時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

安倍内閣は多くの業績を残した

 安倍内閣は何もしないまま退陣したという否定的評価がなされていたように思う。これは全くの誤解で、安倍内閣はすごくいろいろなことをやってきたのだが、マスゴミのお気に召さなかったので、そしてマスゴミがその輝かしき業績を思い出したくもないので、「何もしなかった」とマスゴミが評価しているにすぎない。「いや、国民がそう言っている」などとマスゴミは弁解するのだろうが、そもそもマスゴミがその業績の歴史的意義きちんと伝えてこなかったのだから、国民が何も評価できなくて当然である。庶民感覚だけで評価し、“庶民感覚で理解できないものは存在しないも同じ”という風潮を多くのマスゴミが作ってきた中で、産経新聞はきちんと伝えているようだ。こんな記事があった。

 
安倍首相への評価 「短期間に多くの業績残す」

(産経新聞 2007/09/16 08:00)

 【ワシントン=古森義久】日本の民主主義やナショナリズムの研究を専門とする米国ジョージタウン大学東アジア言語文化学部長のケビン・ドーク教授は14日の産経新聞とのインタビューで、安倍晋三首相の辞任表明に関連して、安倍氏が米国では日本の歴代首相のうちでも「明確なビジョン」を持った指導者としての認知度がきわめて高く、米国の対テロ闘争への堅固な協力誓約で知られていた、とする評価を述べた。
 
 ドーク教授はまず安倍首相の約1年に及ぶ在任の総括として「安倍氏は比較的、短い在任期間に日本の他の多くの首相よりもずっと多くの業績を残したが、その点がほとんど評価されないのは公正を欠く」と述べ、その業績として(1)教育基本法の改正(2)改憲をにらんでの国民投票法成立(3)防衛庁の省への昇格-の3点をあげた。
 
 同教授は米国の安倍氏への見方について「米国では安倍首相への認知が肯定、否定の両方を含めてきわめて高かった。たとえば、森喜朗氏、鈴木善幸氏ら日本の他の首相の多くとは比較にならないほど強い印象を米側に残した。慰安婦問題で当初、強く反発したこともその一因だが、日本の今後のあり方について明確なビジョンを示したダイナミックな指導者として歴史に残るだろう。安倍氏が米国の対国際テロ闘争に対し堅固な協力を誓約したことへの米国民の認識も高い」と語った。
 
 ドーク教授は安倍氏の閣僚任命のミスなど管理責任の失態を指摘しながらも、「戦後生まれの初の首相として日本の国民主義と呼べる新しい戦後ナショナリズムを主唱して、国民主権の重要性を強調し、対外的には国際関与を深める道を選んだ。安倍氏が『美しい国へ』という著書で日本の長期の展望を明示したことは、今後消えない軌跡となるだろう」とも述べた。
 
 同教授はさらに「逆説的ではあるが、安倍氏の辞任表明の時期や方法も、それ自体が業績となりうると思う。健康上の理由、政治上の理由、さらには唐突な辞任表明での責任の問題もあるだろう。だが安倍氏が国民投票法など本来、まずしたいと思ったことを達成し、さっと辞任するという動き自体が今後の政治指導者の模範例となりうる」と語った。
 
 同教授はまた「現在の日本での安倍氏への評価は戦後の旧来の産業社会の文化や規範を基準としており、情報社会の文化基準を適用していないために、『戦後レジームからの脱却』などがあまりよく理解されず、支持されないのだろう」と説明した。
 
 

 
 【プロフィル】ケビン・ドーク氏
 
 1982年、米国クインシー大卒、シカゴ大で日本研究により修士号と博士号を取得、ウェークフォレスト大、イリノイ大での各助教授を経て、2002年にジョージタウン大に移り、東アジア言語文化学部の教授、学部長となる。日本での留学や研究は合計4回にわたり、京大、東大、立教大、甲南大、東海大などで学び、教えた。著書は「日本ロマン派と近代性の危機」「近代日本のナショナリズムの歴史」など。
  ↑サイトにケビン・ドーク氏の写真あり。  
 

