案と結びつけて考えたくなる。そして、ここに出てくる「日本弁護士連合会」も人権擁護法案が成立したらアヤシイ動きをするに違いない。弁護士すべてを悪く言うつもりはないが、法の網にかからないように画策する弁護士はいただけない。彼らは「市民の密告を奨励する」というが、法律をきちんと適用してほしいと国家に要求するのは密告でもなんでもない。悪いことはしなければよいのであり、悪いことをした人間は法の裁きをうけるべきである。日本は民主主義なのだから、もし悪法であれば改正すればよい。むしろ、メール通報制度を否定することは、入国管理法があるにもかかわらずそれを機能させないようにするという意味で、不正が罷り通る社会を作っていることになろう。弁護士とは、そういうことを推進する職業なのであろうか。

 強制送還されるのが可哀相などという人々もいるのだろうが、そもそも彼らが日本への不法侵入者あるいは不法滞在者であることを忘れてはならない。本国で彼らが悲惨な生活を送っても、それはその国が責任を果たすべき事柄である。我々は不法滞在者の人権を理由に彼らを国内で保護するのではなく、彼らを送り返すとともに彼らの国の人権のあり方に対して意見すべきであろう。人権は、その人が属する国で保護するのが基本である。難民問題もあろうが、ここでは関係があるまい。おそらくは金を稼ぐのが目的で日本に滞在しているのだろうから。

 だが、それだけならまだいい。ひょっとしたらテロ活動をするために日本にいるのかもしれないのである。実際にテロ攻撃をしなくても資金や情報集めをしているかもしれない。とくに今は日本でもテロに警戒すべき時期であり、メール通報による情報提供がテロ抑止力としても働くことを願ってやまない。

 
 

 ついでにこんなサイトも参考にしてほしい。
 
不法入国・不法滞在に係る諸問題(警察庁 警備警察50年)
 
侍蟻 SamuraiAri ~ NPO外国人犯罪追放運動 不法入国不法滞在外国人の撲滅を目指す!~
 
 特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動のQ&Aによると、政府発表の公式見解では約27万人、おそらくは100万人くらいの不法滞在者がいるらしい。彼らの中には強盗・殺人などの凶悪犯罪者もいる。本来はいなくていい人間が日本にいて日本人を不幸にしているという現実を直視すべきである。
 
 

やがて日本中が竹島になる!

 不法滞在だからといって排除するのは可哀相だなどという主張を無制限に認めていくと、不法滞在者がわが者顔で住みつき、やがては日本全体が彼らに乗っ取られてしまうかもしれない。勝手に日本の領土に侵入してきてそこに住みつき、「こんなに長いあいだ住んでいるのだから、ここで幸せな生活基盤を作ったのだから、強制退去させられて不安定な生活に突き落とされるのは“幸福権”や“生存権”にすら反する行為だ。」という欺瞞に満ちた主張が出てくる。だが、彼らの幸福と称するものは、もともと不法に得た財産ないし権利であり、泥棒とまでは言わないがその所有を保証されるべきものではない。見つからなければなんでも許されるというのでは、“泥棒はやったもの勝ち”というのと同じである。戦後の混乱期ならいざ知らず、これだけ安定している現代では、不法行為は取り締まられなければならない。

 もしも不法滞在者が保護されて長いあいだ住みついて生活ができるということになれば、多くの密入国者が日本に大挙して押し寄せてくるだろう。だが、不法入国であれば正式な職業につくことは難しくなり、必然的に裏ビジネスに手を染める傾向が出てくる。そうすれば日本は多くの外国人犯罪者を抱えることになる。そもそも不法滞在者はそれだけで入国管理法違反の犯罪者なのだが、それにとどまらず日本人に危害を加える危険な集団となるのである。(→参考ブログ記事)そんなことを許さないために不法滞在者は徹底して排除するという態度を示さなければならない。「日本に潜り込みさえすれば、あとは日本人は優しいからなんとかなるさ。」というような不法入国者の甘い考えを打ち砕く必要がある。(→参考ブログ記事

