時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

朝日のウソ日(1)国民国家を消したいらしい

 最近あまりにもひどい朝日の見出しを見たので、これから「朝日のウソ日」というカテゴリーを作って記事にしていこうと思う。ま、今回は「一昨日は朝日のウソ日」でしたというご報告である。
 
 さて、今回のウソは、本文には「国民国家で構成される国際社会システムはほぼ形をとどめなくなる」と書いてあるのに、見出しに「国民国家システムは消滅」と書いているウソ! これじゃまるで国家の統治機構そのものが消滅して、お花畑アタマの世界市民の時代が来るみたいじゃないか。まあ、見出ししか見ないほどの低能人間を世界市民へと洗脳するために姑息なことをしているのかもしれないが。
 
2025年、国民国家システムは消滅 米情報機関が予測

(asahi.com 2008年11月22日11時52分)

 【ワシントン=梅原季哉】米政府の全情報機関の分析予測を統括する国家情報評議会(NIC)は20日、2025年の国際情勢を複数のシナリオで予測した報告書を発表した。米国の政治経済的影響力が相対的に低下し、国際社会は多極化に向かうと予測。資源競争や不安定化のリスクは増えるとの見通しを示した。
 
 報告書は、経済のグローバル化などによって、国民国家で構成される国際社会システムはほぼ形をとどめなくなると分析。従来の西側経済発展モデルに代わり、中国やインド、ロシアに代表される「国家資本主義」が力を増すだろうとした。とりわけ中国は、世界第2位の経済大国となり、「今後20年間、どの国よりも世界に影響を及ぼす位置にある」との見方を示した。ただし、中国やインドは、国際社会のシステム全体を変えることよりも国内の発展になお関心を向けているとも予測した。
 
 米国は単独国家として最強であり続ける可能性が高いものの、経済力や軍事力は低下、内政と外交上の間で困難な選択を迫られるとした。ドルは唯一の基軸通貨の地位を失いかねないとも見ている。
 
 不安定要因としてのテロリズムが撲滅される可能性は低いが、中東諸国で経済発展が続けば、国際テロ組織が大衆にアピールする力は低下する可能性もあるとして、特にアルカイダ自体は衰退する可能性も指摘した。朝鮮半島では、完全な統一国家ではないにせよ、南北の何らかの形の国家連合が実現する可能性は高い、との見方を示した。
 
 日本については、総論の中での言及は少ない。ただし、欧州諸国と並んで高齢化が課題になるとして、長期的な衰退の可能性も指摘した。
 
 日本に個別に触れた分析としては、国力は「中の上」クラスを維持するものの、内政、外交とも政策見直しを迫られるとした。内政面では、おそらく一党支配の構造は完全に崩壊するとして、自民党がいくつもの党に分裂する可能性もあり、政党の離合集散が続く可能性が高いとみた。
 
 外交では、米中両国の政策によって左右されると指摘。その上で(1)成長する中国と経済的関係を深めるが、軍事力への懸念から安全保障面では米国と接近(2)中国経済が崩壊するか軍事的脅威が高まり、日本は米国と連携して中国の孤立化をめざす(3)米国がアジア関与を低め、日本は中国と接近(4)米中が政治軍事的に接近、日本も地域諸国に同調してこの流れに従うとの四つのシナリオを提示している。
 
 NICによるこの種の報告書は97年に始まり、今回が4回目。外部の学識経験者らとの意見交換も踏まえて作成された。機密情報に基づき断言する予測文書ではなく、あくまで複数のシナリオを提示するのが目的としている。
 
 報告内容自体は、たいして目新しいものでもない。
 
 日本国内での政党の離合集散はありうるだろう。民族主義の愛国政党と世界市民の売国政党とにきれいに分かれてくれると投票しやすくなるのだが。┐(´~`)┌
 
 外交は、愛国政党ならば日米同盟に基軸を置き、売国政党ならば中国にすり寄る。ただし、愛国政党ならばアメリカと歩調を合わせて中国と接近するという場合はありうる。もっぱら経済重視で中国に接近すれば、むしろ日本の政策は誤った方向に進むだろう。そして、現在の日本政治がそのような方向に進んでいるという点は深刻な問題である。金のためなら何でも変える・・・そんなことになったら日本は日本でなくなる。そして、現在そのようなことが進行中なのである。
 
 
 ちなみに、下の左側は最近読んで面白かった本。さらっと読めて世界情勢が大局的な視点から理解できた。右側は、これから読もうかと思っている本。そのうち記事ネタにするかな。(^^ゞ  
 

 
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 
スポンサーサイト

日本の緊急事態!国籍法が改悪される

 
 だいぶヤバイ状態らしい。いろいろ文章を練っている時間さえなさそうなので、とりあえずYouTube動画だけでもUPしておく。とにかく自分に出来ることは少しでもしなければ! お時間のある方はぜひ見てください。なんで国会議員のほとんどが知らないうちにこんな重大な法案が国会採決にまで進もうとしているの???
 
 

 
 

 
 

 
 
否決するよう政治家に働きかけよう!!!
 
 
 
 
人気blogランキング
↑かなりヤバイ状況だと思う人は、ぜひクリックしてランクの順位をあげて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【2008/11/16 11:56】 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    10 | 2008/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。