 で、安倍内閣の退陣は、戦後レジーム擁護派とマスゴミが、足を引っぱったことによる。《ツキに見放され…記者が振り返る安倍政権の軌跡(iza 2007年9月17日)》が、その状況をよくまとめてくれている。また、《“直球”首相退陣、曲がる日本の針路 阿比留瑠比(iza 2007年9月12日)》では、

「こう(政治とカネの問題が)続くとね。たいしたことじゃないことまでここまで書かれると、ちょっとくたびれる」
 首相は最近、周囲にこう漏らし、疲れも訴えていた。政治とカネの問題をめぐる一向にやまないメディアの政権批判もこたえていたのだろう。
という証言もある。《安倍放り投げ辞任(よみうりウィークリー 2007年9月18日)》を見ると、安倍首相がいかに精神的に追い詰められながら頑張っていたかが想像され、こちらまで涙目になる。

 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
↓本をご購入の際はこちらからどうぞ。

 
 
 
スポンサーサイト
【2007/09/20 07:34】 政治 | トラックバック(1) | コメント(1) |

政権奪取か国民の「食卓」か

 たぶん民主党は参院選での圧勝の余勢をかって攻勢をかけてくるんだろうが、国会が動かなければ国民の「食卓」にも大きな影響が出てくる。

政局混迷、「食卓」に打撃も=年度末に軽減関税失効なら-420品目に影響

[時事通信社:2007年09月15日 15時10分]

 安倍晋三首相の突然の辞任表明は思わぬ波紋を広げ、輸入食品の値上げをもたらし、国民の「食卓」が打撃を受ける可能性も出てきそうだ。新内閣が誕生しても野党が参院の主導権を握る「ねじれ国会」の審議は予断を許さず、仮に予算関連法案が年度内に成立しない場合、関税率軽減の暫定措置も来年3月末で切れてしまうからだ。

 関税率の暫定措置は毎年度更新され、現在の対象は約420品目に上る。このうち、ビール原料の麦芽は一定量を超えた部分に限って1キロ当たり21円30銭の関税が課されているが、暫定措置が失効すると、これが輸入量全体に一律に課税されてしまう。牛肉の場合は38.5%の関税率が50%にアップするため、外食産業には「(経営への)影響はゼロではない」(吉野家ディー・アンド・シー)と警戒感も出ている。 

 さあて、どうなりますかね。民主党は「国民の暮らし」を優先させるような物言いで国民の支持を得ているが、自分たちが政権を奪取するために国会を紛糾させ、国民の食卓にしわ寄せが来ることもありうる。しかし、すんなり予算関連法案を通すことにすると、「政治とカネ」の問題を追及する手をゆるめることになる。「食卓」のためならカネの問題は棚上げにしようとなれば、旧来の自民党と同じではないか。


 ということで、私としては民主党が徹底して自民党の影の部分を攻撃して自民党を失墜させつつ国会を紛糾させ、その結果として国民の食卓にも打撃を与えて民主党が国民の信頼を失う・・・というシナリオをきぼんぬ。(^▽^;

 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
↓本をご購入の際はこちらからどうぞ。

 
 
 
【2007/09/16 17:30】 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) |

結局はあいかわらず森派

 福田氏が立候補すれば、私が期待していた町村氏は出ない。残念なことだ。町村派内ではこういう情勢だった。

福田元官房長官への支持、じわり拡大 自民総裁選

(朝日新聞 2007年09月14日07時31分)

……〔前略〕……

 13日昼の町村派総会。出席者の意見は半々に割れた。

 「人心一新を目指すには、安倍政権にかかわっていない福田さんがいい」。一方、「派閥のリーダーが出るべきだ」と、会長の町村外相を推す声も出た。最後に引き取った森氏は言った。

 「安倍さんが出る時、私は少し考えるべきじゃないかと、『安倍温存』を考えていた。町村さんについても同じような気持ちがある」

 森氏としては、この局面で党内をまとめるには、各派のベテランから信望があり、手堅い政治手腕の福田氏が適任と見ていた。ただ、派内には町村氏を推す声もあるうえ、町村氏自身も立候補に意欲を示していた。森氏は「温存」という言葉で、町村氏のメンツを立てつつ、福田氏擁立の道筋をつけたのだ。

……〔後略〕……

 こうやってみると、名称は町村派でも、実質的には森派じゃないか。まあ、森院政か森大御所政治なんだろうが。町村氏は逆風で首相になるのを躊躇ったか、「温存」という形でもう少し後で活躍するつもりなのだろうとは思うが、問題は、それまで自民党自体がもつかどうかだ。

 この様子だと、また昔の派閥政治に逆戻りすることになる。自民党は小泉以前に戻る。さて、これでどれだけ国民に自民党を支持してもらえるか。当面は自民党の国会議員集団が空中分解するのを避けられるのだろうが、次回の衆議院選挙では惨敗するだろう。最近は政策によって議員を選ぶという方向性が出てきたが、以前は地方への利益誘導型の議員が選ばれていた。このような時期に自民党が地方重視に舵をきるということは、昔の自民党に逆戻りする方向性をも含意している。ここで単にそのような旧態依然の形に逆行するならば、自民党に日本の未来は任せられないだろうね。

 自民党には、保守政党という看板にふさわしく保守的な立場の人々と、思想的には無節操でただ権力だけ求めている議員とがいる。後者は、これまでのようにバラマキ選挙で勝てるわけではなく、知名度で生き延びている。これからは丸川珠代議員のように、結局は知名度でまさる自民党議員が増えるだけである。保守思想をもって知名度の高い候補者を擁立するのならいいのだが、ただ知名度だけ高い人物を擁立するようなことが、これからの自民党にも続いていきそうな気がする。(もっとも私は保守思想を“伝統的日本の基盤を温存する”という意味で使っていて、いまや保守思想とはバブル時代の再来を願う思想という意味になっているのだろうが。) 結局は保守と革新の二大政党ではなく、思想的には無節操な二つの大きな大衆迎合政党が形成されていくことになるのだろう。

 ネット上では政治に関心の高い人も多いが、国民全体として考えてみると、ますます国政選挙が人気投票化し、まともに政治を考えようとする国民をしらけさせるだろう。


 流れをみると、おそらく自民党総裁は福田氏になるのだろう。福田氏は確かに手堅い政治手腕をもっているのだろうが、どこまで“主張する外交”を維持できるか。《福田康夫オフィシャルサイト》をみると、いかに意見のない人間かがわかる(←サイトのオピニオンのページに何も書かれていない!)。たんにそれだけならいいが、ネット上では福田氏は中韓に譲歩するだけの政治家というイメージが強いようだ。

 たとえば《【安倍総理大臣辞任】 福田康夫ってどんなヤツ?まとめ(再掲)(worldwalker's weblog (・∀・)!china free(没包含中国的東西) 2007年09月14日)》には、福田氏がいかに中韓にしっぽを振っているかをまとめてある。また、《「屈中派」動き出す(博士の独り言 2007年09月13日)》でも福田氏に対して厳しい意見である。某SNSでも、

真っ先に福田氏支持表明をしたのが
・古賀派(親中、人権擁護法案賛成のガチ左派)
・山崎派(親朝鮮、人権擁護法案賛成のガチ左派)
・谷垣派(親中、左派)
・二階派(人権擁護法案賛成の左派)

激しくうさんくさいですねぇw
つまり福田氏が首相になったときは、支持の御礼として内閣の中心ポストをこれらの派閥から持ってくる可能性が非常に高いわけでございます。

特定アジアに媚を売る内閣の誕生が近いようですね。
マスゴミのやりたいことが手によるようにわかりますわ。国民みんな踊らされすぎだろ・・・・・・


あー、こりゃ自民党終了フラグかなー。
というか自民党が終わったら日本おわらね?wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
なんていう日記もあった。


 こうなったら“毒を以て毒を制す”で、あやしい派閥領袖クラスをぜ~んぶ大臣に入閣させて、安倍内閣の時のように自民党の闇の部分が全部暴かれて自民党は壮大な自爆!!! 民主党も、テロ特措法で足を引っぱったがために日本を国際的孤立に陥れ、日本の世論から完全に見放されて沈没。・・・というのを期待したいのだが、そうなると途端におとなしくなるのがマスゴミなんだよな。(-_-;)

 福田氏が首相になったら、衆議院選挙は民主党に入れようかな? 中韓の御用聞き内閣ならば、民主党がやったって大差ないし、民主党の方がちょっとばかりカネにきれいなような気がするからね。それよりも、共産・社民の勢力レベルでいいから、しっかりした真正右寄り保守政党が出てきてくれないだろうか。麻生・安倍・平沼その他のお友達議員が新党を作るとか。(^^ゞ

 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
↓本をご購入の際はこちらからどうぞ。

 
 
 
【2007/09/14 23:23】 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) |

安倍首相が突然の辞任

 唐突な辞任会見だった。テロ特措法に関してはまだいろいろと打つ手があっただろうに、このタイミングで辞めるというのは、病める決断だったのではあるまいか。辞める理由がどうにも理解できないので、たぶん健康状態がかなり悪くなったんだろうと思う。まずはこんなニュースから。

安倍首相退陣は「健康問題」

[日刊スポーツ 2007年9月12日17時12分]

 与謝野馨官房長官は12日午後の記者会見で、安倍晋三首相の退陣表明について、健康問題が主な理由だとの認識を明らかにした。与謝野氏は「病気(名)などについては詳しく言えないが、健康と仕事の両立について深い苦悩の中にあった」と説明した。

 同時に「(8月下旬の)アジア訪問から健康状態は大変厳しいものがあった」と指摘した。

 首相自身が会見で自らの健康問題に触れなかったことについて、与謝野氏は「(退陣理由として)健康問題に逃げ込まないという美学だと理解している」と述べた。

 身体的――胃腸に持病をかかえているという話もある――その他さまざまなストレスで疲労して、精神的にかなりまいっていたのではなかろうか。小沢一郎氏みたいに病気療養とかいって入院するという最終手段だってあっただろうに。(^^ゞ

辞意「月曜に聞いていた」 麻生幹事長

(gooニュース 2007年9月12日16:46)

 安倍首相の辞意表明を受けて、自民党の麻生幹事長は12日午後4時半すぎに党本部で記者会見し、10日夕の党役員会後の段階ですでに首相から辞意を聞かされていたことを明らかにした。幹事長はさらに、辞意表明の大きな理由として首相の健康問題があるとの見方を示した。(gooニュース編集部)

 NHKが中継した記者会見で、麻生幹事長は10日の党役員会後に首相から辞意を聞かされたと明らかにし、「正直申し上げて、このタイミングはいかがなものかと申し上げた。テロ特措法の問題はまだまだこれからだと申し上げた記憶がある。役員会が終わった後、首相の話を聞いたのは私ひとりだ」と説明。

 麻生氏は、総理の辞任の意向は月曜以来3日間変わらなかったと述べ、「さきほどの会見で与謝野官房長官があげた健康上の理由もあった。それは私らも薄々は感じていた。大きな理由のひとつだったのかなと思った。首相がオーストラリアから帰ってきた時、疲れているなと思った。健康と言うのは大きな、迫力とか覇気とかそういうものが萎えるので、それはしんどいかなというのが率直なところだ」と話した。

 安倍首相の後継を目指すつもりがあるかとの質問には軽く苦笑して、「(幹事長として)総裁選挙をどうするか考える立場なので、私がどうするかを聞くのも答えるのも早すぎる」とかわした。

 麻生氏らは会見で、自民党は総裁選を14日告示、19日投開票の日程で実施すると発表した。

 辞意表明の顔はほのかに涙目だったし、テレビのニュースでは、町村議員が首相と話した段階では、とても辞任を慰留するような雰囲気ではなかったというから、独りでかなり思い詰めて抑鬱状態になり、完全に悲観的になってしまっていたのではなかろうか。某SNSの日記を見ていたら、「このまま続けてたら、現役大臣の自殺に引き続き、ついに総理大臣が自殺ってなコトにもなりかねなかったから‥とりあえずはこれでいいんじゃないかと」というようなコメントもあった。本人の精神の問題を別にしても、かなりのプレッシャーがあったのではないかなと思う。

 他人の足を引っぱってばかりの今の腐った政界や、それを取り巻くいじめ体質のマスゴミには、命を捧げるほどの価値はないから、自殺するくらいなら総理を辞任してもらった方がいい。むしろこれからは美しい身の引き方を演出することを考えるべきだろう。どうせ自民党の政治家どもは次の大臣になることばかり考えて、“前総理の花道を飾る”なんてことは考えていないのだろうが。

