時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

皇位継承を考える(3)男系維持の方策(その2)

 前回は、旧宮家の皇籍復帰を速やかに行なって、旧宮家の男系男子に皇位を継承させるという方策を論じた。今回は、男系女子の天皇を容認する道を考えてみたい。

 
 

男系女子の女性天皇を容認する道

 まず最初に言っておきたいことがある。女性天皇と女系天皇を混同している人が多いので、女性天皇と言うのはやめて、男系女子天皇と呼ぶようにしたらどうか。女性天皇という言葉を聞いたときは、「それは男系女子天皇のことですか? 女系も認めるということですか?」といちいち尋ねるのである。そうするとゴマカシもきかず無知も啓蒙される。

 万世一系(=父方だけを辿って神武天皇に至る)を絶やすなと主張する人々のなかでも、絶対に男系男子に限るべきだと主張する人は少数派だろう。男系を主張する大半の人々は、中継ぎとしての女性天皇は容認する。ただ、女性天皇が民間人との間にもうけた子孫に皇位が継承されていく“女系”に猛反対するのである。それは万世一系(男系)の断絶を意味するからである。したがって、愛子・眞子・佳子内親王が天皇になることは容認するが、その後は旧宮家の男系男子に皇位が継承されなければならないと主張することになろう。すなわち、旧宮家への皇位継承がスムーズにいくために時間的猶予を与えるのが彼女らの役目だと見なされるのである。

 男系男子の継承を堅持する場合には、おそらく国民の承認を得るという意味で、三人の内親王のいずれかが旧宮家の男系男子天皇の“皇后”になるという形をとらざるを得ないだろう。だが、ひとたび皇統が伏見宮の流れ(旧宮家)に移ったならば、現在の直系との関係はさほど気にすることはない。したがって、このような婚姻が重要な意味をもつのは、この世代だけである。継承者の安定的確保を望むのならば、伏見宮の流れを本流にする努力をすべきである。それは、《伏見宮の系図》を示しながらこの流れが皇位継承の正統性をもつことを広く国民に知らせることにほかならない。

 少し譲歩して現在の直系(秋篠宮の流れも含む)の男系女子天皇をたてるのならば、三人の内親王には、男系維持との調和を図るために必ず旧宮家の男子と結婚して男子をもうけてもらわなければならない。旧宮家を皇籍復帰させたうえで、旧皇族と結婚した三人の内親王のいずれかが女帝として即位し、そののちにその配偶者が天皇になるという順位にしておく。ただし、女性のほうが長生きするはずだから、次に即位する予定の皇配は現実には即位しない可能性が十分に高い。そしてその次にはその皇配との間に生れた子が皇位を継承するという形になるだろう。女帝をたてるとなると、やはり直系女子と結婚する旧宮家の男系男子にとっても少々損な役回りになる。

 三人の内親王が旧宮家以外の民間人と結婚した場合に、その皇配を皇籍に入れることにどれだけの国民が納得するだろうか。過半数の国民が納得するのだというのならば、旧宮家との婚姻でも皇籍編入(我々のいう皇籍復帰)は認められる。だが、皇配の皇籍編入が認められない場合には、旧宮家の配偶者も皇籍復帰はかなわないということだろう。しかし、その皇配との間の子が天皇になるのだから、この子は皇籍に入っていなければならない。したがって、男系男子の堅持と男系女子天皇の容認との違いは、旧宮家が親の代で皇籍に復帰するか子の代で皇籍に復帰するかの違いである。

 女系(?)でみれば現在の天皇家の直系であり、男系でみてもやはり神武天皇の皇統に属するという形にする。男系という観点からみるならば、結局は旧宮家の流れに皇位が移っていくことになる。

 この方策では、三人の内親王(さらに三笠宮と高円宮の五人の女王の何人かも含む?)には、結婚相手が非常に限定されるという問題と、この三人(+α)で男系を安定的に維持するための男子を(私の推定では)最低五人もうけてもらわなければならない、という二つの問題が出てくる。確率的には五人くらいが旧宮家の男系男子と結婚しなければならない。実質的には旧宮家に皇位が移行していくのに、直系という見かけを維持するために彼女たちに大きな精神的・肉体的負担を強いることになる。

 旧宮家の皇籍復帰をあらかじめ無条件に認めることのない場合は、このように旧宮家の男系男子との婚姻という限定のもとで一時的な(女系継承という)例外措置をとって、名目上は現皇室を残すやり方をとることになる。しかし、これはのちに女系(ではなくて皇統断絶)に移行する危険を孕むので、できるだけやめたほうがいいとは思う。ひとたび旧宮家との結婚による女系を認めたならば、民間人との結婚による女系を認めてもいいじゃないかという意見が出てくるに違いないからである。女性天皇が認められても、あくまでも女系はダメと主張すべきであろう。

