時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

国境なき記者団への要望

 彼らが読むかどうかはわからないが、こんな要望記事を書いてみることにした。

 

 世界のあちこちで騒ぎを起こしている(?)国境なき記者団が来日するそうだが、日本では過激な抗議活動にならないように心がけていただきたい。そして、くれぐれも暴力的な事態を触発しないように、聖火リレー市実行委員会や警察等の指示にきちんと従ってほしい。

 たとえば、こんなガイドラインに従ってもらえたら嬉しい。

1)進路妨害などの実力行使によって聖火リレーの進行を妨げないこと。
 
2)横断幕を広げたり五輪開催反対を叫ぶ等の抗議活動は、特定の場所に集まって、中国人らと接触しないように私服・制服警官などの人垣に囲まれた中で行なうこと。(警察などがやってくれればの話だが。)
 
3)インタビューや撮影等の取材活動を行なう場合には、チベットの旗や手錠の五輪マークなど反中国を示すような標識は取り外して、他の一般の外国メディアと区別がつかないような外見で行なうこと。
 
これだけ守ってくれれば、国境なき記者団に関してはトラブルはほとんどないのではないかと思う。

 日本人が――ほんの一部かもしれないが――チベットの人権問題に並々ならぬ関心を示しているのは、すでに善光寺が聖火リレーの出発地を辞退したことによって広く知られていることだろう。それに、せっかくだから以下の法要をしっかり取材していってもらいたい。日本で聖火リレーが妨害されたニュースよりも、こういう平和活動が聖火リレーのすぐそばで行なわれていたことをニュースにして世界中に発信してもらったほうが、チベットの人権問題に有利に働くだろうし、日本だからこそ見られた活動として世界に注目してもらえるだろう。

聖火リレー当日、善光寺で法要・チベット問題、僧侶有志ら訴え

(日経ネット 2008年4月22日)

 チベットの人権改善を訴える市民団体「チベット問題を考える長野の会」は21日、長野市で北京五輪の聖火リレーが行われる26日早朝に、善光寺でチベット暴動の死者を追悼する法要を行うと発表した。
 
 法要は、チベット人を支援する国際組織「スチューデンツ・フォー・ア・フリー・チベット(SFT)」日本支部と同会の共催。3人の善光寺住職を含む僧侶有志グループや、約30人の在日チベット人らも参加する。
 
 リレーは26日午前に実施。これに先立ち同日午前6時半ごろから善光寺本堂で犠牲者を追悼、判明している死者の名前を読み上げ、対立のない平和な世界の実現を祈る。
 
 法要後、同会やSFTの一団は、聖火リレーのスタート地点やゴール地点、JR長野駅前などのコース沿いで、横断幕を掲げるなどして平和をアピール。同会の野池元基代表(50)は「リレーを妨害する意図はない。対立が無くなることを願いたい」と説明している。〔共同〕(06:31)

 仏教も日本文化の重要な一要素と考えている私は、もちろんチベット人の味方である。彼らの言語と仏教文化はなんとしても保護されなければならない。漢民族の考えだけでそれらを衰退させるのは絶対に許容できない。

 ただし、暴力騒ぎを起こさないのなら中国人留学生などが長野に駆けつけて聖火リレーを盛り上げるのは一向に構わないと思う。自分たちの国家の行事が成功するように願うのは当然のことである。ただし、スポーツはルールを守って正々堂々と競い合うものだから、不法入国や不法滞在をしている中国人には長野に応援しに来る資格はない。そういう人間は警察に即刻逮捕されてその場から排除されるべきである。

 聖火リレーの会場では、ある場所には中国の旗を振って歓声を上げる中国人がいても大いに結構。だが、別の場所ではチベットの旗を振って「フリー・チベット!」と叫ぶ人々がいるのもよかろうと思う。また、漢民族とチベット民族とが平和的に問題解決に向かうことを静かにアピールする僧侶たちが周辺を歩き回っていてもいい。そして、そんな政治的なことは関係なしに、ただリレーをする有名人や五輪代表選手にエールを送る人もいていい。

 もともとの日本は“棲み分け”がよくできる国だった。だから、この聖火リレーのイベントでも、そのような棲み分けができるように聖火リレー市実行委員会や警察は区画整理などをしっかりやってもらいたい。

 現状では中国政府が一方的な態度でチベットをコントロールしようとしているが、本来ならば棲み分けによって両民族が共存・共栄できる道を目指すべきなのである。もしそんな理想的な状態を長野でデモンストレーションできれば、それこそチベットの人権問題が平和的に解決されていくモデルになるのではないかと思う。

 他国は大いに中国政府に反発してもらって結構。しかし、日本(とくに日本政府)はそういう形でチベット人の人権を守ろうとしなくてもいい。どちらにも味方せずに、むしろ調停役を買って出るくらいであってもよいかもしれない。うまくいくにせよいかないにせよ、日本政府が中国政府とダライラマとの会談の場を提供するくらいのことがあってもいい。「チベット独立に関しては関知しないが、仏教文化をもつ日本としてはチベット語と仏教文化が衰退してもらっては困る」くらいの態度を日本国が一貫して持っていられれば、調停者として適任ではないかと思う。

