時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

その他もろもろ:蔵出しブログ記事clip

 今回はどのジャンルにも当てはまらないブログ記事をかき集めているが、こうやって振り返ってみると、世の中なんとなく釈然としない感じで動いているなあという感想。というか、そういう記事に注目してピックアップしてしまったんだが。(^^ゞ



黙っているな、日本。(ケシクズ 2008年01月04日)》
↑動物解放運動員たちが、オーストラリア水域でのおよそ1000頭におよぶクジラの捕殺に抗議して、日本領事館の外でグラフィック反捕鯨デモンストレーションを実施した。じつに醜いやり方である。
 
新年に当たり、両陛下の御製、御歌を拝す(草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 2008年01月05日)》
↑両陛下の御製を宮内庁HPより引用してコメントを付す。ラトビア占領博物館の御歌は、「かく過しけむ」の言葉に、抑留された日本人兵士のこともラトビアの人々と同じように酷寒の強制労働を強いられてきたことに胸を痛められたであろうことを拝察する。
 
「感情的環境論」はいらない(日本史から見た最新ニュース 2008年01月08日)》
↑地球規模の自然保護という観点からも鯨を食べることは理に適っているという意見。ブログ記者曰く:「鯨肉」を食べ、「家畜肉」の消費量を減らせば、「家畜」の飼料を減らすことが出来、「森」が増えます。「森」が増えれば、「水」が豊かになり、「魚」が増えます。「人類」の6倍以上の「漁業資源」を消費している「鯨」の数を適度な数で安定させることが出来れば、「環境破壊」を大きく減らすことが可能なのです。
 
中国の圧力に屈した学研とタカラトミー ~一企業の利益の為に国益を損なうということ~(アジアの真実 2008年01月11日)》
↑ブログ記者曰く:(回収するという)事後対応は良かったものの、中国政府の圧力に屈してその指示通りに作成し、そのまま販売してしまったという過程は大変問題があります。特に子供が使う教材を作っている会社ですからなおさらです。北方領土も同じこと。あれをロシア領と見なした教材を日本で販売すべきではない。
 
チャイナフリー(どうする日本! 2008年03月01日)》
↑3サイズのシールを無償配布。
 
日本の捕鯨船が発砲と主張(どうする日本! 2008年03月07日)》
↑同団体抗議船「スティーブ・アーウィン(Steve Irwin)」号の乗組員が悪臭を放つ物質を日本の捕鯨船に投げつけていたところ閃光弾を発砲され、防弾チョッキに被弾したと主張。チョッキからは閃光弾ではなく実弾が見つかったと話している。
 
『死ぬ権利』という考えについて(名無之直人の日記 2008年06月09日)》
↑ブログ記者曰く:同じ人間なんていない。みんな考え方も事情も違う。自分と相手は違うと理解する。……これがコミュニケーションの始まりなんだと。自分達とは違う意見の存在を認めることが、最初の一歩です。私達が認めなくてはいけないのは、命の重さは人によって変わるという事実です。考えなくてはいけないのは、それぞれが置かれた事情によって、命に対する考えも行動も違ってくるという現実です。何よりも大事なのが、これを善悪の問題と捉えるべきではないということです。私達に必要とされているのは、死にたいと思っている人達の気持ちや境遇を頭ごなしに否定しないこと。人は生きる権利だけでなく、死ぬ権利を持っているのです。
 
特定世代を危険視する事の危険さについて:その1 世代分類化の根拠の薄弱さ(名無之直人の日記 2008年06月26日)》
特定世代を危険視する事の危険さについて:その2 教育制度の変遷が犯罪を生んだのか?(上)(名無之直人の日記 2008年06月27日)》
特定世代を危険視する事の危険さについて:その2 教育制度の変遷が犯罪を生んだのか?(下)(名無之直人の日記 2008年06月27日)》
特定世代を危険視する事の危険さについて:その3 ゲームやアニメやインターネットや携帯の影響(名無之直人の日記 2008年06月28日)》
↑犯罪と教育・ゲーム・アニメ・ネットなどの因果関係について。
 
 
「民主主義」は手段なのかそれとも目的なのか(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年07月06日)》
↑民主主義という政治体制に関しての原理的考察。
 
我々の社会は「自 殺」という兵 器で人を消していってるのではないか?と思いついた(kmizusawaの日記 2008年07月20日)》
↑ブログ記者曰く:「人並み」であるため「幸せ」になるためやるべきことが山のように設定され余裕のない社会、むしろ余裕を許さない社会(息抜きしたら叩くとか)、余裕はある程度資源のある人にしか許されない社会、過 労 死 寸前になるまで働くか金のある人に頼るか生活できない収入を選ばされる社会、そういう社会(てゆーか「世間」かもね)が「この社会(世 間)に適応した望ましい人間のあり方」みたいなものについていけない(いけなくなった)人たちを、社会の敵とかお荷物とかいう扱いにして、さらに自 殺という方法で殺して、なんとか適応していける人たち(自分たち)だけを残していってるのではないかとすら思ってしまう。そしてもしかしたら明日はわが身かも…
 
創価学会による朝木明代さん謀殺容疑が確信に変わった日(Doronpaの独り言 2008年08月25日)》
↑真犯人が誰かはさておいて、こんな事件が社会の片隅でひっそりと起きているんですねえ、恐ろしいことです。
 
トヨタにあえて言おう:エコ・プラントよりもはるかに大事な物(名無之直人の日記 2008年11月26日)》
↑ブログ記者曰く:トヨタ(や他の自動車産業)が派遣社員をどんどん解雇していっているのは、社会的に大きなインパクトを与えています。配当金を10-20%(かそれ以上)削ってでも、解雇せざるを得なかった労働者達への手当を講ずるべきではなかったでしょうか?それは社会的な理解を得られたと思うし、市場や人々の生活を下支えする効果もあった筈です。
 
来るべき食料危機に、日本はどう対処するのか(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年12月02日)》
〔注目記事〕その米国農業を支えているとされるオガララ帯水層という巨大な地下水源があと後25年で農業用水はおろか飲料水も枯渇する、とアメリカ地質調査所荷によって警告されている。日本の食糧はアメリカに多く依存しているが、こんなことで将来の日本は大丈夫なのか。
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
スポンサーサイト

韓国・北朝鮮関連:蔵出しブログ記事clip

 今年も韓国は、いつも斜め上をいく平常運転をやっていた。(笑) それにしても彼らがあまりにも一貫性をもって斜め上をいくから、こっちの現実感覚が麻痺してしまうのではないかと恐れる。そんななか注目すべきは外務省HPの「竹島問題を理解するための10のポイント」だが、もともとこれは安倍政権の置き土産だそうで、この年末には麻生政権でこのHP記事が10カ国語に強化されたのだから、やはり愛国首相でないとだめだな。



参議院会館前で慰安婦、福島、西野などを糾弾!(憂国、喝! 2008年03月07日)》
↑ブログ記者は、朝鮮人慰安婦らが、米国、オランダなどの「慰安婦強制連行決議」を受けて初の国際連帯行動をとり、しかも国会前で、日本に対して謝罪と公式賠償を求めるデモを行うということで、慰安婦達、WAM関係者、決議国の外国人達を糾弾してきた、という。
 
地方参政権も御訪韓も慎重姿勢(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年04月22日)》
↑外務省がこの二月に、竹島問題について日本語、英語、韓国語でパンフレットを作成していました。→《コチラ》 「隣人の嫌がることはしない」(福田総理)という福田政権下でよく外務省がこんな立派なパンフレットを作成したものだと思っていたところ、関係者によれば、これは「安倍政権の置き土産だ」ということです。安倍政権のときに、竹島についてのパンフレットを三ヶ国語で作成する予算が組まれていたため、福田政権となっても作成せざるを得なかったというのが実情のようです。(^^;
 
アメリカの公的機関が竹島を帰属未定の紛争地域と認定 ~全ては自分で撒いた種~(アジアの真実 2008年07月29日)》
↑ブログ記者曰く:私はアメリカが日本に特別な配慮してこのような対応をとっているとは思いませんが、一方で韓国に配慮しなければならないような理由はアメリカには一つもありません。……日本もこれに安堵している場合ではありません。アメリカが帰属未定の紛争地域としたのは結構ですが、ただそれだけです。……日本政府はこのチャンスを逃さず、竹島問題についての戦略・戦術を練り直すべきです。
 
国家として引き下がってはいけない一線(町村官房長官の会見についての追記あり)(名無之直人の日記 2008年07月31日)》
↑韓国の抗議によってあっさりと韓国領土という表記に戻ってしまった。ブログ記者曰く:これはもう福田首相、すぐにでも渡米して決死の抗議しないといけませんよ。そうでないと他の領土問題でも「実効支配(警備兵の駐留等)してしまえば日本は手を出せず 日本の最大の保護者である筈のアメリカでさえ異を唱えない」という流れ(認識)が周辺諸国に出来てしまうかも知れません。……政府の一機関が独断で変えただけなら、今まで通りの対応で問題無かったでしょう。しかし何よりも、『帰属先を韓国に戻したことがブッシュ大統領側の指示だったこと』が問題なのです。
 
