FC2ブログ
時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

小泉首相の真意はどこに? ~皇位継承を考える(9)~

ネット世論がどんなものか、アンケートにご協力ください。
皇位継承あなたの意見は?
よく考えてから投票してくださいね。



〔シリーズ:皇位継承を考える〕
皇位継承を考える(1)万世一系の天皇と国家
皇位継承を考える(2)男系維持の方策(その1)
皇位継承を考える(3)男系維持の方策(その2)
寛仁殿下は男系維持を希望 ~皇位継承を考える(4)~
寛仁殿下の「事実」発言 ~皇位継承を考える(5)~
宮内庁の皇室潰し ~皇位継承を考える(6)~
紀宮清子内親王の結婚 ~皇位継承を考える(7)~
新たな有識者会議での再検討を求めたい! ~皇位継承を考える(8)~
 
これ以降の記事は、右側のRECENT ENTRIESから御覧ください。
 
 

 小泉首相は、皇室典範に関する有識者会議の報告について、「大変意義深い。世襲による天皇制が安定して継承されなければならないという考えだと思う」とコメントした。また、武部・自民党幹事長は、「意義深い報告が出された。国民の声を聞いて成案をまとめ、国会で実現できればと願っている。(女性・女系天皇容認は)いいことだ。」とコメントした。

 本心からそう思っているのだろうか? もしそうならば、ほとんどサル頭だとしか言いようがない。だが、あまりにも考えていないように見えるので、ひょっとしたらこのコメントは皮肉じゃないかとさえ思える。小泉首相のコメントにもあるように、この報告書は大変意義深いものである、“有識者”が提出した日本解体計画としては。皮肉ならふつうは軽蔑や嘲笑の表情がちらっとでも伺えるものだが、まじめな顔をして言っていたので真意が図りかねる。だが、小泉-武部コンビでまた芝居をやっているのかもしれない。

 「有識者会議は小泉首相の釣り」説もあって、いわば皇室論、ひいては天皇制の議論を湧かせようとしているのかもしれない。これで敵味方がはっきりする。靖国参拝でさんざんケチをつけられたのだから、こんどは女系容認の法案を出して野党に賛成させ、彼らを朝敵に仕立て上げるつもりかもしれない。この説は非常にマイナーなのだけれど、みんなと一緒に小泉非難をしていても面白くないので、むしろこの釣り説に沿って考えてみたい。

 小泉首相はとくにこの答申に賛成しているわけでもなさそうだから、国会の場で徹底的に議論させるつもりなのかもしれない。女系容認の法案を提出して、国会が議論して決めたことだから自分には責任はないとでも主張するのかもしれない。それはたしかに議会制民主主義の正道だが、「そんな危ない橋を渡らないでくれよ」と言いたい。これは未来の日本国の命運を左右するほどの重大問題である。そんなことを敢えてしようとするのなら、いかにも織田信長である。できるなら日本を危機にさらさない男系維持の法案を作ってほしい。というか、皇室典範改正は政府案じゃなくても自民党案でやってもいいはずで、自民党にもすみやかに男系維持の法案作成に着手してもらう必要があるのかもしれない。

 忌憚のない意見を求めて白黒はっきりさせ、あとで敵を討ち滅ぼすというのは織田信長のやり方であり、小泉首相はそれをやっているのだろうか。少なくとも冬柴・公明党幹事長は、「有識者会議が、男系女系など問題とされていた点を調べたうえで結論を出したのだから、答申内容はそのまま立法化すべき。議論すべきものではない。」とコメントしたのだから、公明党は朝敵決定! 連立解消の大義名分はできた。自民党のなかでも諸手を挙げて女系容認に賛成する議員は返り討ちにあうかも。そうならないためには最後まで自らの立場を鮮明にせず、問題点の洗い出しに専念して、明々白々な合理的結論が導けるようになってからそれに基づいて投票するしかあるまい。政府内部に関しても、積極的に女系容認の法案作成に関わった官僚は、小泉首相にばっさりと切られたりして。

 こんなふうに考えてくると、ひょっとして小泉純一郎はほんとうに織田信長かと思ってしまう。信長が明智光秀に討たれたのは、一説には天皇をないがしろにしたからだとも言われているのだから、独断で強引に女系容認の法案を通したらきっと返り討ちにあうだろう。明智光秀は誰だろう? 麻生太郎や安倍晋三はないよなあ。というか、そう希望したい。平沼赳夫も小泉討伐の軍勢はもっていそうもないし。そうだ、綿貫民輔なんか明智光秀役にいいかもしれない。(^^ゞ それで、やっぱり麻生太郎は、天皇家の権威を大いに利用する秀吉だろうか。ひょっとして、ついでに朝鮮征伐までやっちゃったりして?(大笑) 織田がつき羽柴がこねし天下餅すわるがままに食うは徳川というのは、安倍晋三か? 将来の皇統の断絶を懸念して閑院宮を新設したのは江戸時代の新井白石だしな。旧宮家の皇籍復帰は長期安倍政権の有能なブレインがやる?