 聖火リレーが実際にどんな状態になるか分からないが、国境なき記者団には、自分たちの人権イデオロギーだけで評価することなく、「日本は他国とは根本的に違う役割があるかもしれないぞ」という目で取材していってほしいと思う。

 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
↓本をご購入の際はこちらからどうぞ。

 
 
 
スポンサーサイト
【2008/04/24 07:14】 文化 | トラックバック(0) | コメント(0) |

打ち水大作戦2005

 連日猛暑が続いており、かったるくて「時事評論@和の空間」もなかなか更新ができませんでした。で、今日もまた記事を書きたくなかったのですが、ネット散策していたら《打ち水大作戦2005》というサイトを見つけ、私も二時頃、うちの前の私道に打ち水をしました。じりじりと照りつける太陽があたって焼けつくような熱があがってくるコンクリートの地面に向かって、焼け石に水?とか思いつつ(^^ゞ 如雨露じょうろで水をかけたところ、もうあっと言う間に蒸発してしまい、いやあ、すごい熱なんだなあ、とちょっと驚いてしまいました。まあ、私道全体に打ち水したところ、やっぱりだいぶ涼しくなりましたね。うだるような暑さは確実に消えます。打ち水をすると気温が2度下がるそうですよ。べつに如雨露を使う必要はないし、バケツや洗面器に水をいれて手でバシャバシャと水をひっかければいいのです。

 ということで、これからは地球温暖化防止にも協力しなければならないわけですし、暑い盛りにみんなで打ち水をしましょう。注意点は、風呂の残り水など、そのまま捨ててしまうような水を使うということです。水不足なども心配されますし、もったいないから水道水はお薦めしません。水が水蒸気になるときに周囲から熱を奪う性質を利用して温度を下げようというのですから、打ち水は自然に優しいクーラーなわけです。ちなみに、日射病にならないようにも注意してね。

 打ち水の詳しいことは以下のバナーのサイトを御覧ください。このサイト内には《打ち水音頭》なる音楽が置いてあり、出だしが「♪ Sushi, tempura, uchimizu... uchimizu?  はぁ?ヽ(。_゜)ノ」で始まります。打ち水は江戸庶民の文化です。ううん、京都はもっと前からやってたかな? まあ、世界に誇るべき日本の伝統文化かもしれません。韓国が「打ち水ウリナラ起源説」を言い出したら、もう間違いないでしょう。(笑) 来年の夏あたりに韓国が捏造してくれるように(^皿^)、この夏は日本で打ち水を流行らせましょう!

 
打ち水大作戦2005 打ち水大作戦2005 打ち水大作戦2005 打ち水大作戦2005
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
 
 
 
勝手にサポート 教科書再生!電脳教科書補完録(「つくる会を勝手にサポートする国民ネット」)
 
中学社会 新しい歴史教科書 (平成14~17年度 使用版)←「つくる会」の教科書の一部が読めます。
 
 
 
 
なお、2005年7月11日より前の時事評論は、「p(^o^) 和の空間」を御覧ください。
 
 
 
 
 
 

 
新しい歴史教科書―市販本
藤岡 信勝 (著)
価格: ¥1,200 (税込)
 
歴史教育を教師任せにするな! 子ども達のために、明日の日本のために、親が歴史の真実に目覚め、子どもに伝えていこう。
 

 
新しい公民教科書―市販本
八木 秀次 (著)
価格: ¥1,200 (税込)
 
国旗掲揚・国歌斉唱すら生徒にさせない反日教師に公民教育ができるはずがない。責任ある日本人としてどのように生きていくべきかを、この教科書をとおして子どもと一緒に考えていこう。
 

 
日本を蝕(むしば)む人々 平成の国賊を名指しで糺す
渡部 昇一 (著), 屋山 太郎 (著), 八木 秀次 (著)
価格: ¥1,575 (税込)
 
主な対象人物は、細田博之氏、加藤紘一氏、河野洋平氏、古賀誠氏、野田毅氏、岡田克也氏、前原誠司氏、池田大作氏、田中均氏、平山郁夫氏、北岡伸一氏、五百旗頭真氏、榊原英資氏、梅原猛氏、小林陽太郎氏、北城恪太郎氏、若宮啓文氏、本田雅和氏、長井暁氏、西野瑠美子氏、本多勝一氏など。
 

 
日韓「歴史問題」の真実 「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」を捏造したのは誰か
西岡 力 (著)
価格: ¥1,260 (税込)
 
韓国が掲げる「反日」。それは日本のメディア、文化人のウソから始まった――。「朝鮮人強制連行」「従軍慰安婦問題」の欺瞞を撃つ!
 

 
国を売りたもうことなかれ
櫻井 よしこ (著)
価格: ¥1,470 (税込)
 
覇権主義の中国、狡猾外交の北朝鮮、急速に左傾化する韓国……激動するアジア情勢のなか、もはや小泉首相に国政は任せられない!
 
 
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
 
【2005/08/06 17:58】 文化 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。