外務省の「竹島」追加資料へ韓国が抗議  ~外務省の反撃第一歩~(アジアの真実 2008年12月29日)》
↑外務省がHPに「竹島問題を理解するための10のポイント」と題した資料を新たに7か国語版で追加作成し、計10か国語とした。韓国の抗議(削除要求!)はいつもながらだが、今回は珍しく外務省がきちんと仕事をしているということ。ブログ記者曰く:歴史的事実、韓国側の主張の間違い、国際司法裁判所への提訴に韓国が応じないこと、サンフランシスコ講和条約での竹島の扱い、さらには決定的証拠とも言えるラスク書簡 までが説明されており、よくまとまった十分な説明資料となっていると思います。
 
 
不法滞在20年の韓国人が日本を提訴  ~その信じられない行動から疑うべき在日という存在~(アジアの真実 2008年04月08日)》
↑ブログ記者曰く:20年前から不法滞在、不法就労を行い、退去処分を受けたら”酷い”と日本を提訴。その理由は”日本での生活実績を評価すべき”とのことですが、どういう常識を持っていたらこのような発想ができれるのかが私には理解できません。20年もの長期間にわたって不法滞在、不法就労という違法行為を続け、それを評価しろと言うのです。そんなことが認められれば入管もビザも法律も何も必要ありません。この主張が”おかしい”ということがこの韓国人には理解することすらできないのでしょうか。
 
天皇陛下と李大統領が握手している写真を見た韓国ネチズン 「日王に頭を下げた。屈辱的だ」(★厳選!韓国情報★ 2008年04月23日)》
↑握手しながら頭を下げるなんて、日本的にはなかなか礼儀正しい人間じゃないか。さすがは日本(大阪府)出身なだけある。それに比べて韓国人の反応は・・・。
 
韓国が竹島の海底地名を韓国語にしようと画策 ~2年前の協定を破る韓国と日本のとるべき策~(アジアの真実 2008年05月27日)》
↑以前、武力衝突一歩手前までいって両者が折れる形で妥協したのに、「多数決式になって韓国の主張が通る可能性が高まったからやっぱり提案しよう」といってまた同じことを蒸し返す。ブログ記者の提案:不本意ながら日本は対抗手段をとる必要があります。具体的には国際委員会への根回し、そして2年前と同様、海保の調査船を出して竹島周辺の海洋調査を行い、韓国側の提案に対抗しうるだけのデータを集めるのです。もし韓国側が強行手段に出たり武力行使をした場合は、それを映像に記録して全世界へ流すのです。ここが紛争地域として世界中が認知し、韓国へ対する世界中の非難が殺到することでしょう。結果として竹島問題に関して韓国側が不利になるのは間違いありません。
 
韓国公的機関がネット上での言論統制を本格化 ~韓国は言論の自由もない暗黒国家か~(アジアの真実 2008年07月30日)》
↑ブログ記者曰く:「日本による朝鮮統治は必ずしも悪ではなかった」、「慰安婦は自発的な売春婦である」・・・これらは歴史を紐解けば容易にわかる事実です。……これらの情報がネット上に記載されると、公の機関が有害情報として削除してしまうというのですから驚きです。さらに隣国の元首相の活動と写真が掲載されたというだけで閉鎖させられるとは、もはや我々の常識を超えています。
 
 
 
 
恐るべき日本の柔構造社会!金正日の拉致指令と朝鮮(酔夢ing Voice 2007年03月04日)》
↑管理者曰く:金正日の拉致指令に関する報道が少ないのは、慰安婦を初めとする反日プロパガンダの情報量に関心を奪われているからだが、それこそ北朝鮮の狙い通りだ。
 
北の拉致、タイ国民も憤り(1喝たぬき 2007年3月25日)》
↑和空思わく:もちろんタイ国は六カ国協議には入っていないのだが、もし入っていたら絶対に拉致を問題にしただろう。
 
北朝鮮有事を想定してみる(名無之直人の日記 2008年9月10日)》
↑そのとき各国がどのように動くか。
 
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

軍事:蔵出しブログ記事clip

 軍事に関して今年いちばん呆れたのは、田母神空幕長の更迭問題で文民統制という言葉を今の政治家がほとんど理解していなかったということ。現状では軍(つまり自衛隊)の“行動”を文民(すなわち非軍人の政治家・官僚)が完全にコントロールしている。にもかかわらず、政治家は軍人の“思想”までコントロールしようとしている。これは完全にマインドコントロールの域にまで達している。実際、田母神論文は「各国みんな悪かったし、日本軍は少しはいいこともした(よい結果が生じた)」と言っているだけであり、村山談話と必ずしも矛盾してはいない。もし村山談話が日本だけ悪いことをしたと言っているのなら矛盾しているが、その見解は客観的歴史と矛盾しているだろう。この問題で政治家や官僚がやろうとしているのは、客観的歴史と矛盾する見解を正しいと思い込ませる、すなわちマインドコントロール推進なのである。村山談話はたしかに歴史の一面の真実ではあるが、もし別の面を語った田母神論文を全否定しようとするならば完全な視野狭窄であり、そんな視野狭窄した政治家にはとても日本国を任せてはいられない。



横須賀基地を見下ろす高台を露・中が買収画策 ~問われる日本の安全保障意識~(アジアの真実 2008年11月19日)》
〔注目記事〕事の真偽は定かでないようだが、本当なら恐ろしいことだ。ブログ記者曰く:佐藤議員が主張するように、国防上重要な土地が他国の人間に渡らないようにする法整備や、基地周辺の土地を保安用地として国が借り上げたりするなどの根本的な対応策が必要だと思います。いくら大金を使ってイージス艦やMDを揃えて防衛力強化を謳ったとしても、こんな穴があってはその全てが無駄にもなりかねません。強力な正面装備を揃えるのも良いですが、もう少し根本から安全保障というものを見直す必要がある。強くそう思いました。
 
空幕長・田母神空将の論文(新・へっぽこ時事放談 2008年11月3日)》
↑この論文自体やその批評をしているメルマガ等の記事を引用。
 
田母神空幕長の告発を封殺する、恐ろしい全体主義(酔夢ing Voice 2008年11月04日)》
↑ブログ記者曰く:田母神空幕長がこの論文で一番訴えたかったことは、……このような現実……もう、嘘はやめろ、平和幻想という覚醒剤をもうやめろということだ。この論文がもし、空軍大将更迭に値するものであるならば、……日米関係を親子関係になぞらえる箇所こそ、更迭に値するのではないだろうか?
 
空幕長更迭事件と政府の姿勢(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年11月06日)》
↑産経新聞「【正論】東京大学名誉教授・小堀桂一郎 空幕長更迭事件と政府の姿勢」を引用。論者曰く:その内容は、平成7年の大東亜戦争停戦50周年の節目を迎へた頃から急速に高まり、密度を濃くしてきた、「日本は侵略戦争をした」との所謂東京裁判史観に対する反論・反証の諸家の研究成果をよく取り入れ、是亦短いながら日本侵略国家説に真向からの反撃を呈する見事な一篇(いっぺん)となつてゐる。
 
NHKの言論統制&思想狩り:NHKクロースアップ現代を見て(名無之直人の日記 2008年12月9日)》
↑NHKはシビリアンコントロールとマインドコントロールを意図的に混同している。ブログ記者曰く:個人の主張がどうあろうと、その政体に従属する将兵であれば、その決定に従う。それがシビリアンコントロールです。政府の主張の正当性などは、この際一切問題でないことが重要です。……マインドコントロールを強制するということは、例えば、個人的にはアメリカ政府のイラク侵攻に反対しているけれども決定には従うという信条の将兵の思想までも、政府見解と強制的に統一させるということです。
 
参院での田母神氏の参考人質疑を分析する ~参院質疑で感じた違和感とは~(アジアの真実 2008年11月11日)》
〔おすすめ記事〕ブログ記者曰く:詳細が全く議論されずに政府見解と異なる」という言葉のみでまるで内容が全て誤っているかのような前提で議論が進んでいる。……もう一つは、文民統制という言葉が中心になって議論されていること。……文民統制とは、軍隊を文民が統制する体制のことを差し、軍人の思想を制限する制度ではありません。
 
田母神前空幕長の国会証言が、中継されなかった理由(全証言掲載)(酔夢ing Voice 2008年11月12日)》
↑元商社マンのK氏の手になる国会証言全文が参照できる。
 
田母神氏と文民統制。五百旗頭防大校長を即刻解雇しろ(酔夢ing Voice 2008年12月21日)》
〔おすすめ記事〕チャンネル桜での西村幸祐の主張。文民統制というのなら軍隊が日本国に存在することを認めることになるのであって、日本は軍隊を持たないとする政府見解と矛盾し、自らが憲法違反をして軍隊を保持していると証明していることになる。
 
湧き上がる田母神支持の声(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年12月23日)》
↑ブログ記者曰く:政争の具としてもてあそばれてきました。このようなフザケタことをしていると、いざというとき、自衛隊は国防のために命を投げ出さなくなるぞ、との佐藤元空将補の警告を、真剣に受け止めるべきだと思います。
 
空幕長処分は濡れ衣だ(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年12月28日)》
↑中村粲(あきら)(獨協大学名誉教授・昭和史研究所代表)「空幕長処分は濡れ衣だ 田母神空幕長論文について ―処分の不当性と論考の意義―」からの引用。
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

中国・台湾関連:蔵出しブログ記事clip

 今年の中国は、北京オリンピックと四川大地震で世界中の注目を集めた。その他に日本としては尖閣諸島問題にもネットの一部で注目が集まった。マスコミがあいかわらず親善お友達報道をしているのはある程度しかたがないのかもしれないが、長野聖火リレーなど、ネットで目覚めた人々が行動を始めたという点は今年注目に値する出来事だった。