 私は、必ずしも全ての外国人排斥を主張しているのではない。きちんとした法的手続きをとって日本に滞在している外国人は保護すべきであると思う。そして、日本に入国を許可する外国人は、日本に有用な知識や技術や文化などを導入してくれる人々か、日本から優れた知識や技術や文化などを学んでいく人々に限定すべきである。日本国内で一定の貢献をしたり、やがて本国に帰って重要な貢献をするはずの人々のみが日本での滞在を認められるべきであり、日本で甘い汁を吸おうなどと考えている外国人は強制退去させられるべきである。

 日本は、自主独立の精神(自分勝手ではなく自らの責任を果たす精神)をもつ外国人を受け容れるべきであり、寄生虫のように日本社会に依存する精神をもつ外国人を排除すべきである。前者の人々との交流は互恵的行為によって幸せを倍増するが、後者の人々との交流はむしろ日本人に負担をもたらすだけである。日本人の心身を疲労させ不幸にするような政策はとられるべきではない。それは憲法違反だとさえ言える。左翼の連中は、口を開けば「憲法違反、憲法違反」とうるさいが、これからは、「日本人の不幸にしていくような左翼の主張を政府が受け容れることこそ憲法違反だ」と主張していかなければならない。

 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
〔不法滞在のメール通報制度〕
メール通報は入国管理局 情報受付

 
 

人権擁護法案を考える市民の会

人権擁護法案が成立すれば
あなたの何気ない一言、文章、絵が
誰かに差別的だと見なされた場合、令状なしで
家宅捜査、資料押収、出頭要求。
協力を拒否したら処罰されます。個人名も公表される場合があります。
 
■□■人権擁護法案反対VIP総司令部まとめサイト■□■
人権擁護法案反対Flash(アニメーション)緊急特番 あぶない!?人権擁護法案 も御覧ください
この特番おもしろいですよ。一見の価値あり!
こんなマンガ(朝日新聞が推進している人権法案)もいかが?
 
続々と現われてくる人権擁護法案反対同盟
人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟 人権擁護法案反対同盟


 
 
 
 
 
 
 
勝手にサポート 教科書再生!電脳教科書補完録(「つくる会を勝手にサポートする国民ネット」)
 
中学社会 新しい歴史教科書 (平成14~17年度 使用版)←「つくる会」の教科書の一部が読めます。
 
 
 
 
なお、2005年7月11日より前の時事評論は、「p(^o^) 和の空間」を御覧ください。
 
 

 
マンガ嫌韓流
価格: ¥1,000 (税込)
 
ただいま予約受け付け中
 
複数冊買って、どこか誰かが読んでくれそうな所に置き忘れようという奇特な方がいるようだ。しかし、どうせなら読み終わった後は近くの図書館に寄贈したほうがいい。そして、ときどき蔵書を確認して、もし無くなっていたら「司書が勝手に捨てたんじゃあるまいな!」と騒ぎ立てるといいかも?(笑)
 

 
めぐみ 前編 (1)
横田 滋 (著), 横田 早紀江 (著), 本 そういち (イラスト)
価格: ¥1,000 (税込)

愛らしかった娘、明るかった姉、めぐみはいつも太陽のように横田家の中心にいた。だが、その光は突如奪われた。北朝鮮による拉致13歳のいたいけな少女が、凶悪な国家犯罪に巻き込まれたのだ。これは、四半世紀を越える横田家の苦悶の日々と、事件を究明していく者たちを描く怒りと悲しみの記録である!
 

 
めぐみ 後編 (3)
横田 滋 (著), 横田 早紀江 (著), 本 そういち (イラスト)
価格: ¥1,000 (税込)
 
赤ん坊の頃、怪我ばかりしていためぐみ。本を読むのが大好きだっためぐみ。お父さんの誕生日に、櫛をプレゼントしてくれためぐみ。13歳のいたいけな少女を巻き込んだ北朝鮮拉致事件。これは、四半世紀を越える横田家の苦悶の日々と、事件を究明していく者たちを描く怒りと悲しみの記録である!
 

 
日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実
崔 基鎬 (著)
価格: ¥1,680 (税込)
 
この本は経済データが豊富で説得力がある。とくに併合初期にたくさんの資本を投入したという事実は忘れてはならないだろう。お金ゼロの貧乏民族には産業なんか起こせませんからね。もし大日本帝国が経済援助しなかったなら朝鮮半島は今でもアフリカ並みかも?
 
 
 
スポンサーサイト
【2005/07/24 18:43】 法律 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。