 まあ、こんな想像をして遊んでいる場合ではない。国会議員は天皇の歴史をよく知っていないようなので、なんとか啓蒙しないとならない。→《クローズアップ2005:皇室典範改正・有識者会議報告書 女性・女系天皇容認(毎日新聞 2005年11月25日 東京朝刊)》

党憲法調査会幹部は「党内では女性・女系天皇容認派は6割程度にとどまる」との見方を示す。ただ、女性天皇と女系天皇を明確に区別していない議員もいるため、「『女系』容認は母方が天皇家の血を引く天皇を認めるものだという理解が進めば反対が増え、容認と反対が五分五分になる可能性もある」とも言う。「思想信条に絡む問題は党議拘束になじまない」との見方も根強く、調整は予断を許さない。
自民党内が五分五分でも野党も公明党も女系容認なので、国会議員の多数派工作をしないと女系容認になってしまう。次期国会に提出といってもおそらくは予算審議が終わったあと3月以降になるのだろうから、それまでに女系天皇がいかにダメかを国会議員に理解させなければならない。

 彼らが自分たちで調査しても、ろくな結論はでないだろう。なにしろ現在の憲法学者や歴史学者はみな左翼で、学者の権威を信じて判断すると間違う可能性がある。現在の学会では、ひどく歪曲された憲法解釈や歴史解釈が権威づけられてしまっているのだから。右翼の学者もぼーっとしていられないぞ。いまこそホンモノの憲法論、歴史解釈をぶち上げるんだ!

 国民の小泉批判は大いに結構。大々的にやってもらいたいと思う。だが、小泉首相はひょっとしたらそういう保守回帰運動をねらってわざとやっているのかもしれない。小泉首相は必ずしもこの報告書の内容をそのまま法案にしようとは言っていないのだし、政府内部で異論が続出してまとまらなかったので政府案は次期国会には提出できませんということになるかもしれない。あるいは男系女子の天皇だけ認めて、あとのことは次の世代に任せるという法案にしてしまうかもしれない。政府案は女系容認で野党を釣り、そのほかに男系維持で自民党案を立ててそちらを通すという道も考えられる。小泉首相が女系容認に向けて舵をきったと見なすのは、まだ時期尚早かもしれない。

 野党としては女系容認の法案が成立したらタナボタくらいに思っているのだろうが、保守派はたとえそういう法案が成立しても、それの撤回を求めて数十年もかけて反対運動をしていくだろう。一時的な数の論理で女系容認を決定できるものではない。国民のあいだに歴史知識が増えれば増えるほど、天皇は男系でなければならないということが明確になってくるからである。こんなことでつまらぬ論争をやっているひまはないのだが、戦後の誤った教育と情報を是正し、売国勢力を壊滅に追いやるために、これからは保守派国会議員にしっかりと議論してもらわなければならない。

 結局、小泉首相の真意は現段階では読めない。本心は、どちらでもいいのではないか。だから国会で十分な審議をさせて成り行き任せにやっていくつもりではないかと思う。とするならば、我々がどのようにして成り行きを作っていくかが重要になろう。全くもって余計な仕事が増えるだけのような気もするが、戦後民主主義とやらのマインドコントロールから国民を目覚めさせるためには、女系容認の問題点に気づいている者が積極的に活動しなければならないだろう。

 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 

〔皇位継承に関するリンク集〕
 
目次 ブログ散策:天皇制の危機( p(^o^) 和の空間)》
 

 ブログをもっている人は、ぜひ女系天皇反対をアピールしましょう。一人でも多くの人の目に触れて国民の注意を喚起することが大切です。
「時事評論@和の空間」皇位継承を考える(1)へ 「時事評論@和の空間」皇位継承を考える(1)へ
 
 
 

 できるだけ首相官邸や内閣官房などに抗議をしていただければと思います。「旧宮家の皇籍復帰のほうを望みます」の一言だけでも結構です。一人でも多くの方々に抗議が必要です。法案ができあがるまでにできるだけ抗議して、それが国民の支持を得られない法律になることを知らせるべきでしょう。また、さまざまなブログで少しでもこの話題を取り上げていただけると、国民的な議論が巻き起こるので大いに助かります。

首相官邸への意見メール
 
内閣官房ホームページ ご意見・ご要望
 
自民党に男系維持の法案を作るようにお願いするのもいいかも。
自民党への意見メール

スポンサーサイト



【2005/11/26 23:07】 皇室 | トラックバック(4) | コメント(7) |

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    10 | 2005/11 | 12
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS