FC2ブログ
時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

メルマガ「皇位継承Q&A」創刊!

 「まぐまぐ」から《無料メールマガジン「皇位継承Q&A」》を発行することになりました。これは、男系維持派のためのメルマガです。男性天皇堅持か女性天皇容認かの違いはあると思いますが、女系阻止のために協力していきましょう。このメルマガは両論併記のかたちでやっていきたいと思います。しかし、女系論は批判の材料としてのみ扱います。このメルマガでは、今問題になっていることや皆が疑問に思っていることをQ&A形式で解説していきます。

 これは、より多くの人々に天皇や皇位継承や神道や関係法などについて情報を与えるためのものです。ブログではだいぶ皇位継承の議論が展開されるようになりましたが、おそらくこれだけでは女系反対の国民運動にまでは広がりません。そこで、もう少し広がりをもたせるために、メールはもっているがネット歩きはしない人に対して情報を提供し、女系問題について注意を喚起するという戦略でメルマガを始めることにしました。私自身はメルマガを発行するので手一杯で、読者を増やす活動まではなかなか手が回りませんので、男系維持派の方々には、ぜひ協力をしていただけたらと思います。自分のブログやサイトで紹介したり、他人のブログや掲示板などにコメントを入れていくのでもいいですし、自分の知人にこのメルマガを紹介・推薦していただけるともっと効果的ではないかと思います。

 無断で知人のメールアドレスを登録してしまうのはいけませんが、この事態では、了承をとって登録してしまうくらいの強引さが、ひょっとしたら必要なのかもしれません。登録解除の方法はメルマガの最後に書いてありますので、知人との人間関係が悪くならない範囲でご協力ねがえればと思います。たとえ未成年でも両親や祖父母などに注意を喚起することができますので、歴史や政治の勉強とか言って、紹介していただけると幸いです。女系になってしまった場合に困るのは、むしろ若い世代なのですから。

 ネット歩きをしている人にとって、私のメルマガの内容は、おそらく知っていることが大半でしょう。しかし、和空流の切り口で味付けをしますので、すでに基本的知識を持っている人でも結構おもしろいと思います。

 私のQ&Aだけで発行していくのは大変ですし、また読者も飽きてしまうかもしれませんので、われこそは!という男系維持派の方の投稿も募集します。実際どれだけの読者が集まるかわかりませんが、とにかく多くの人に訴えたいという情熱のある方の投稿を歓迎します。

 また、集会・講演会なども告知しますので、計画のある方は予定をご連絡ください。少しでもお役に立てるのではないかと思います。

 とにかく多くの読者を集めることが第一の課題ですが、そのほかに国会議員へのメル凸も必要です。世論がどうであろうと国会議員が女系容認の法律を作ってしまったらお終いなのですから、彼らに問題意識をもってもらうことも重大なポイントです。できましたらメル凸の際に私のメルマガも紹介していただけると幸いです。国会議員が女系の問題に目覚めて甲論乙駁してくれるだけでも、皇室典範がすんなり改悪されてしまうのを防ぐことができます。

 《サンプル号》はすでに見られますが、ほぼ同内容のものを第1号として1月1日に発行の予定です。まあ、檄文ですから大した内容ではないですが、新年初日にのろしを上げるのがカッコいいんじゃないかなあ、と思いまして・・・(^^ゞ ま、ついでですから年賀メールとかいってふだん交流の少ない人にも紹介していただけるといいんじゃないでしょうか?

 

・・・・・なんて紹介ばかりお願いして、もし読者がたくさん集まってしまったら、かなりしっかりした内容のメルマガを発行し続けなければならないわけで、責任重大になってしまうのですが、頑張ってみようと思います。

 さて、メルマガ発行に付随して、
皇位継承Q&A 感想掲示板1
http://www.freebbs.biz/phpbbs/bbs.php?id=QandA1

および
皇位継承Q&A 運営掲示板1
http://www.freebbs.biz/phpbbs/bbs.php?id=operate1

を立てました。

前者はメルマガの感想や自分の意見などを自由に書いていただくためのものです。後者では、より効果的に情報提供して世論を形成するための作戦会議をします。興味があったらご参加ください。PCのほかに携帯からも使えます。

 

 ほんとうはメルマガ発行なんてやりたくなかったのですが、ここで誰かが動かないと、あれよあれよと言うまに政府のペースで女系容認の皇室典範改定がなされてしまいます。何もせずに女系になって後悔するよりも、上手くいかなくてもやるだけやってみるべきだと思いました。準備不足の旗揚げですが、旗だけ立ててみんなで騒いでいればなんとかなるかもしれない、という甘い考え(?)で始めてみました。ほかのメルマガ発行サイトからも旗揚げしてくれる人が出てくれば私のメルマガでも積極的に紹介していこうと思います。多くの人がメールアドレスをもっている時代ですから、あちこちで旗揚げすれば全体としてはマスコミに匹敵する力を持てるかもしれません。< ちょっと大げさか(^^ゞ

 

 ま、そんな下準備で最近ブログの更新ができなかったのでした。これからはメルマガ発行に忙しくてこっちのブログがぽしゃってしまうかもしれませんが、自分のメルマガをここに転載してお茶を濁すかな?(苦笑)

 
 
※TBで勝手にお邪魔して失礼しました。m(_ _)m
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 
↓ネット世論がどんなものか、ネット投票で確認。
皇位継承あなたの意見は?



〔シリーズ:皇位継承を考える〕
皇位継承を考える(1)万世一系の天皇と国家
皇位継承を考える(2)男系維持の方策(その1)
皇位継承を考える(3)男系維持の方策(その2)
寛仁殿下は男系維持を希望 ~皇位継承を考える(4)~
寛仁殿下の「事実」発言 ~皇位継承を考える(5)~
宮内庁の皇室潰し ~皇位継承を考える(6)~
紀宮清子内親王の結婚 ~皇位継承を考える(7)~
新たな有識者会議での再検討を求めたい! ~皇位継承を考える(8)~
首相の真意はどこに? ~皇位継承を考える(9)~
ネット投票から推定した世論 ~皇位継承を考える(10)~
朝日の世論調査は情報操作?! ~皇位継承を考える(11)~
 
これ以降の記事は、右側のRECENT ENTRIESから御覧ください。
 
 
 
 

〔皇位継承に関するブログ記事リンク集〕
 
目次 ブログ散策:天皇制の危機( p(^o^) 和の空間)》
 

 ブログをもっている人は、ぜひ女系天皇反対をアピールしましょう。一人でも多くの人の目に触れて国民の注意を喚起することが大切です。
「時事評論@和の空間」皇位継承を考える(1)へ 「時事評論@和の空間」皇位継承を考える(1)へ
 
 
 

 できるだけ首相官邸や内閣官房などに抗議をしていただければと思います。「旧宮家の皇籍復帰のほうを望みます」の一言だけでも結構です。一人でも多くの方々に抗議が必要です。法案ができあがるまでにできるだけ抗議して、それが国民の支持を得られない法律になることを知らせるべきでしょう。また、さまざまなブログで少しでもこの話題を取り上げていただけると、国民的な議論が巻き起こるので大いに助かります。

首相官邸への意見メール
 
内閣官房ホームページ ご意見・ご要望
 
自民党内閣部会で簡単に政府案を受け容れるなと要求するのもいいかも。 自民党への意見メール

スポンサーサイト



【2005/12/30 10:00】 皇室 | トラックバック(12) | コメント(2) |

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    11 | 2005/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS