時事評論@和の空間
こちらは右側通行です。    ※コメントおよびTBは承認後公開にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

児ポ法で犯罪者600倍に

 児童ポルノ製造の疑い逮捕者がでた。国会で児童ポルノ法改正案が見送られたことに関連して、警察が敢えて逮捕に踏み切ったのだろう。

「着エロ」DVD撮影で児童ポルノ製造の疑い/神奈川県警、4人を逮捕

(共同通信 2009/07/19)

 少女に露出度の高い水着を着せ、いわゆる「着エロ」のDVDを作成したとして、県警少年捜査課と戸塚署は19日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(提供目的の製造)の疑いで、4容疑者を逮捕した。
 
 逮捕されたのは、東京都世田谷区、芸能プロダクション社長川北満(43)、東京都渋谷区、ビデオソフト製造販売会社社長落合孝介(36)、東京都世田谷区、ビデオ監督兼カメラマン、藤原克巳(31)、東京都町田市、会社役員佐藤理恵(32)の4容疑者。
 
 逮捕容疑は、昨年7月14日から16日までの間、沖縄県内のホテルで、横浜市内に住む県立高校1年の女子生徒(16)に水着で過激なポーズをさせ、スタッフが体を触るなどして、わいせつな映像を撮影したとしている。4人とも容疑を認めているという。
 
 「着エロ」と呼ばれる映像を、児童ポルノと判断したのは県警で初めて。
 
 県警によると、少女は同プロダクションの所属タレントで、わいせつな映像を撮られるとは知らされていなかったという。昨年10月に「恥ずかしい映像を撮られた」と県警に被害を訴え出ていた。撮影されたDVDは、すでに約2500枚が販売されたという。

 県警に被害を訴え出たのが昨年10月なのに、警察は9カ月もの間いったい何をやっていたのだろうか。速やかに児童保護がなされるべきなのに、「恥ずかしい映像」が2500枚も販売されて被害が拡大してしまった後で逮捕するのでは対応がすでに遅いのではなかろうか。警察は、本当に児童を保護するつもりがあるのか。ここに、警察の対応のうさん臭さがある。また、今回逮捕に至った経緯に関しても、警察自身が改正を求めているから敢えてこの時期にこのような逮捕を行なったのか、あるいは別の団体が背後で圧力をかけたために、警察の怠慢を指摘されないように敢えて踏み切ったのかという疑問も残る。いろいろな可能性が考えられるが、いずれにせよ児童ポルノ禁止法の恣意的(というよりは政治的)な運用がなされている疑いはぬぐいきれない。このような状態での単純所持の処罰化は危険すぎる。

 このような撮影がなされた経緯に関しても、新聞ではよくわからない。そもそも去年の夏も児童ポルノ禁止法改正案が問題になっていたのだから、芸能プロダクションならば身分証明を求めているだろうし、少女の保護者にも責任がある。なかには少女のほうが姉の免許証を使って年齢詐称をしているケースもあるらしく、それで逮捕されたのではプロダクションのほうもいい迷惑である。一方、保護者の側も娘を芸能界に売り出すために敢えてきわどい作品にOKを出している場合もあるらしい。つまり、撮影者側を“一方的に”悪者にするのは間違いで、被害者のほうにも問題があった可能性を十分に検討しなければならない。

 「スタッフが体を触る」というフレーズは強制猥褻を連想させるが、ここには女性スタッフがひとりいた(佐藤理恵はたぶん女性)のだから、彼女が触っていた可能性もある。もしそうならば、少女にとっては男性に触られるよりもその時点では受け容れやすい状況であったかもしれないが、作品として成立した時点では、その演出の過激さに「恥ずかしさ」が増して被害届を出したという可能性がある。これはある種のだましであり、製作者側にも大きな責任はある。しかし、このようなだましは成人女性に対しても十分に行なわれている可能性があるのだから、少女に関してだけ取り締まってもあまり意味はない。むしろ肖像権を楯に出版差し止め訴訟などを起こしてもらうしかないと思うのだが、これも保護者が行なったり、警察や児童福祉士その他の代理人が速やかに行なえるような制度を作るべきだろう。

 芸能プロダクションといっても名前だけでうさん臭い会社はいくらでもあり、今回はそんな犠牲者であった可能性が高い。これは、その会社がどのような活動をしているのかをきちんと調べなかった保護者にも大きな責任のある事件である。また、学校教育によってそのような行為をしないように抑制する必要もある。児童に対して直接に教育する以外に、保護者にも教育をする必要があろう。学校の先生が直接に指導するのは難しい場合には、警察の少年課などを講師として招くようなことがあってもよかろう。

 児童保護を名目としている法律ならば、もっと製造と販売の段階での対応を考えるべきである。「恥ずかしいこと」をされた段階で児童はすでに取り返しのつかない被害を負っているとも考えられるのである。

 さて、現行の児童ポルノ禁止法では4人の逮捕となったが、もし児童ポルノ禁止法が改正されて単純所持に罰則が課されるとなると、今回の事件で2500人の潜在的犯罪者が生まれたことになる。潜在的犯罪者が実に600倍に膨れ上がる。そして、今回の逮捕劇でもまだ有罪が確定したわけではないのだから、ひょっとすると無罪の2500人の購買者がこの法律に振り回されることになる。たとえば購買者リストがあったとしたら、警察は一挙に何百人も逮捕できるだろう。製造・販売者も単純所持の購買者も同じに扱われるのがこの法律の改正案なのだから。そして、それだけの人々が人生を狂わされることになる。警察がどこでどのような映像を児童ポルノと認定するか分からないような状態では、警察の気まぐれで逮捕されることになりかねない。

 改正案推進者は、そんなDVDは買わなければいいと主張するのだろうが、DVDは中身を完全に確認してから買うわけではないし、買ったほうは出演者が18歳未満なのか確認のしようがない。しかし、できるだけ若い娘で、できるだけきわどい映像を見たいという性的好奇心は男には多かれ少なかれある。そして、巨乳で童顔の、どう見ても成人女性の映像を“少女”と錯覚して楽しむ人もいるだろう。ポルノは基本的に錯覚に基づいて成立している。女性がポルノを見れば、あんなことは現実の女性にはあり得ないと思うだろうし、正常な成人男性もまたそれを錯覚として楽しんでいる。つまり、それが幻想であり現実はそうではないと認識している。そのような幻想は男性に必要であり、女性もまた別の種類の性幻想を男性に対して持っているだろう。そのような性幻想自体を悪として処罰する法律は、男性の人間性を歪める。男女を問わずエロティックな幻想を否定する社会が神経症をつくるというのは精神分析の見解である。

 かくして、奇妙に性的に潔癖な社会をつくって男性の精神・性欲にストレスをかけるよりは、男性の精神・性欲はそのままに、女性の被害ができるだけ少なくなるような社会的方策をとるべきである。そのためには、児童が被害を受けないような教育と、保護者の監督責任の強化と、被害が発生した場合の速やかな対処と、被害者ケアの充実を図るべきである。

 ところで、新聞ではDVDのタイトルなどは明示されていないが、おそらく裏では情報が流れて高値で取引されたり、コピーが出回ったりしているだろう。児童ポルノと認定されたことでかえって当人の被害が拡大するということはありうる。性的好奇心がなくても、社会的好奇心が人々をそのDVDに殺到させるということがありうる。そして、児童ポルノ認定されることで、モデルがかえってポルノ女優の社会的烙印を押されてしまう結果になる。この点でも、下手に社会を騒がせて関心を集めてしまうのは慎むべきではないかと思う。

 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
スポンサーサイト

児ポ法反対@YouTube動画

 自分で書くのが面倒なので、今回はYouTube動画を御覧ください。

 
 
アグネスいわく「子どもの裸を見なくても死にはしない(笑)」

 なるほどね、裸を見せないで性欲を興奮させまたは刺激するのが芸能人魂ということなのかもね。

 
 
 
【再生10万で】児童ポルノ単純所持違法化 阻止【アニメも】part1

 
【再生10万で】児童ポルノ単純所持違法化 阻止【アニメも】part2
 
 

 以下は、part2でちょっと大げさな部分もあるが、正常とされる性的嗜好以外は徹底して排除する偏狭な精神で立法化が進んでいくと、こんなことだってあり得るだろう。

児童ポルノ規制反対動画『日本文化への鎮魂歌』1
 
児童ポルノ規制反対動画『日本文化への鎮魂歌』2

 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 

9割が児ポ禁法改正に反対

 こんなアンケート結果がある。国会議員はこの事実を重く受け止めるべきである。

 《365アンケート「児童ポルノ改正案、単純所持の是非は?」集計結果》によると、2798人のアンケートの結果は、「単純所持」に対する罰則を「必要」とした人はわずかに1.6%、「不要」は96%であった。

 不要というより疑問視・危険視している人が多く、その理由として以下の自由記述は特に注目に値する意見だろう。

 「単純所持が禁止になると冤罪が大量発生してしまうし、イタリアの児童保護団体の調査データによると単純所持処罰化を導入したイギリスとドイツで児童ポルノサイトの利用者数が急増しているので、児童の保護に対し逆効果にしかならず非常に危険。日本は過激なアニメやゲームこそ多いものの、生身の児童がレイプなどの被害にあうことは少なく、児童ポルノサイトの利用者数も2004~2007年の間に半減。現在はアメリカの10分の1以下しかいないのだから、安易な法改正はしない方がよい」

 「表現の自由が多少侵害されようと、児童の強姦被害が少なくなるのならば賛成する。だが、海外の単純所持を禁止している国はすべからく日本より子供の被害が多い。また、単純所持を禁止した直後から児童に対する強姦被害件数が増えているという統計データもかなりの割合で存在する……」

 「イタリアの児童人権保護団体『テレフォノ・アルバコーレ』がまとめた児童ポルノサイト数 (2003)は以下の通り
1位  アメリカ (10503件/61,72%)
2位  韓国 (1353件/7,95%)
3位  ロシア (1232件/7,24%)
4位  ブラジル (1210件/7,11%)
5位  イタリア (423件/2,49%)
6位  スペイン (288件/1,69%)
7位  チェコ (285件/1,67%)
8位  日本 (165件/0,97%)
上記から、 日本で単純所持規制を行っても拡散を抑制することは困難である」

 「日本国民が単なる性癖でしかないロリコンと、重度の精神障害に分類されるペドフェリアとの明確な違いなどの認識も広まっていない現状で、早急な問題解決をすれば、差別の温床になると考えられます、また、禁止したからと言って、媒体を欲しがる人間までは規制できません、よって、昔は日本で合法だった大麻のように、ヤクザや暴力団組員の新たな資金供給源となる恐れも発生します、こういったことを迅速な問題解決の為に、正しく報道して貰いたいです」

 「自分の子供のお風呂風景を記録したものを、誰が「児童ポルノ」だと思いますか?普通は思いません。しかし、児童の性的な姿態を記録した、見る人が見れば性的な欲求を喚起させる媒体であることに違いはなく、児童ポルノとして販売することすら可能なコンテンツでもあります。見た人間の解釈次第でどうにでもなってしまう、非常に都合のいい法律になってしまうでしょう。持ち主の意思が明確に定義できる「有償で取得した場合に限り、罰則を適用すべき」以外、まともな運用は期待できないと考えます」

 「『判断できない』に投票しましたが、同じ児童ポルノでも『ハードコアポルノ』と『ソフトコアポルノ』を切り分ける必要が有ると思います。児童が犯される写真・映像であるハードコアは所持禁止、単純なヌードであるソフトコアは規制対象外とすれば、宮沢りえの写真集を『投げる・投げない』のくだらない議論は止まるのでは無いでしょうか?但し、児童の定義も見直しが必要ですが、家父長主義者だらけのゾンビ国会では無理でしょう」

 「単純所持を禁じている国で家族の記録写真などで逮捕される冤罪が発生しているため規制案に反対です。……〔中略〕……家庭環境が主な原因の小児性愛者などは精神科での治療で十分対応できます。実例があります。規制ばかりが最良であるとの考え方を改めるべきです」

 
 
 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 

児ポ禁法で貴方も犯罪者になれます

宮沢りえ より 栗山千明

 国会では宮沢りえの「Santa Fe(サンタ・フェ)」が例として挙げられて議論されているようだが、もっと明確に児童ポルノに該当するものもある。NHKドラマ「ハゲタカ」で三島由香を演じる栗山千明の昔の写真である。それでも彼女を知らないと言い張る浮世離れした人は、以下のYouTube動画をどうぞ。

 ここが「和の空間」だからというわけではないが、まずはアイスクリーム「和ごころ」のCMから。(笑)

和ごころ

 彼女の着物姿をもっと見たい人は《栗山千明さんのメッセージムービー 新発売篇》とか《栗山千明 座敷篇 (07秋) メイキング

 

 最近の栗山千明は、《栗山千明、ブラトップのCM撮影「前は男子禁制」》あたりでどうかな?

 
 

 さて、ヌード写真を撮っていたのはこれくらいの時。
 

栗山千明12歳

 そして、そのヌードが写っている写真集が以下の「神話少女 栗山千明」である。ただし、この動画にはヌードは出て来ないからね。(^^ゞ ザイネンデシタ
 

神話少女

 彼女は11歳のとき篠山紀信撮影の「神話少女 栗山千明」でヌードになった。なお、児童ポルノ禁止法施行後は出版社の自主規制という形で絶版になっている。



栗山千明の児童ポルノ画像

 さあ、皆様お待ちかね。いよいよ彼女のヌード画像のご開帳だ。(笑) このブログ記事を書くために検索していて偶然見つけた。勇気のあるヤツは見てくれ。《こちらから》探してもらうことにしよう。ほんとうは1クリックで見られるようにしたいところなのだが、まあ、リンクも場合によっては犯罪者扱いされるようなので、「栗山千明」で検索する画像サイトのトップページにリンクしておく。たいして根気がなくてもきれいなお姉さんの画像を次々と眺めているうちに、法律の定義上で児童ポルノになる画像が表示されてしまうだろう。

 ま、これを見た時点であなたのパソコンのキャッシュに画像データが保存されたから児童ポルノの単純所持でアウトだな。つまらん好奇心で、あなたも立派な犯罪者だ。おめでとう。これが児童ポルノ禁止法改正案の正体だ。