 
政府は五輪開会式ボイコットを宣言せよ-チベット民族自決運動に連帯を(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年04月14日)》
〔おすすめ記事〕日本政府はチベットの人権に対して冷淡である。戦中戦後にかけてのチベット侵略・弾圧の歴史を簡単にまとめている。
 
チベットを横目にウィグル(東トルキスタン)では何がおきているか?(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年04月20日)》
↑マスコミはチベット問題した報道しないが、ウィグル(中国西域)もかなりひどいことになっている。
 
中国によるウイグル同化政策の実態-櫻井よしこ氏提言(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年05月04日)》
↑中国では、中国の男性とウイグルの女性は結婚できても、その逆は結婚できないことが法律で規定されている。←これは、ウィグル民族としての子孫を残せなくなるという意味なのである。
 
中国分裂の筋書-(7)忘れてはいけない中国の不良債権(Funny Restaurant 2008年4月10日)》
〔おすすめ記事〕中国崩壊のシナリオ。このシリーズはおもしろそう。
 
ペマギャルポ氏と石平氏との対談-中国は唯一の植民地大国(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年05月12日)》
↑中国のしたたかな戦略。中国は時間稼ぎの時の作戦として、譲歩するかのように見せたりしますが、絶対にその通りにはならない。……尖閣諸島についても、日本の援助が必要な時には棚上げしておいて、日本の援助が必要でなくなると自分達の領土だと言い始める。そして軍艦も出す。……東アジア共同体などと言っていますが、マレーシア、インドネシア、タイ、カンボジア、ラオスにどれだけの華人、華僑がいるかということです。そして誰が経済を握っているか。これは目に見えないもう一つの中華思想のテリトリーです。
 
報じられない、チベット・四川省大地震の本当の危機。(酔夢ing Voice 2008年05月15日)》
↑むしろダム決壊による広範な水没被害を恐れる。また、諸外国の援助を拒否しているのは、四川省が重要な核戦略地域だからではないか。
 
善光寺の決断(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年05月25日)》
↑雪蔵山十善院住職 チベット問題を考える会代表 小林 秀英 の話。曰く:戦後の日本では、戦争は悪であり、戦争さえ起きなければ平和は保たれると教えられてきました。しかし、チベットの悲劇は戦争によって起きたのではない。戦争によらずしてチベット人は平和を奪われた。つまり我々は、この世には、戦争よりも恐ろしいものがあるということに気が付かなければならない。戦争にばかり気をとられて、戦争よりもっと大きな悪、もっと悲しい悲劇を見逃してはならないのです。
 
チベット問題を通して喚起された日本人の誇り(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年05月25日)》
↑上の続き。
 
 
海保GJ(ケシクズ 2008年06月11日)》
↑中国はこういう外交姿勢だ。共同通信によると:中国外務省の秦剛報道官は10日の定例記者会見で、尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近の日本領海で警備していた鹿児島海上保安部の巡視船と台湾の遊漁船が接触、遊漁船が沈没したことについて「重大な関心と強い不満」を表明、日本政府に尖閣諸島付近での「違法活動」を中止するよう求めた。……秦報道官は尖閣諸島について「古来中国固有の領土であり、中国は論争の余地のない主権を有している」と主張、日本側に事故の再発防止も求めた。(共同)さて、和空曰く:中国共産党そのものが古来中国固有の組織ぢゃねえんだよ!!!

ガス田問題「対等とはほど遠い条件」で日中が合意 ~日本側圧倒的不利の内容を読み解く~(アジアの真実 2008年06月18日)》
↑ガスを抜き出す場所(ガス田の位置)は中間線より中国側でも、ガスが埋蔵されている場所は両国に跨がっている。そこでブログ記者曰く:実際のガスの埋蔵量が例え日本側が9、中国側が1であったとしても、出資配分が5:5であれば、利益配分も5:5となってしまうのです。……これを平等な合意だと思う方がどうかしています。
 
 
 
【尖閣】馬脚を現した馬英九と中共の暗躍(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年06月16日)》
〔おすすめ記事〕台湾の遊漁船が尖閣諸島の領海に入ってきたことに関連して、馬英九が「尖閣は中華民国の領土」と主張しているが、その背後関係について推測。
 
台湾の抗議船と巡視艇9隻が領海侵犯 ~中国という後ろ盾を得た台湾~(アジアの真実 2008年06月16日)》
↑16日午前3時50分頃。ブログ記者曰く:日本は、今までは味方であり中国の太平洋進出の防波堤であった台湾が、中国に取り込まれたものとして、外交戦略や安全保障戦略を本気で考えていく必要な時代になったと言えるでしょう。……もう自衛隊の常駐などで具体的な防衛策をとる事が急務であるのかもしれません。かつてのように、「相手国への配慮」という馬鹿げた言い訳をしていては手遅れになるでしょう。
 
台湾の挑戦に日本は毅然と立ち向かえるのか?(Doronpaの独り言 2008年06月16日)》
↑ブログ記者曰く:支那の貪欲なまでの覇権主義は、平和ボケ日本を尻目にその版図を広げつつあります。反日国家台湾の誕生はその大きな流れの中の一つにすぎないのです。……しかし、一方で台湾の反日政策は支那中共政府による「日本包囲網」のための道具のひとつでしかない。
 
中国が日本のODAを報道するなど異例の好意的報道 ~中国の覇権主義は変わっていない~ (アジアの真実 2008年12月25日)》
↑しかし一方で、中国は空母戦闘群の建造に着手しているらしい。ブログ記者曰く:中国が空母を持つ理由はただ一つ。その覇権主義のためです。中国の覇権主義は依然変わっていないのです。……中国が親日的な報道を行ったり、歴史の捏造を訂正するような行動をしているからと言って、それは決して日本の為ではありません。中国共産党の維持、そして覇権主義の邁進に、今現在必要な措置であったからやむを得ずと捉えるのが正しいでしょう。
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

在日外国人:蔵出しブログ記事clip

 私から見ると、今年いちばんの失政は国籍法改正をしたこと。かつての地域共同体がズタズタにされて日本人の社会性が希薄になっているのに、さらに外国人(ないし半外国人)が増えていけば、暗黙の日本文化がスタンダードとして機能しなくなり、本当に日本社会が崩壊していく。感情論に流されないで、もっと文化摩擦を直視すべきである。「郷に入れば郷に従え」を徹底すべきである。そして、イヤなら日本から出て行ってもらうべきだ。


敵は信濃町にあり(Doronpaの独り言 2008年01月21日)》
↑今回の不逞在日への不当不法な住民税流用「定住外国人福祉給付金」を求める請願採択の大本は公明党であることがはっきり確認できました。・・・ということらしい。
 
「日本人は日本に」、「外人は外国に」。それが最終的には一番多くの「幸せ」を生み出す道です(日本史から見た最新ニュース 2008年04月11日)》
〔おすすめ記事〕ブログ記者の経験則によると、「外人労働者が3割以上になると、日本人はその職場を敬遠するようになる」という。経営者は目先の利益ではなく日本人を雇用することが重要である。そうしないとやがて「日本社会」=「日本人」の質を下げることにも繋がる。
 
偽装結婚で急増した「不良外国人」の根絶を!(侍蟻 2008年04月15日)》
↑カミオオサワ・ハニーフィット・ラティリアさん(22)のお台場バラバラ事件。ブログ記者によると、彼女は偽装結婚で日本に在留し続けていたという。日本人との結婚の実態がないというのに、平然と配偶者ビザで日本でのうのうと暮らし、ホステスや風俗嬢として闇社会の資金源ともなっている、と。
 
【報告】民団主催 「外国人参政権を寄越せ不逞集会」(Doronpaの独り言 2008年04月18日)》
↑ブログ記者曰く:外国籍の人間が「自分達が得だし参政権欲しい」というのは勝手だが、日本人が「グローバル化、国際化、共生の為に外国人に参政権をあげましょう」と訴えるのは、何故そこまで馬鹿親切になれるのかが不思議でならない。参政権の重要さ、外国人に与える危険性が全く感じられない。参政権反対派が反対する理由としている知識・情報が彼らには全く無い。
 
「移住」という「侵略行為」(日本史から見た最新ニュース 2008年05月21日)》
↑1858年にロシア帝国によって毟り取られた北部満州地帯と、同じく1860年に奪われた沿海州については、軍事力による回復が現在のところでは不可能であるので、もっぱら中国人の大量移住によって、事実上の中国領にするという戦略を採っている。……「チャイナ人」たちの「移住」、「移民」、「留学」、「定住」、「永住」、「国際結婚」が、「侵略行為」であることは、「国際社会の常識」です。……そのような「世界」の動きに反して、「国」と「国民」を守る「義務」を放棄し、売り渡そうとしているのが、「日本の政治家」たちです。
 
「外人対策費大増税」が始まる(日本史から見た最新ニュース 2008年05月28日)》
↑就学ビザで入国した中国人グループが窃盗を繰り返し、被害総額が1億円以上に上っているのをうけ、ブログ記者曰く:「財政再建」が大きな課題となり、「行政」の無駄を省き、効率化が進められている中、「与野党」の「外人受け入れ拡大政策」が実行されれば、「刑務所(留置所)」=「箱物」の数は、いまの2倍、3倍どころか、10倍は必要になることは間違いありません。……いま「日本国民」たちが、本気で立ち上がらなければ、「未来の日本人」たちが「犠牲」になってしまいます。
 
