時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

国旗制定幕府令の日に「時事評論@和の空間」を旗揚げ

 
 2005年7月11日に「時事評論@和の空間」を開設致しました。

 もともと私はブログ「p(^o^) 和の空間」を楽天に開設しており、開設当初は和の世界にこだわるつもりだったのですが、いつの間にか時事問題を扱う憂国ブログになってしまいました。アレ?(^^ゞ そこで、この際だから楽天ブログとは別に、時事問題を専門に扱うブログを新たに作ってしまおうと思い立ち、ここに「時事評論@和の空間」が誕生したという次第です。

 さて、ほとんどたまたまなのですが、今日は「時事評論@和の空間」の旗揚げにふさわしく、日の丸が国旗になった日です。
7月11日 国旗制定の幕府令
 1854年(嘉永7)。幕府の老中阿部正弘が、「大船建造については異国船に紛れざるやう日本総船印は白地の丸用ひ候様仰せ出だされ候」という幕府令を出した。それより先、薩摩藩主島津斉彬が、昌平丸・大立丸2隻の軍艦を建造して幕府に贈った時、外国船と区別するため、国旗掲揚の必要を建言して、日の丸の旗を奨めた建議がいれられた結果、ここに国旗制定の端緒が開かれた。
  『最新世界人名事典』(むさし書房 山吉長監修)より

 ということで、ナショナリズム満載でニュースなどの時事問題を評論していきますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m



人気blogランキング←なにはともあれ、ご祝儀クリックをよろしくお願いします。(笑)




 なお、2005年7月11日より前の時事評論は、「p(^o^) 和の空間」を御覧ください。

スポンサーサイト
【2005/07/11 01:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |

コメント

まずは、祝、新規ブログ解説!

「ナショナリズム満載の評論」を期待しています。
【2005/07/12 13:23】 URL | おやじ #-[ 編集]
↑最初から失礼

「祝、新規ブログ開設!」でした。
【2005/07/12 13:25】 URL | おやじ #-[ 編集]
 おやじさん、早速のコメントありがとうございます。頑張って続けたいと思います。
【2005/07/12 22:27】 URL | 和空 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。