 見てしまった人は、すぐに国会議員に陳情してくれ。「俺を犯罪者にしないでくれ。俺は監獄には入りたくない。俺は自分の人生を台無しにはしたくない。」と。

 国会議員さんには、ぜひともクリックして確認してもらいたいものだ。自分たちが責任を持って作る法律だ。そして、こんな些細なことで犯罪者にされてしまう無数の国民が出てくる危険性がある。警察に、「パソコンの中に児童ポルノの画像データが存在していることは確かだろう、違うか!」と言われれば反論のしようもなくなると思われる。

 今回の場合、このサイトで「栗山千明」をキーワードに画像検索していただけで起こる事態である。それでこんな画像に遭遇してしまい、前科一犯にされてしまうのだ。これではまともにインターネットも使えなくなってしまう。

 上にリンクした彼女のヌード写真は胸部は完全に露出しているし、おそらくこの画像で劣情を刺激されるロリコン男もいるだろうから、これは児童ポルノの定義に該当するが、それがたまたま自分のパソコンに紛れ込んでいるだけで犯罪者にされるほど背徳的なことなのだろうか? 単に法律が勝手に悪人(すなわち犯罪者)を増やしているだけではあるまいか。

 少なくとも彼女は他者に見せることを承知で撮影に臨んでいるはずだし、この程度の露出の写真ならば構わないと思っていることだろう。彼女が児童ポルノの“被害者”だとは言えない。むしろ、失礼ながらここで児童ポルノのサンプルとして取り上げたことのほうがよほど彼女を傷つけるのではないかと畏れる。単なる“いい思い出”の一つにすぎなかったものが児童ポルノ認定されれば、その写真は“ふしだらな少女”や“児童虐待現場”の証拠写真になってしまうだろう。この場合は意味づけのほうが異常である。

 栗山千明の「神話少女」は、宮沢りえの「Santa Fe」と同じく芸術作品である。男性器を挿入されているような虐待写真と一緒くたにされるべきではない。児童ポルノの定義そのものから考え直す必要がある。ちなみに、私は彼女らのヌードよりも薄手の服を着ている写真のほうにポルノ性を感じることがあるのだが・・・。(^^; 感受性は人それぞれだから、ポルノの一般的定義は簡単ではない。

 少しでもポルノの疑いがあるものはすべて悪としようとすれば、必ずしもポルノ性をもたないものまで違法なものになってしまうし、その境界が非常に曖昧であり、その適用も恣意的にならざるを得ない。もともとが児童保護を目的としている法律体系ならば、かなり意図的なポルノ画像の製作と販売の摘発を強化すべきであるし、また、むしろ検索エンジンなどが自主規制として児童ポルノ画像を出さないような努力義務を課すべきである。

 画像検索を介さずにインターネット上で全く個人間のやりとりが行なわれている可能性は否定できないが、それはあくまでも水面下のものであり、被害児童や周囲の人々はその流通状況をほとんど知らずに済むことだろうし、実際にはほとんど流通していないかもしれない。世界中にバラ撒かれていると感じる被害児童については、むしろカウンセリング等でケアすべき問題だろう。かりに単純所持禁止の法律ができたにしても、まさか国民全体のパソコンを警察が逐一調べるわけにもいかないのだから、流通は水面下であいかわらず起こっているはずである。一人の被害児童のために何百万・何千万も国民が潜在的犯罪者にされてしまうような法律は、むしろ弊害のほうが大きい。

 
 
 
 
 
 
人気blogランキング
↑この記事がおもしろかった方、またはこのブログや私のメルマガを応援してくれる方は、是非こちらをクリックしてください。
 
 
 
  
 
栗山千明のDVDはこちら

PROFILE

桜井 和空
人気blogランキング
 ↑応援よろしく!
 
女系天皇に断固反対!
〔無料メルマガ『皇位継承Q&A』読者登録解除フォーム〕
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
バックナンバー
まぐまぐ
  • Author:桜井 和空
  • RSS1.0
  • MAIL

    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 大和(01/03)
  • 大和(12/24)
  • (12/05)
  • 山本さゆり(11/27)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    いろいろプラグイン

    心に残る名言集


    LINKS

    LINKS (2)

    外国人参政権付与法案に反対
     
    人権擁護法案反対同盟
     
    Takeshima in JAPAN
    Takeshima (dokdo, dokto, tokdo, tokto) is Japanese Territory(島根県「竹島」の英文頁です)
     
    不法滞在のメール通報制度
     
    勝手にサポート 教科書再生!
     
    人気blogランキング
     

    ↑こちらへ登録すると自分の記事を評価してもらえます。
     

    SEARCH

    BOOKS


     

     

     

     

     

     

     

    ACCESS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。