これが中華街構想の脅威だ!(侍蟻 2008年07月24日)》
↑「池袋チャイナ・タウン」構想を研究しているという現役女子大学生のインタビューに答えた内容。ブログ記者の考えが簡潔にまとまめられている。
 
池袋を共産中国の「対日拠点」にするな!(侍蟻 2008年09月08日)》
↑ブログ記者曰く:『横浜中華街』と『神戸南京町』はともに約140年の歴史を持ち、『長崎新地中華街』も江戸時代にまで遡るほど古くから交流を重ねてきた。……いずれも藩なり国または県の主導下で交流が活性化し、また在日華僑が同化してきた歴史があるのだと思う。……「対中屈服」「対中隷属」とも言えるシナ中国との関係の下で、池袋につくられようとしているチャイナタウンは、かつてとはまったく趣きの異なる街となるだろう。……不逞シナ人はますます日本を侮り、そのような輩が大手を振ってチャイナタウンを闊歩するようになるだろう。
 
強制退去処分のフィリピン人一家が在留特別許可を申請 ~日本の為に悪しき習慣は作るべきではない~(アジアの真実 2008年12月02日)》
ブログ記者曰く:子供がかわいそうだから。今はまじめに働いているから。そんなことで特別在留許可を与えることを繰り返せば、”悪しき前例”ができあがるだけです。数年後、こんな声が聞こえてきそうです。「不法滞在していても何年粘ればOKだ」、「子供を作って何歳になればOKらしい」、「あの家族は認められたから私達も」、「私達だけ認められないのは差別だ」
 
国籍法改悪で思い知らされたこと(2)(侍蟻 2008年12月07日)》
↑事例:インド人の夫が日本での永住資格を取得する前後、インドから兄弟や親類を呼び寄せた頃から家庭を顧みなくなり、それまでの態度を豹変させて他の女とくっ付き、完全に別居状態に。結局は子供を道具に日本で暮らすことを目的としていただけ。
 
[移民]日本経団連に対する国民の怒り結集を!(侍蟻 2008年12月23日)》
↑ブログ記者曰く:日本経団連は外国人移民の受け入れを画策・推進するという暴挙に出ている。……移民を受け入れた先に起きる事態はさらに深刻なものと予想される。職をめぐる外国人失業者と日本人失業者の軋轢は最悪、暴力を伴った流血の衝突に発展するだろう。
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

歴史認識:蔵出しブログ記事clip

 特定の人々にとっては、歴史は歪曲されて認識される。そして、その歪曲された創作的作品がいつしか歴史資料として無批判に受け入れられる。そんな歪曲工作がいまも起こりつつある。政治まで巻き込んで今年いちばん注目されたのは、キュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」だろう。


朝鮮人の遺骨が60余年ぶりに返還 ~その背景に存在する事実を読み取ることの重要さ~(アジアの真実 2008年01月22日)》
↑またマスコミ(朝日と中央日報)が強制徴用をほのめかしているようだ。ブログ記者曰く:朝鮮半島にも国民徴用令が及んだのは1944年9月からのことです。つまり、日本軍として働いた朝鮮人の大多数は自らの意志で志願した者なのです。
 
東京大空襲。馬鹿サヨクにつける薬はない。(酔夢ing Voice 2008年03月10日)》
↑東京大空襲の被害に関して日本という国家を訴える人々が現れた。これは、戦後レジームへの視座の変革どころか、ただの戦後体制の完成、あるいは補完を意図する、東京大虐殺肯定に加担し、称揚する訴訟に他ならない。
 
日弁連会長談話への反論!(憂国、喝! 2008年04月05日)》
↑靖国神社を取材したドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」について、日弁連に送った反論メールを掲載。
 
映画 「 靖国 YASUKUNI 」を見てきた!(憂国、喝! 2008年04月19日)》
↑個人的な感想。ブログ記者曰く:靖国を知らない日本人や外国人は、珍しいと思うかも知れないし、日本の歴史に詳しくないと洗脳されるかも知れない。問題は、その辺りにもあるように思う。そして、なぜ、この映画に助成金を出したのかが意味不明だ。それは、明らかに政治的なメッセージがあるからだ。私は、その決定が不思議で仕方がない。
 
「靖国YASUKUNI」上映館への提案(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年05月19日)》
↑「靖国YASUKUNI」は政治的に偏向している内容なので、この映画を上映している映画館に、「南京の真実・七人の死刑囚」(水島総監督)の上映を提案したらどうか。
 
台湾人元日本への許昭栄氏が焼身自殺 ~台湾人義勇兵の方々への感謝と謝罪~(アジアの真実 2008年05月26日)》
↑とても残念なことです。
 
不法占拠63年目の北方領土 島民が語る ~日本に帰ってくるように力を貸して下さい~(アジアの真実 2008年08月31日)》
↑北方領土を追われた方の体験記を引用。
 
中国が南京事件の写真3枚を捏造と認める ~崩れた最初の砦~(アジアの真実 2008年12月18日)》
↑世界中の情報網の発達で、捏造だと言うことを隠しきれなくなったからだろう、とのブログ記者の見解。
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

日本を滅ぼす勢力:蔵出しブログ記事clip

 本当はもっとウヨウヨいるはずなんだが、特定の個人や団体としてはブログに登場していない。無思慮・無責任というかたちで匿名の人々が日本を崩壊に導いているようだ。


「計画的」に進められている「日本解体」(日本史から見た最新ニュース 2008年08月26日)》
↑藤田 田氏は「日本国憲法下最高峰の戦略家」の一人である。しかし、戦後の新しい「文化」を生み出す為に「破壊したもの」や、作り出した「代償」を考えると、彼の「罪」は非常に大きなものである。彼のような考え方に反対する「国民」が多く存在するが、その人たちが彼のように、20年、30年先のことを考えた行動を取っているのか、というと同じような人を見つけることは難しい。
 
河野洋平氏がやっと政界を引退 ~最大級の売国奴が日本に残した災厄とは~(アジアの真実 2008年09月18日)》
↑韓国紙の中央日報でも報道され、「代表的平和主義者」として韓国では非常に高く持ち上げられている。これを読むと、あらためて彼が日本にとって如何に大きな災厄であったかがわかる。このブログでは河野氏が行った代表的な売国行為を列挙。
 
売国議員リスト(国民が知らない反日の実態)》
↑私としては女系天皇に賛成するのは100%亡国議員だと思っているので、売国議員の認定確率50%というのは低すぎるかも。しかし、だれが売国議員なのかは参考になるだろう。いっしょに《愛国議員リスト(国民が知らない反日の実態)》も参考にしてください。
 
「癌」より怖い「エゴイズム」(日本史から見た最新ニュース 2008年09月30日)》
↑汚染米転売問題の原因は93年の「ウルグアイ・ラウンド」だとマスコミや“識者”などによって言われているが、その方向性を作っていったのは小沢一郎だろう。民主党などは小泉自民党に問題を転嫁するが、自分たちのなかに問題の種を撒いてきた張本人たちがいるのではないか。
 
「ミサイルを撃ち落としても破片が降ってくるから反対」 ~左翼団体の破綻した主張~(アジアの真実 2008年11月30日)》
↑ブログ記者曰く:彼らに一言聞いてみたいです。「では撃ち落とせなかったらどうなるんですか?」彼らは何と答えるのでしょう?……左翼団体の主張には大きく共通している点があるように思えます。それは主張が最初から破綻していることと、自分でそれに気がついていないことです。
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

マスコミ・ジャーナリズム:蔵出しブログ記事clip

 まあ、今年もいろいろとマスコミ批判はあったわけだが、なかでもいちばん注目したいのは、日本人の品性を貶めた毎日のエロネタ英語記事だな。


マスコミの反対により潰される放送法改正案 ~言論の自由は捏造の免罪符ではない~(アジアの真実 2007年11月08日)》
↑コメント欄がおもしろかった。特に以下のコメント:言論と報道が別物ですので言論の自由と報道の自由もまったくの別物です。『言論の自由』の中には真っ当な『報道の自由』も入ってません。『言論の自由』とは別に『報道の自由』があるのです。ただし、言論は常に自由でなければなりませんが、報道は場合に選りけりです。ものによっては制限も必要なのが情報です。言論の自由は無制限に自由でなければなりませんが、情報の方は一定の制限が必要なものです。報道に関しては無制限の自由は認めていいものではありません。
 
皇室を侮辱し、鬼畜シナ人の肩を持つ朝日新聞を許すな!(草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 2007年12月25日)》
↑電車内の大声を注意されたシナ人が、警察官をホームに引きずり出し、線路に突き落とした。これが真相である警官は右足切断、頭蓋骨骨折で重体である。これを朝日新聞は「御茶ノ水駅で人身事故 中央・総武線が一時運転見合わせ」(2007年12月23日00時41分)としか報道せず、その後約20時間以上の間、殺人未遂の犯人がシナ人であること、被害者が警察官など詳細報道を封殺していた。
 
「ばれなきゃ良い・・」と思っている日本人が甘すぎる!(憂国、喝! 2008年01月22日)》
↑NHKインサイダー取引についての批判。真面目な職員もいるが、彼らだって見て見ぬふりをしているので問題だ。また、なんでもトップを責めるのも良くない。大人がやっていることなのだから親のごとく監視するわけにもいかないだろう。
 