 なぜこんなことを書いているかというと、じつは私は8月に抑鬱状態になっていて、ひょっとして安倍首相も・・・なんて思ってしまったからというわけだ。(^^ゞ まあ、私の場合はPCが壊れてしまったというのと酷暑に負けたからで、首相のプレッシャーとは比べ物にならないのだが、暑いだけでも十分にストレスで抑鬱的になるということを知ったこの夏だった。←やっぱ省エネなんて言ってないで、暑いときはクーラーをガンガンかけるべきだなんて思ってしまったよ。(^^;


 安倍首相は、せっかく「美しい国ニッポン」や「戦後レジームからの脱却」といった理念を掲げてやってきたのに、美しくない政治家と戦後レジームに巣くう官僚がその足を引っぱった。理念は現実じゃないのだから、現在は「醜い国ニッポン」状態であり「戦後レジームのしがらみ」状態なのだが、現実を理念に近づけようとする政治家仲間がいなかったということであり、国民の多くがその理念に賛同できるだけの政治認識がなかったということである。

 さらにマスゴミが追い打ちをかけて大衆を煽動した。私に言わせれば、これだけテレビも多チャンネル化してきているのだから、自民党テレビや民主党テレビなどという放送局があってもいいのではないかと思う。マスゴミは、まったくポイントをはずした側面からのみ政治報道を垂れ流している。疑惑の議員や大臣が辞めるかどうかなんていう報道は週刊誌がやっていればいいことであって、そのレベルの情報をもとに国民が選挙行動を決定するのでは、日本の政治なんかよくなるはずがない。スキャンダル選挙ではなく政策選挙をすべきなのに、マスゴミが大衆を催眠にかけている。


 さて、私としては次の自民党総裁には是非とも町村氏になってもらいたいと願っている。ぜひ立候補してもらいものだ。ネットでは麻生氏を推す意見が多いようだが、今、麻生氏が総理になるのはもったいない。私の見るところでは、麻生氏は攻めの人であり守りの人ではない。自民党がガタガタになって野党からの攻勢にさらされている状態では、むしろ答弁に安定感のある町村氏に矢面に立ってもらって、その間に自民党の体制を立て直すべきである。最大派閥の長なのだから、総裁選挙では難なく票を獲得できるだろうし、挙党体制でやっていこうという合意は比較的簡単に取り付けられるだろう。谷垣氏は、もっと政局が安定し中韓がおとなしくなった後でやるべきだと思う。

 参議院で自民党が過半数割れしている現状では、政策の積極的推進は困難である。となれば、「あちらこちらに気を配ってやっているのに、野党が協力してくれないから……」といって野党を牽制しつつ時間稼ぎをするのが、次回の衆議院選挙を有利に進めるための最大の戦略になるのではないかと思う。国民の眼の前に敢えて政治プロセスを晒して、いわば“根回しの劇場化”をするのなら、町村氏が最適の役者ではないかと思うのである。安倍氏や麻生氏と違って特にこれといった主張を明確に掲げていない町村氏なら、どのようにでも変幻自在に対応できるので、守りには最適なのである。

 私は、必ずしも今の自民党議員がいいとは思っていない。カネに汚れた議員が多いのではないかと思っている。だから、自民党の政策を推進する新たな議員にどんどん入れ換えていくべきだと思う。これは詳しく調査検討したわけではないが、この夏の参院選の敗北も古い体質の自民党議員が落ちたのではないかと想像している。小泉前首相が「古い自民党をぶっ壊す!」と宣言したので自民党は国民の信を得られて生き延びたのであって、古い自民党(を構成していると思われるような議員)のままで選挙をやったら国民の信を得られずに敗北するだろうことは、理の当然である。自民党による参院選敗北の総括も、なんだかマスコミの意見をまとめただけで、本当に自前で分析した結果かなといぶかしく思う。


 私としては掲げた理念に賛同できる安倍首相が退陣するのは非常に残念であり、また、それによって将来の日本がどうなるのか、いささか気になるところだ。

 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
↓本をご購入の際はこちらからどうぞ。

 
 
 
【2007/09/12 23:30】 政治 | トラックバック(1) | コメント(0) |

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    08 | 2007/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。