 婚姻という形なら皇族でない男(の子孫?)を皇族に仲間入りさせても構わない(結婚すれば誰だって皇族になれるんだ)と言っているのだから、血統的には男系男子という意味で現在の天皇家と同じ条件をもっている男を優先的に皇族に復帰させるほうが筋が通っている。この意味で、旧宮家の皇籍復帰のハードルを一般の民間人と同じにしてしまうのは好ましくない。

 
※以下、都合により少々削りました。m(_ _)m(2006年1月14日)
 
人気blogランキング
↑よろしかったらクリックをお願いします。m(_ _)m
 
 

 以上の論点をふまえると、どうしても直系でつなげていきたいのなら、以下のような継承が考えられるだろう。わかりやすいように、以下にイメージ図を置いた。

 直系において男子が絶えた場合、直系の女子や近い傍系(ここでは秋篠宮の流れを想定。場合によっては三笠宮と高円宮の流れも含む)の女子が、遠い傍系(伏見宮の流れ)の男子と結婚して子をもうけ天皇となる。結婚した遠い傍系の男子は天皇にはなれず、その子孫が天皇になる資格を有する。直系女子で民間人と結婚した人は、その時点で皇室を離脱して、その子孫もともに天皇になる資格を失う。

□男子の天皇即位有資格者
■男子の天皇即位無資格者
○女子の天皇即位有資格者
●女子の天皇即位無資格者

 
 いずれも天皇家(現皇族・旧皇族)
   ☆は現在の天皇
傍  傍   直     傍 
系  系   系     系 
|  |   |     | 
■  |   ☆     ■ 
|  ■   |     | 
|  | ┌―+――┐  ■ 
|  | | |  |  | 
■  ■ ○ □  □  +―┐ 
|  |   |  |  | | 
| ┌+ ┌―+  ○==■ ■  
| || | |   |   |  
■ |■=○ ○   □   ■  
| | |  近   |   |  
| | +―┐い ┌―+ ┌―+―┐
| | | |傍 | | | | |
■ | ○ □系 ○ ○ ■ ● ■
| ■ | |    | |   |
| | ■ +―┐  ● +―┐ |
| |   | |  直 | | ■
■ |   ○ □  系 ● ■ |
| |     |    |   |
| ■=====○    ■ ┌―+
|     |        | |
■     □        ■ ●
|     |        |  
+┐  ┌―+―┐    ┌―+―┐
||  | | |    | | |
|■==○ □ ○====■ ● ■
| |   |   |      |
| +―┐ ○ ┌―+―┐    |
| | | | | | |    |
■ □ ○ ● □ □ ○    ■
| |     | | |    |
| :     : : ■    |
■                ■
|                |
:                :

 

○から■や●へ続くのは、○が皇室でない人と結婚して男子や女子を産んだ場合。その場合の○は、未婚のときには天皇即位の資格があったという意味。

 上図において左側の傍系は男子が一人ずつ続いているように見えるが、実際は右側の傍系のように男子が続いている場合の簡略表示である。したがって傍系は、傍系の傍系という形で現在よりも増える可能性もある。逆に途絶える場合もありうるが、その時点で考えればいいことではなかろうか。できるだけ男系でつながっているという形式を保っていきたい。

 

 直系を最大限に重視しながら男系を保つためには、愛子内親王・眞子内親王・佳子内親王には、できるだけ傍系(旧宮家)の男系男子と結婚していただき、男子をもうけていただかなければならない。ここがいちばん難しいところである。そうすれば(女系という形になるが)直系の男子であり、かつ(傍系だが神武天皇の)男系の男子である人が皇位に就くことになる。ただ、このイメージ図を見てわかるように、男子が途切れそうで常に危うい。それは最初が三人の皇女から始まっているからである。少なくとも五人体制で始めないと、直系の中だけで安定的に皇位を継承していくことは難しい。

 旧皇族は、特別に現皇族の男系が途絶える危険があるときにだけ協力すればよいので、大いに助かるように見えるが、そのように都合よく協力してくれるかという問題は残る。伏見宮の流れの男子は結婚しても天皇にはなれないのだから、まるで種馬扱いのようになってしまう。男系を絶やさないという崇高な使命を負っているので受け入れてもらうしかない。このように危うい状況がしばしば現われるので、私としては直系にこだわるのはやめたほうがいいとは思う。