映画「靖国」 稲田朋美議員の正論(憂国! 喝 2008年04月10日)》
↑ブログ記者曰く:稲田さんが、今回の騒動を説明されている。やはり、文化庁による助成金の支払われ方に疑問を持っただけだ。だが、朝日新聞をはじめ、他のメディアも、稲田さんを叩くようなことばかりで、陰湿な苛めみたいなことをしていた。はっきり言って、ある意味、被害者なのは稲田さんである。
 
社説ウォッチヲチ(ケシクズ 2008年04月21日)》
↑「社説ウオッチング:イラク空自違憲判断 「9条」改正論議を反映」(2008.04.20毎日新聞東京朝刊)を批判。ブログ記者曰く:肝心の発言が、青山邦夫裁判長と言う、「依願退職した元裁判官(つまり裁判時一般人)の言伝である事を全く記していない罪悪。全てご破算にしても良いんじゃないすか。有り得ないでしょこの言い逃げ。高田健一裁判長に代読させて、テメーは依願退職って! つまりこいつ、法的価値の全く無い戯言を、他人に言わせただけ。
 
「ネット防衛」が「日本」と「世界」を守る(日本史から見た最新ニュース 2008年04月30日)》
↑中央日報によると、フジテレビが誤報を流したと報道し、それをみたネットユーザーが「日本の放送局が敏感な時期にひどい誤報を出したのは韓中間の関係を、より悪化させようという策略が潜んでいる」などの反応をしているという。しかし、フジテレビはそのような報道はしていない。ブログ記者は、「その「裏側」に、「チャイナ」と「コリア」の「反日勢力」がいることは明白です。」という。また、このようなネット上の日本非難に対して、「「日本」はこれから「ネット防衛力」を更に高めていかなくてはなりません。」という。
 
「毎日新聞」に他人を批判する資格は無い(日本史から見た最新ニュース 2008年06月01日)》
↑毎日新聞社 4億円の所得隠し。ブログ記者曰く:思い出してみてください、「政治家」たちの不透明な「経費」が問題となった時、「毎日新聞」がどのような取材を行い、記事を掲載したのかを。「他人」の「疑惑」を追及するだけではなく、異常ともいえる「バッシング」を行い、その中の一人を「自殺」にまで追い込んだ「毎日新聞」が、自らが犯した「罪」と徹底的に向き合うことなく、「申し訳ありません」の一言で済ましていいはずがありません。
 
「反日外人」や、「左巻き」たちに占拠された「毎日新聞」=「日本侵略」が進んでいる証(日本史から見た最新ニュース 2008年06月25日)》
〔おすすめ記事〕 毎日新聞英語版が、日本を貶めるひどい記事を出していることがニュースになっているが、それはこんな感じ。「(毎日新聞英語版より)サイゾー(8月号)によると、世界に対して真珠湾攻撃とレイプ・オブ・ナンキンを行った後継者の政府が、タカ派的なテディベアのぬいぐるみを持ったメイド服を着るかわいこぶった少女漫画キャラクターを使って、日本の防衛政策の簡単な説明をさせるという。近年、多くの政府機関が、彼らの活動を広報するために、ペドフィル(小児性愛)ギリギリのマンガキャラクタを使っている。」サイゾー記事には「真珠湾攻撃」や「レイプ・オブ・ナンキン」という言葉が出ていないのに、まるでサイゾーが日本政府を非難しているような「捏造」をしている。私(桜井和空)としては、「ペドフィル(小児性愛)ギリギリのマンガキャラクタを使って」に悪意を感じる。
 
変態捏造記事を世界中にばら撒いた毎日新聞 ~国を貶めた新聞社はどう責任を取るのか~(アジアの真実 2008年06月27日)》
〔おすすめ記事〕毎日新聞は、毎月40万人の外国人に日本の悪評をバラ撒いていた。それに関してお詫びをしたにもかかわらず、25日、毎日新聞社の株主総会が開かれ、この問題の責任者ともいうべきデジタルメディア担当だった朝比奈豊氏は社長に就任し、デジタルメディア局長だった長谷川篤氏は取締役となった。
 
星野ジャパンは侵略の象徴。日本人は反省せよ ~反日思想の典型的な破綻パターンを検証する~(アジアの真実 2008年08月13日)》
〔注目記事〕最近は反日左翼でも書きそうもないウルトラ級の妄言記事を紹介。ブログ記者曰く:リンピックはナショナリズムを誇示する場所ではない。日本人は反省しろと結んでいますが、オリンピックでのナショナリズムを批判するのであれば、人権問題も環境問題も何もかもを封殺し、国家威信を世界に誇示することだけを目的としてこのオリンピックを開催している中国こそが最大に批判されるべき対象であることは誰の目から見ても明白です。
 
フリースクールで日常的に子供たちを虐待…経営者の江波戸聖烈(えばとせいれつ)こと朴聖烈容疑者ら逮捕(厳選!韓国情報  2008年09月12日)》
↑朝日・毎日はいまだに通名報道やってる。
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

教育問題・教科書問題:蔵出しブログ記事clip

 左翼が騒ぎ、隣国が騒ぎ、国が譲歩するという悪循環から一進一退の攻防を続けてている段階にまできただろうか。


教科書訂正申請の顛末(草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 2007年12月28日 )》
↑教科書再検定の内容そのものに関しては、文部省はそれほど後退しているわけではなくて、問題はむしろ、文科省が検定制度を空洞化するような、一旦検定合格したものに対して、記述内容について訂正申請という、前代末聞の方式で対応してしまったこと、さらに検定合格後には従来、開くことのなかった検定審議会を開いたことである。
 
裏切りの文科省への怒りの発言-教科書議連報告会(草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 2007年12月28日)》
↑教科書議連が開催され、沖縄戦教科書見直し検定の結果報告について布村審議官、伯井教科書課長から報告があり、布村審議官は、議員の納得のいく答弁ができなかった。徳永弁護士のメッセージは、はっきり勝敗つかずの検定結果になったので、微妙な意見である。(^^ゞ
 
沖縄戦「住民自決命令」神話を覆す新証言(草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 2008年02月27日)》
↑ 証言したのは、座間味村で民宿などを経営する宮平秀幸さん(78)。沖縄戦(昭和20年3~6月)の当初、15歳の防衛隊員として、同島に駐屯した海上挺進隊第1戦隊長、梅沢裕少佐の伝令役を務めていた。……梅沢少佐が「おれの言うことが聞けないのか」と弾薬類の提供を強く拒否した。
 
日本史の必修化に賛成!(憂国、喝! 2008年02月28日)》
↑自国の歴史、郷土の歴史を学ぶ意義を評価する声がある一方で、自虐史観に基づいた歴史授業が一部で行われる懸念も指摘されます。
 
異例の「学習指導要領改訂」の背景(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年05月18日)》
↑「学習指導要領」に対して国民に意見募集をしたところ、実に通常の七倍近い数もあり、しかも、小中学生の親にあたる三十代と四十代からの意見が全体の三割近くを占め、職業別でも、いつもなら教職員や団体職員が多いのに、今回は、会社員が全体の2割近くを占めたという。《学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領案、小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案等に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の結果について》も参照してください。ここにはたとえば、「在日外国人に対する教育の充実についての配慮が必要。」という意見もあり、それに対する文部科学省の回答は「外国人児童生徒に対する教育については、海外から帰国した児童生徒に対する教育とともに充実を図っています。具体的には、日本語指導等に対応した教員の配置、帰国・外国人児童生徒教育支援体制モデル事業の実施、外国人の保護者向けの就学ガイドブックの作成・配布などを行っており、今後ともこれらの施策の充実を図ってまいります。」となっている。
 
指導要領への「竹島」明記で韓国が抗議 ~竹島は政治問題以外の何物でもない~(アジアの真実 2008年05月19日)》
↑町村官房長官は、竹島問題を政治問題化すべきでないという考えを示したが、ブログ記者曰く:”韓国による竹島の不法占拠”は政治問題以外の何物でもなく、政治以外では解決する術はありません。……未来志向での外交も結構。しかし、関係を良好にするために領土へ対する主権を捨てるなどということは絶対に許されることではありません。
   
「元寇」を教えない対馬と九州の教育(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年10月12日)》
↑ある対馬市民などは「元寇は福岡の話でしょ?」と軽く言ってのけたという。福岡県太宰府市の「九州国立博物館」常設展示でも「蒙古襲来」に関する展示が極端に少ない。  当時の鎌倉幕府が対馬や壱岐などの離島防衛を初めから諦めていた、つまり見捨てたという論説もある。……しかし史実では、文永の役において対馬で玉砕した宗助国の軍勢の中に肥前(佐賀・長崎県)や阿波(徳島県)の御家人がいたことが記録されている。本土からの増援兵力が僅かながらも差し向けられていた訳である。また弘安の役では、事前に派遣されていた「武幹の士」が島民と共に粘り強く戦っている。出身地も広範囲で、陸奥・出羽(東北地方)、上野(群馬県)、下野(栃木県)、信濃(長野県)、三河・尾張(愛知県)、遠江(静岡県)、近江(滋賀県)、丹波(京都府)、備前(岡山県)、筑前(福岡県)、日向(宮崎県)、肥前(佐賀・長崎県)、豊後(大分県)と、日本全土に及んでいる(『対馬島誌』)。
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

人権問題批判:蔵出しブログ記事clip

 今回は人権問題批判。あっちこっちで「人権、人権」といって正義の味方づら、弱いものの味方面をする人権派がいるわけだが、もちろんそれを鋭く批判する人々もいる。


14歳少女に振り回された?-海兵隊員を不起訴処分(草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 2008年03月02日)》
↑花岡信昭メールマガジン534号の転載。・・・米兵に誘われて無防備にバイクに乗ってしまう「しつけの欠如」はどういうものか、などと書いたら、すさまじい攻撃が来た。例によってネット社会は「匿名を隠れみのとした誹謗中傷」が横行するという負の側面があるから、当方は「鬼畜」とまでののしられてしまった。こちらは「大人の社会の常識」を述べたに過ぎない。そこが理解できないようなら、もっと人間や社会の勉強を積んでから、ネットの世界に入ってきてほしいものだ。
 
これが人権擁護?勘違いも甚だしい太田(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年04月13日)》
↑チベット人の人権などは、「民族としての生存そのものをさえ追求不可能なところに追い込み、なおかつそれを指摘する国際社会の声に全くの無視を決め込んでいる国家権力に対して発せられている」人権。それに対して、「行政や当事者がもっと配慮をもって仕事をしていれば、あるいは当事者にもう少し誠意があれば何とかなった、といったようなレベルの」いわゆる“人権”もある。両者を一緒にすべきではない。
 
死刑廃止を推進する議員連盟とやらの主張について(名無之直人の日記 2008年6月17日)》
↑〔おすすめ記事〕死刑廃止論への疑義。ブログ記者曰く:亀井静香という政治家とかが「(死刑の)何か国民の幸せにつながっていくものが生まれたのか」と言ってますが、そんなのは明白です。人は死んだらおしまいです。死刑にすれば、それ以上(再犯と費用を)心配しなくて良くなるという効果がある事を、何故ことさらに無視するのでしょうか。……観念論とか道徳とか反省とかいう言葉を持ち出すのであれば、「人の死に釣り合う反省とは何か?具体的にどういった行動を取れば人間一人の命と釣り合うのか?」という設問にでも答えて頂きましょうか。
 
中共に日本人を売り渡したか外務省と政府(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年08月05日)》
続報・中共に日本人を売り渡したか外務省と政府(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年08月05日)》
↑「日本政府と外務省が日本国内にいる中国民主化支援者のリスト、支援グループのリストを全部中国に渡した」ということらしい。私(桜井和空)が思うに、そのグループが日本人でなく中国人であったとしても、中共は日本にスパイを送っているはずだから、それこそ日本で闇に葬られるかもしれず、まったく日本は人権無視の国に成り下がったのではなかろうか。
 
 
痺れをきらしていつ古賀氏は恫喝するのか-人権問題等調査会(草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 2008年03月01日)》
↑今のところ反対派が優勢のようだ。反対議員の意見も掲載されているので参考になる。
 
人権擁護法案の本質について(憂国、喝! 2008年04月17)》
〔おすすめ記事〕 ブログ記者の「現在のギスギスしたストレス社会を、さらに、助長させてしまう可能性がある悪法と思うのだ。」という認識に私(桜井和空)も全面的に賛成である。
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
【2008/12/12 20:17】 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) |

日本の政治(2):蔵出しブログ記事clip

 今回は、今年下半期の「日本の政治」に関するブログ記事である。移民受け入れ政策と周辺領域に目を向けない態度とが日本国を内と外からを崩していく。もう一つ、田母神空幕長が更迭された事件も今年の重大な政治問題だったと思うのだが、これは軍事のカテゴリーで扱う。

 
大概にしろ露スケ(ケシクズ 2008年05月27日)》
↑北方領土・国後島の港湾に埠頭(ふとう)を建設するため、ロシア側が韓国から鋼材を購入し、国後島に到着した。北方四島の返還を訴える日本側で、ロシアの実効支配の既成事実化に懸念が増しそうだという。ブログ記者は、「きちんとアピールして、領土をがっちり守りましょう。」と怒る。

移民受け入れの暴論に対案示す必要なし!(侍蟻 2008年07月05日)》
↑ブログ記者曰く:例えば現在でも多くの南米系外国人労働者が工場などで作業に従事するトヨタなどの自動車産業―。日本の人口そのものが減少し、まして若年層が減少しているというのに今以上に車の生産性を向上させる必要があるのだろうか? ただでさえ都心部では車の渋滞が日常茶飯事の車社会である。……車に限らず、今後の日本はあらゆる製品の生産性を向上させる必要はなく、労働人口の減少で生産性を云々するのは旧態依然とした前時代的な発想である。労働人口の減少及び少子高齢化社会になると言うなら、国・社会・経済の在り方こそを人口構成・人口規模に合わせるべきだろう。
 
[移民・単純労働]真の敵は「利権構造」にあり!(侍蟻 2008年07月22日)》
↑自民党参議院議員の中村博彦という、『外国人材交流推進議員連盟』(会長:中川秀直)の事務局長が徳島県の社会福祉法人理事長でもあり、移民受け入れの背景には介護関連での利権もあることが方々で指摘されている。
 
韓国に支配される対馬の実態(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年08月17日)》
↑政府がほとんど対策をとらないのがもどかしい。ブログ記者曰く:此の島の経済は行き詰まり島を切り売りしなければ食べていけない状況となってしまいました。島民が4万人を切り毎年千人以上の住民減少傾向の中で毎年の7万人からの韓国人旅行者の落とす金は対馬島民にとり例え毒が入っていても食べなければ生きていけない毒饅頭の様な物です。
 
有事の際には海上自衛隊のレーダー施設の破壊には数分しかかからない(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年08月18日)》
〔注目記事〕 対馬の海上自衛隊のレーダー基地の隣には、韓国密航船の入出港基地らしきものがあり、密航者、日本国内での韓国人犯罪者などの船の出航までの宿泊などを補佐していると推測できるそうだ。
 
対馬は政治の世界からも隅に追いやられている(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年08月17日)》
↑法律上は日本に持ち込むことが禁止の韓国国花の”むくげ”の樹木が対馬に持ち込まれ植えられている。
 
対馬を取り巻く日本の各都市(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年08月17日)》
↑日本国の対中・対韓の態度は絶望的に腰抜けである。これでは西洋からもそっぽを向かれてしまうだろう。ブログ記者曰く:私が住むNewZealandやお隣のAustraliaでは10年程前までは本気で日本との友好を望んでおりました。しかしこの数年その風向きが変わりだしました。「日本は西側諸国の一員なのか?」「中国がどの様な国か知っているのか?」と言う事から始り今では「日本とは友好などと回り道をせず中国、韓国の様に言い掛かりを付けて金銭を、富をむしり取った方が手っ取り早いのではないか」と変わってきました。
 
対馬が危ない-行幸啓記念碑の土地も韓国人が買収(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年09月26日)》
↑この買い占められた土地は、海上自衛隊対馬防備隊本部と隣接していた。「当初、真珠業者は自衛隊に買って欲しいと要望したが、予算組みが出来ないと言っているうちに、韓国人により買収されてしまった。この『RESORTTSUSHIMA』だけでなく、この町は基地を取り囲むように韓国資本が多数入っている。竹敷は、韓国村・韓国集落になってしまった」(友納氏)。……〔私・和空が思うに〕基地周辺に敵の歩哨が出来たようなものだ。自衛隊のどんな小さな動きも逐一韓国に通報されるだろう。ひとたび事が起きたら極端に動きにくくなるのは火を見るよりも明らか。予算が組めないというからには、この事態は政府の責任だ。政府そして自民党の平和ボケと軍事的無知をさらけ出しているようなもの。
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

日本の政治:蔵出しブログ記事clip

 今年から「蔵出しブログ記事clip」はこちらのブログに掲載しようと思っていたが、重要だと思ったブログ記事をメモ帳に溜めるだけ溜めたまま掲載せず、とうとう年末まで蔵にしまっていたことになる。だから「蔵出し」と付いているんだが。(笑) これから数回にわたりいくつかにジャンル分けして一挙蔵出しをするが、まあ、私がブログで見た今年の重大ニュースといったところだろう。今回は、日本の政治(上半期)である。

 
 
”原爆についてアメリカへ非難決議を出すべきか” ~中川昭一氏の発言について考える~(アジアの真実 2007年12月18日)》
↑ブログ記者の意見では、中川発言は正論ではあるが、決議するのは得策ではない。むしろその意思表示をしっかりしていくことが大切。
 
崩れゆく自民党の芯(Doronpaの独り言 2008年01月08日)》
↑ブログ記者曰く:通常であれば参議院であれだけ与党が惨敗すれば、世論の政治バランス上これまでは野党に厳しく与党に甘い判断が示されることが一般的でありましたが、……これまでの動きとは明らかに違う世論の流れとなっています。世論は徐々に左に向きに進路を変えて進もうとしているようです。
 
自民党と民主党の違い(無党派日本人の本音 2008年01月12日)》
↑正論を吐いてくれてます。現在の民主党をかつての民社党と比較していたりして、さすが戦前派のブロガーです。(^^ゞ
 
外国人参政権の問題点とその解決策(草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 2008年02月27日)》
〔おすすめ記事〕論点ごとに整理されていてわかりやすい。
 
政界再編の生贄?福田康夫(依存症の独り言 2008年3月10日)》
↑福田首相への手厳しい評価。ブログ記者曰く:福田氏が首相になったのは「時代の要請」なのだと思うようにしている。福田氏は、政治と自民党に対する国民の不信感をより一層高めるために登場したのだ。そして、もう一方には、同じように政治に対する不信感を高めてやまない小沢一郎氏がいる。この福田と小沢は、政界再編を促進するために今、存在しているのではないか。これが目に見えない天の采配なのではないか、そう思うのである。
 
自民党の一手(名無之直人の日記 2008年03年26日)》
↑「必要な法律は、全部衆院で作るか、変える(日銀法も)。もう野党との協議は一切無視。参院だって審議してないんだから、全部無視。衆院で作って、60日後に再可決で全部オーライ。問責決議案も無視です。」
 
外国人参政権の悪夢がいよいよ現実に…(Doronpaの独り言 2008年04月14日)》
↑ブログ記者曰く:外国人参政権法案成立に向けた動きがここにきて急速に動きだしそうな気配です。これまで私は人権擁護法案はあくまで外国人参政権の次にくると指摘してきました。この人権擁護法案を推し進めるカルト教団創価学会・公明党から「国籍条項が問題なら、人権擁護委員には地方参政権保持者を条件にすればいい」という発言が最近になって聞こえてきているからです。つまりこの発言は、まず外国人参政権を通してから次に人権擁護法案をという彼らの意図がはっきりとあらわれているのです。
 
自治とは自ら治めること:NHK『大返済時代』所感(名無之直人の日記 2008年04月22日)》
↑「自治体の運営とは、基本的に住民の納税額の範囲内に収められるべきなのです。当たり前ですよね。税収が10億しかない自治体が、100億もの運営費を要求し続けられるわけもありません。」などと、ごもっともな意見。国民も自分の不満が合理的なのかどうかをよく考えるべき時代が到来している。
 
移民庁設置など言語道断だ!(侍蟻 2008年05月09日)》
↑ブログ記者曰く:移民政策とは一旦でも門戸を開けば、もう後戻りは許されず、その門戸の開放は拡大こそすれ閉鎖の方向に向かうことはまず無いと考えるのが世界各国の流れを見ても妥当だろう。確かに外国人も増加しているが、外国人の増加を懸念する向きが日本国民の間で強まっていることもまた事実である。
 
京都議定書で地球温暖化は防げるのか―環境ビジネスにはご用心(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年05月15日)》
〔おすすめ記事〕ブログ記者曰く:このままでいくと2012年に日本はロシアあたりから何兆円も出して排出権を買い取り、目標排出量未達分を埋め合わせる選択肢しかないようである。それにしてもこの議定書で決めた各国の削減量が達成された時に、温暖化は本当にストップするのであろうか。極めて疑わしい。日本の場合何兆円という大金を払い(国民の税金である)排出権を他国から買うことに何の意味があるのか、温室効果ガスを減らすのに本当に役立つのか誠に疑わしい。
 
狙われている沖縄-中国は沖縄を日本の領土として認めていない(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年06月03日)》
↑自民党内では道州ブロックの区割り4案が提示され、沖縄は4案いずれも単独州に設定された。中国が尖閣諸島はおろか沖縄までも自国の領土として虎視眈々と狙っているこうした情勢のなかで、沖縄が単独州になることに危機感を覚えざるを得ない。
 
移民受け入れで日本の未来はどうなる?(Doronpaの独り言 2008年06月09日)》
〔おすすめ記事〕自民党の「外国人材交流推進議員連盟」(会長=中川秀直・元幹事長)が、「日本の総人口の10%(約1000万人)を移民が占める『多民族共生国家』を今後50年間で目指す」と明記した移民案を提示。ブログ記者曰く:そのモデルとされる欧米は、日本のように過去数千年にわたって同一の文化や歴史を共有してきたいわゆる単一民族的社会基盤とは全く異なります。今後日本が移民を受けれると仮定した場合どのようなメリット・デメリットが予想されるのかを公に提示し、国民的合意を進めていく必要があるはずです。
 
自民議連が移民1000万人を受け入れ提言 ~日本消滅の序章か~(アジアの真実 2008年06月13日)》
〔おすすめ記事〕ブログ記者曰く:日本国の消滅の序章と言っても決して大げさではないと思います。……他民族の大量流入というのは、今までまったく経験がないのです。唯一あるとすれば、戦時中の労働力不足の際、当時日本であった朝鮮半島から労働者を流入させたことくらいですが、その結果どのようなことが起こったか。戦後60年以上経った現在も、「在日問題」として様々な問題を引き起こしている。……人口の10分の1が外国人となれば、混血も進み、いずれ純潔な日本民族の血というものも失われる日が来るかもしれません。
 
新カテゴリー「移民と外国人労働者」問題(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』 2008年06月15日)》
↑かつて上野公園に住みついたイラン人を排除しようと戦った経験からブログ記者曰く:10万人ほどのイラン人でさえも大騒ぎとなったのです。1000万人もの外国人移民を受け入れるということの深刻さを、まだ国民は誰一人として自覚していないでしょう。
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 

国籍法を考える(1)国民無視の強行採決

 どうせ今日、参議院で可決成立してしまうのだろうが、無駄だと分かっていても書かざるをえない。「国籍法」というのは、日本人とは何か、誰が日本人なのかを決める重要な法律である。こんなに重要な法案を、国民に何も知らせないで議論不足のまま可決成立するのはひどすぎる。

 そもそもこの問題が発生したのは《平成20年06月04日 最高裁判所大法廷 判決》による。それについて桜井誠氏が街頭で批判演説をしている。

 
12.3 最高裁判所に抗議 桜井誠
 
 

 そして、これが日本の民主主義の実態だ!


【日本人を粛清せよ!】音声を止めろ!速記を止めろ!【言論封鎖で騒然!】

 丸山和也(自民党)議員が採決前に発言を求めたが、千葉景子(民主党)議員がそれを制止するよう手で合図し、澤 雄二(公明党)参議院法務委員長が速記をやめさせて音声も消させている。こういうのを言論封鎖というのではなかろうか。しかし、この丸山議員が法案には賛成したというのは、ちょっとどうかしているとも思うのだが・・・。

 これまでに、山谷えり子(自民党)・田中康夫(新党日本)・白真勲(民主党)の議員が委員を辞任したそうで、おそらくは反対派だったのだろう。代わりに、小池正勝(自民党)・松浦大悟(無所属)・鈴木寛(民主党)の各議員が入ったそうだが、この人々はおそらく賛成派なのだろう。参院ではいちど委員会採決が延期になったから、賛成派でゴリ押ししようとしたのではなかろうか。

 

 このような国籍法改悪がなされるなら、私はもはや自民党も応援しない。

 
 

 民主党は付帯決議で「父親と認知された子が一緒に写った写真の提出をできる限り求める」としているが、それだけでいいのか? 写真なんていくらでも合成できるではないか! それどころか逆に、うまく合成できた多数の写真に合致するような都合のいい作り話をどんどん重ねていけば、役人は簡単に欺ける。

 種馬ビジネスがありうるということは改正反対派が主張している。狙われるのはおそらく多重債務者。金が欲しければ指定する外国人女性との間に子どもを作り認知しろというもの。「いやなら金をすぐに返せ」と脅迫されたら、やらざるをえない。そして、どうせ彼らは自分の稼ぎでは子どもを養えないのだから生活保護を受けることになる。そして、その金もむしりとっていく。女は、子どもを夫に押しつけて姿をくらまし、性産業で働くのだろう。そこまで役所が追跡調査するとは思えない。そして、在留許可の期間が切れるので、子どもが成人する頃に帰国する。あるいは不法滞在する。

 もうちょっと悲惨な可能性としては、この外国人女性からも父親からも見捨てられた女子が、小さいうちからアンダーグラウンドで性産業に奉仕させられることがありうる。種馬ビジネスまで利用して日本に留まろうとする外国人女性は、自分が在留許可を得られれば娘のことなんか知ったことではないだろう。これに関しては日本人の尺度で測らないほうがいい。「誰かが面倒をみてくれるなら私は知らない」という生き方もある。

 これからはさらに、人工授精だって盛んになってくるだろう。多重債務者などに精子を無理やり提供させ、大量に子どもを作らせ、「間違いなくおまえの子だから認知しろ」と脅迫する。あるいは、性産業でコンドームについた精子を使って人工授精するとか・・・。みなさん、自分の精子の管理には十分に注意しましょう。←単純に(笑)で終わらせられないところがコワイ。さらに原始方法では、外国人女性に襲われて精子を奪われ、いずれ認知を強要される。男性諸君、夜道には注意しよう。←これも冗談で済ませられないところがコワイ。

 

 我ながらなかなか想像力が豊かだなあと笑ってしまうが、こんなことまで書いて反対運動をしなければならないのが口惜しい。政治家は、もっと世の中のダークサイドまで考えて立法してほしいものだ。

 

 また、きちんとした機関のDNA鑑定書を使えば、父親も役所も認めざるを得なくなるだろう。「DNAも親子を示しているし認知だけでいいのになぜ国籍が認められないのか」と裁判を起こされることになる。すべては、婚姻という形をとらなくとも認知だけで国籍を認めるという方式に変えるから起こることである。結婚をしていなければ国籍を認められないとなれば、こんなメチャクチャな国籍獲得の方法をとる人はいなくなる。

 国籍取得の手続はそう簡単ではないという法律家の見解もあるようだが、いまだ国民になっていないにもかかわらず「法の下に平等に反する」と違憲判決が出たくらいなのだから、それこそ「DNA鑑定で確実にこの父親の子だと認めうるのだから国籍を与えろ、さもなくば憲法違反だ。」ということになると、脅迫によって手続きに連れて来られても、それはもはや父親の問題ではなくて子どもの問題なのだから、日本国籍は与えられてしまうだろう。最高裁判決が、「これは子どもの人権の問題だ」と規定したことが重大な論点なのである。