 上記のような考え方はすでに《なぜ「皇室の伝統」を踏まえて考えないのか 日本政策研究センター所長 伊藤哲夫》にも述べられていた。ただし、旧皇族には断絶する宮家の養子になってもらう手続きをとる。

 
 

 宮家の創設についても、かなり問題が出てくるだろう。女性が当主の女性宮家を創設するかどうかである。このあたりにくると私は知識がないので正しく論じることができるかどうか自信はない。だが、たとえば眞子・佳子内親王が宮家を創設したとして、子どもがその当主を引き継ぐことになると、それは天皇家の女系を意味するし、ごく一般的な考え方では配偶者の男系ができたと見られてしまう。これは非常に問題である。

 したがって、女性宮家の創設に関しては、私はほとんど賛成ではないのだが、もし創設するなら条件をかなり厳しくする必要がある。旧宮家の男系男子と結婚したときにのみ女性宮家を創設するとし、しかも女子しか生れなかった場合は一代かぎりとする。これならば、皇族に他家の(男系)血統が混じることはない。皇族の男系女子が民間人と結婚したらその時点で宮家を離脱するという原則は守られるべきである。女性宮家の当主は男系女子であり、そこに生れた男子がその宮家を継ぐということは、たとえ配偶者が旧宮家の男系男子でも形式上は女系容認になってしまうのだが、どうしても直系の継承に固執するのならば仕方がない。旧宮家の男系皇統を受け継いでいるということを明確に宣言し、実質的に男系継承を貫いているのだということを国民に周知していく。何百年か経って旧宮家が伏見宮からつながっているという系図をみれば、遠い未来の日本人も苦肉の策を理解してくれるだろう。

 だが、できるならば結婚の段階で直系の男系女子の宮家をつくるのではなくて、新たに旧宮家の男系男子が当主の宮家をつくるべきではないかと思う。このような方法は、旧宮家を一挙に皇籍に入れてしまうのではなく、直系女子と結婚した旧宮家から徐々に皇籍に入れていくことを意味する。ただし、そのためには直系女子は旧宮家の男子と結婚しなければならないという意味で、女性に負担を強いることになる。結婚する旧宮家の男子も結婚相手が自由には選べないという意味で負担になるだろう。

 最初に旧宮家の男系男子を皇籍に入れてしまったほうが、彼らは他の皇族と結婚しても民間人と結婚してもよいのだから、こちらのほうが気楽だろう。そして、直系の男系女子は、もし自分の子孫に皇位を継がせたいのならば旧宮家の男系男子と結婚すればいいし、そうでなければ民間人と結婚してもよい。もちろん独身でいることも可能である。子孫の心配は新たに加わった旧宮家の男系男子が引き受けてくれるのだから。独身のまま女帝となって旧宮家の男系子孫が育つまでしばらく天皇家を支えるというのも、ちょっとカッコいいかもしれない。

 
人気blogランキング
↑よろしかったらクリックをお願いします。m(_ _)m
 
 
 

 最後にちょっと柔らかめの話をしてみよう。

 旧宮家の男系男子には、皇籍は与えられるが宮家を設立するのは先送りということで、いわば“マスオさん”をやってもらうことになる。秋篠宮家でいうならば、波平が秋篠宮で、フネが紀子妃で、サザエさんが眞子内親王で、ワカメちゃんが佳子内親王にあたる。(カツオ君にあたる男子はいないので、声優も代わったことだし、早めに亡くなることにしておこう。) 眞子内親王は結婚しても宮家を創設せずに父親の宮家に間借りしていることになる。

 波平の死後、ワカメちゃんの婿さんとどちらが磯野家に住み続けるかということになり、どちらかが新しく家を建てるということになる。サザエさんが住みつづける場合には、その家を磯野家と呼ぶのかフグタ家と呼ぶのか。マスオさんはフグ田マスオであり、息子はフグ田タラオである。サザエさんもフグ田サザエである。サザエさんが生きている時代はワカメちゃんも訪れるだろうから磯野家で通用するかもしれないが、タラちゃんの時代にはフグ田家と言い出すだろう。これはワカメちゃんが結婚して家を継いでも同じで、次の世代はワカメちゃんの夫の姓でその家を呼ぶことになる。