 しかしながら逆に、認知のみによって国籍が取得できるとなると、それを悪用するために子どもを道具として使う人々が出てくる。すなわち、法改正によって将来の子どもに対する人権侵害が誘発されるのである。今問題になっている子どもたちは、日本国籍がほしいのなら成人してから帰化するように国で援助すればいい。その子どもたちがきちんと日本国のことを勉強して日本国を大切にする心を養っていけば、この問題は解決しよう。人権救済はそういう形でなされるべきである。日本人同士の間に生まれた子だって愛国心を養うように教育される。とくに外国人女性との間に生まれた子は、母親の文化が違うので愛国心をふつう以上に学び身につける必要がある。

 

 だが、これが実態だろう。《衆議院議員河野太郎発行メルマガ「ごまめの歯ぎしり」》のコメント欄152.から引用。

 医療機関に勤めているものですが、最近では生活保護の診療依頼書をもった外国人女性が増えています。
 彼女たちは日本のビザや永住権や国籍が欲しいため日本人男性と愛情の無い偽装結婚して一応子供を作ります。日本人男性は外国人の奥さんをもらえることだけで本当の愛と信じようとしていますが、結局永住権をもらったり子供ができたら即離婚です。
 そして片親の保険証を作りまず子供の医療費を無料にします。自分は生活保護をもらい、そして外人バーなどで働きます。生活保護がもらえたら本国から家族を呼び寄せ、同国人の彼氏と同居しながら(または結婚し、ビザをもらう)生活保護で生活します。医療費、もちろん無料です。
 一家一人も純粋な日本人が居なくても、日本の国民の納めた税金や、健康保険料を使って無料の恩恵を受けています。そして自分が働いて得ているお金は申告せずに税金もはらいません。こういう人が本当に多く、自分の納めた医療費からこいつらの治療費が出ていると思うと腹立たしく思います。
 こういう実体をもっと知ってください!これからどんどん増えます! 私たちが一生懸命苦労しながらしぶしぶ納めている税金や健康保険料が、こういうアメーバー達に侵食されています。そして、彼らには日本を良くしようとか、日本が好き(文化)等という高尚な考えはありません。外国で、寄生して生きていけると思っているだけです。
 
コメント by natuki — 2008/11/18 火曜日 @ 4:03:06
 

同じくコメント欄247.より引用。

うがったみかたとして、わざと虚偽認知をも黙認して多数の未成年外国人を日本国民として受け入れる事で「移民政策の一環」として機能させる狙いがある、という説を見受ける事がありますが、この考え方には落とし穴があって、
 
外国在住のまま偽装認知の手続きを現地の日本大使館に申請すれば、何も日本に移住することなく、子の日本国籍取得だけ果たす事が可能である
 
ので、必ずしも移民政策の足しにはならず、しかも国外に居ながら成人すれば国政選挙の選挙権すら得てしまうので、日本国に敵対的な集団が計画的に偽装認知を経て多くの票を有してしまうと日本国にとって極めて忌々しき事態に陥ってしまいます。
 
ですから、誤った見方で「事実上の移民政策になって日本の利益になる」と考えてしまうのは的外れで、むしろ日本の国益を著しく損ねる惧れのある非常に危険な路線であると言わざるを得ません。
 
コメント by k — 2008/11/18 火曜日 @ 6:06:57

結局は選挙権が外国人にバラ撒かれて政治が不安定になるのである。

 

同じくコメント欄378.より一部引用。

Q. 偽装は厳しく取り締まる、って擁護派の人は言ってるけど?
A. 不可能です。日本の認知制度は、「意思主義」。つまり、「真実、自分の子でないと知っているが、子として育てたい」というのを広く認めます(判例)。父親に認知の意思があるときにDNA鑑定や、性的関係の存在は不要です。したがって、多重債務者やホームレスが「中国のかわいそな子を認知して自分の子とした」といえば、偽装でも何でもなく、合法です。取り締まりようがありません。
 
 

 なんだかバタバタしているうちに決まってしまって、私もゆっくり考えている暇がなかった。しかし、たとえこの国籍法が改悪されたとしても、あえて考察を続けてみたいと思う。

 
 
 
 
人気blogランキング
↑国籍法改正に反対の方、、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 
 
 
【2008/12/05 06:00】 法律 | トラックバック(0) | コメント(1) |

国籍法改正の危険性:蔵出しブログ記事clip

 おそらく今年最大の政治的問題! 国籍法改正案がいつのまにか成立して日本国が崩壊していく危険にさらされている。
 
 テレビ朝日の「朝まで生テレビ」でもちょっとだけ取り上げられ、少しは一般の人々も耳にしたと思うので、この国籍法改正問題を指摘したブログ記事などをいつくか紹介しておく。とくに重要な点はここに引用してあるが、時間のある方はぜひリンク先のブログ記事をご参照願いたい。なお、このあとも重要なブログ記事などが出てきたらこのページに随時補足していく。
 
 
国籍法改悪案の反対署名
2008年12月2日23時30分現在、匿名も含めてですが、5000件以上の反対署名があります。
 
今後は中国人同士の子供でも日本国籍が取得可能に ~危険な国籍法改正案が成立寸前~(アジアの真実 2008年11月01日)》
〔注目記事〕ブログ記者曰く:この法案の危険性は、父親が「認知」さえすれば良いと言う点にあります。……この法案が通れば、偽装結婚などしなくとも、全く関係ない第三者の日本人が「それは俺の子供だ」と言うだけで合法的に子供を日本人にさせることができ、尚かつ親も合法的に日本に滞在することができます。不法就労やスパイ、工作活動目的の外国人にとっては願ってもない法案です。……せめてDNA鑑定が必須条件となっていれば偽装の届け出は防げるのですが、それが条件となっていない限り偽装を見抜くことは困難でしょう。
 
混乱と崩壊をもたらす国籍法改正案(Doronpaの独り言 2008年11月11日)》
〔おすすめ記事〕ブログ記者曰く:国籍法改正における大きな問題点は3つあります。1つは、日本に不法滞在していた外国人女性に対して「子供の養育者」として特別在留許可が降りるケースが頻発する。……2つは、「偽装結婚」のための戸籍売買の闇相場は数百万円と言われており、この現状を考えても、(偽装認知に対する1年以下の懲役または20万円以下の罰金では)刑罰が軽すぎて偽装の歯止めにはならない。……3つは、不法滞在を逃れるために、なんとしても日本人男性との間に子供を作ろうする外国人女性が何万とでてくるでしょう。ある日突然一夜の遊び相手だったはずの外国人女性から認知を迫られたら……日本各地で家庭崩壊の悲劇が連鎖していくのです。
 
国籍法改正案に断固反対するスレ(★厳選!韓国情報★ 2008年11月14日)》 ↑NHKで放送されたという図の解説がわかりやすい。
 
二重国籍取得は更に恐ろしい事態に(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年11月15日)》
〔おすすめ記事〕実の子供ではなくても、日本国籍の男性が認知すれば、実の子かどうかの事実が分からなくても日本国籍が取得でき、偽装認知が可能になる。これによって新たに日本国籍を取得した人間がいかに日本の評判を落とすかが非常に心配される。
 
これでよいのか?国籍法改正(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年11月15日)》
国籍法改正-その本質は家族解体運動を助長(草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 2008年11月15日)》
〔おすすめ記事〕「婚姻要件」を排した最高裁判決が論理破綻しているのではないかという合理的な論説。また、文化摩擦が起きるとの意見。
 
成り済まし日本人急増と国民の反発!(侍蟻 2008年11月17日)》
↑入国管理局でもいい加減なやり方になっていて不正を取り締まれないらしい。不正をする者はとにかく嘘をついて平気だが、取り締まる側はそれ以上の介入が出来ない。どうして成り済ましを見抜き排除できようか。
 
【記者ブログ】総理番のお仕事(6)国籍法のゆくえ 福島香織 (2/5ページ)(MSN産経ニュース)》以下
↑ちょっと甘い見解だが、女性記者の視点から。
 
法務省前+参議院会館前、連続街頭活動の報告(Doronpaの独り言 2008年11月25日)》
↑このブログ記者による参議員会館前での国籍法反対演説にひとりだけ民主党の姫井参議院議員が立ち止まって聞いてくれたという。議員本人からも国籍法改正に問題意識を持っている旨の発言もあったという。
 
国籍法は日本乗っ取り法案(へっぽこ時事放談 2008年11月26日)》 ↑ここに紹介されているメルマガの“日本国乗っ取り”のシナリオは必ずしも実現可能なものではないとは思うが、このような可能性さえ考えなければならない国籍法改正はまさしく“改悪”である。
 
改正案「公明党はなぜ急ぐ」(博士の独り言 2008年12月2日)》
↑ブログ記者は、公明党が採決を急ぐのは創価学会の布教と公明党の票集めがその背後にあるからだと考え、以下のように論ずる: 困った外国人を入会させ、組織的に保護している、との実情もあるようだ。そうした外国人信者ケアのための組織活動の一環として、同時に、「子」を先々の有権信者とする意図から、国籍法改正案の法律化を必要としており、公明党が法律化を急ぐ理由がそこにある。
 
 
 
人気blogランキング
↑国籍法改正に危機を感じる人は、是非こちらをクリックしてください! 
 
 
 
 
 
 

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    11 | 2008/12 | 01
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。