 天皇家の場合には、結婚したら旧姓を捨てろということになるのだろうが、現在の民法では結婚後の姓は男女どちらかの姓を名乗ることになっているのにもかかわらず、結果的には圧倒的に男子の姓を名乗るようになっている日本の現状を考えると、別の姓を名乗るどころか姓を名乗らないというのは、日本文化のなかでは心理的に難しい。なにしろ天皇家は日本文化の親玉みたいなところである。日本文化の伝統にどっぷりと漬かって、しかも自分の家系のことだけは切り捨てろというのは矛盾が大きすぎるのではあるまいか。

 マスオさんだけなら我慢もしようが、その子々孫々に至るまで、非常識な家系概念に耐えられるだろうか。父親の母親の母親の父親の父親の父親の母親の父親の父親の父親の……(途中一貫して父親)……の父親が神武天皇であるという家系を“皇室の伝統”としての神武家系と考えることは、正常な頭では不可能だし、必然的に伝統なき皇室となり、権威は確実に喪失する。したがって、マスオさんにあたる人は、神武天皇の男系でないとだめなのである。女系でもかまわず天皇家を直系でつなげていこうとすれば、我々のイメージする家系という概念をほとんど放棄しなければならない。そして、それは天皇家でもなんでもないのである。

 
 
 

 以上が男系維持の方策である。今回の記事は、直系を重視しながらなんとか他家に皇位を奪われないように工夫したものなので、すっきりとまとまっていないかもしれない。また、その都度アイデアを挿入しながら文章を構成し直していったので、微妙に論理的組み立てがなっていない部分もあるかと思う。ご容赦願いたい。

 皇籍を離脱しただの復帰するだのというのは、いわば紙切れ上の問題で、法律のつくり方でいかようにも変更できる。それに対して血のつながりは変わることがない。天皇家は血統がすべてなのだから、血統にあわせて皇籍を調整していくのが最も合理的だろう。また、天皇家に関してだけは血統が重要なのだということを広く国民に周知させる必要がある。

 次回は女系批判をテーマとする予定である。

 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 
〔シリーズ:皇位継承を考える〕
皇位継承を考える(1)万世一系の天皇と国家
皇位継承を考える(2)男系維持の方策(その1)
寛仁殿下は男系維持を希望 ~皇位継承を考える(4)~
寛仁殿下の「事実」発言 ~皇位継承を考える(5)~
宮内庁の皇室潰し ~皇位継承を考える(6)~
紀宮清子内親王の結婚 ~皇位継承を考える(7)~
新たな有識者会議での再検討を求めたい! ~皇位継承を考える(8)~
首相の真意はどこに? ~皇位継承を考える(9)~
ネット投票から推定した世論 ~皇位継承を考える(10)~
朝日の世論調査は情報操作?! ~皇位継承を考える(11)~
 
 

〔皇位継承に関するリンク集〕
 
ブログ散策:天皇制の危機( p(^o^) 和の空間 2005年10月20日)》
ブログ散策:天皇制の危機(2)( p(^o^) 和の空間 2005年10月26日)》
ブログ散策:天皇制の危機(3)( p(^o^) 和の空間 2005年10月27日)》
 

 ブログをもっている人は、ぜひ女系天皇反対をアピールしましょう。一人でも多くの人の目に触れて国民の注意を喚起することが大切です。
「時事評論@和の空間」
皇位継承を考える(1) へ 「時事評論@和の空間」
皇位継承を考える(1) へ
 私のバナー(↑)はセンスがないですが、もし自分でオリジナルを作っている余裕がなければ、ご自由にお使いください。  また、かっこいいバナーを作った方がいらっしゃいましたらお知らせください。作者サイトへのリンクバナーとして、このブログでも使用させていただこうと思います。

 
 
 

 そして、できるだけ内閣官房や首相官邸まで抗議をしていただければと思います。「皇室典範に関する有識者会議」は、女系天皇を容認する方向で法案づくりを進めることに決定しました。「旧宮家の皇籍復帰のほうを望みます」の一言だけでも結構です。一人でも多くの方々に抗議をしていただきたいと思います。法案ができあがるまでにできるだけ抗議して、それが国民の支持を得られない法律になることを知らせるべきでしょう。また、さまざまなブログで少しでもこの話題を取り上げていただけると、国民的な議論が巻き起こるので大いに助かります。

皇室典範に関する有識者会議
【連絡先】 内閣官房内閣総務官室
 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
 TEL.03-5253-2111(内線85144)
メール 内閣官房ホームページ ご意見・ご要望
 
または 首相官邸への意見メール

 
 
スポンサーサイト
【2005/10/31 08:11】 皇室 | トラックバック(4) | コメント(1) |

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    09 | 2005/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。